スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中弛み ファタモルガーナの舘

途中は面白いけど、最後の最後は詰まらないなんて作品がありますけど、このゲームは以前書いたあたりから詰まらなくなる。

具体的に書くと自分(プレイヤーとしてみてる人)と館の女中は誰かってところが判明してから。

ここはおそらく人によりけりなんだろうけど、個人的にはもうそれらがわかった時点でゲームに対する興味は薄れている。

ゲームが始まってから引きずっていた謎だったので。しかし、ここからが無駄に長いし、終わる終わる詐欺の連続で『早く終わってくれ』という感想しかない。あの手この手を使って実はこうでした、ああでした、と話は進むけど、はいはいあーそうね、という気持ちばかり。

最初に最後といいだしてから15時間位のあいだに最後が3,4回出てきたんじゃないだろうか。

途中まで評価は高くなくともすすめる気持ちが強かったのだけど、件のあたりからは退屈でしょうがない。

展開的に超常現象とわりきれる部分はあるんだけど、あるキャラクタの体の変化に関してはそういう病気が実際にあるのかどうかはわからないけど、無理矢理に感じたり、彼らのこれからなどには興味が失せていて、どれだけの回数止めようと思ったことかといいながら、ここまできたなら、ここまできたなら、という具合に進めた。

本当の本当の最後は好きな終わり方ではありましたけど、それくらいやってもらわないと困るってもんです。

高い評価はわかるものの ファタモルガーナの館

恐らくあまり知られていないタイトルであろうこの作品。ファタモルガーナの館というノベルゲームであるのですが、同人作品であり、一般のショップにはないこともあって、知る人ぞ知る素晴らしい作品という評価がついているようです。しかしながら、つい1か月ほどまえくらいにsteamで販売されたことにより、購入の間口が広がったという感じでしょうか。

以前より私もアマゾンのほしいものリストにいれていたのですが、なかなか購入に至らずじまいだったのが、steamならば簡単に手に入るということもあって今まで悩んでいた数か月はなんだったのかという思いでゲームを開始した。アマゾンでの評価は☆は5、steamの評価も現在のところ24件中24件が好評ととてつもなく評価のいい作品。期待するなというのが無理な状態である。

物語はある館を舞台に、その館で過去におこったことを順々に物語として語られ、真実に迫っていく。自分は誰なのか、突然目の前に現れ自分を旦那様と呼ぶメイドは誰なのか。

そんな感じで話が進んでいく本作。今はまだクリアには至っていないものの、30時間ほど遊んだところでして、ほぼほぼ終わりかけかな、という状態。自分自身がわかったし、メイドがダレなのかもわかった。

さて、ここまでの感想だけど、高評価はわかるものの、ところどころにうーん・・・という感じがある。というもの。うーん・・・の部分は結局自分の好き嫌いの話になってくるとはおもうのだけど、ところどころに嫌いな部分があるという印象。

なんだか無理やりプレイヤーを驚かせよう(ホラーの意味ではなく)としているのだけど、いまいちパンチにかけていて、こういったゲームに個人的に望んでいる”気がつかなかった!”とか”そういうことか!”とか”こんな話が思いつくなんてすごいな!”というのがなく、”あーはいはい”という気持ちに昂ることがない状態だ。

これもおそらくは事前の情報による”あまりにも高い評価”というのが先走っていて、期待しすぎたというのが大きいのだと思う。所謂肩すかしってやつになるのだろう。

ゲーム自体は非常に丁寧に作られており、音楽のクオリティは目を見張るものがある。ただ、BGMとしては少々主張しすぎており、音量はかなり小さくした。

読みやすい文章もあり、現在30時間というのがウソのような経過時間である。トリックとしては驚きはないものの、次の物語に進んだとしてもすぐに話が展開しだすから中だるみというのがないせいだと思われる。そういった意味ではのめりこんでいる、というのは事実だろう。これからすべての展開がわかるだろうけど、ここで途中経過を書いている現在ですら、早く続きをやろうと思うほどなのだから。

ダメな部分は掻き消された DUNAMIS 15

最後までクリア。

アフターストーリー等があるけど、本編で満足するのに充分だった。

ひとつだけ個人的に気に入らない部分があったけど、それ以外は面白すぎるくらいに面白かったのでかき消されるという感じ。レビューなどを読んでいるとやはり皆んな最後だけが不満という人も多いみたいだ。

あとは選択肢が少なすぎるとか、話が変わるような分岐が一切ない為一度遊んだら終わりという部分に不満があるようだけど、そういうところはあまり気にしないので私はこれでいい。

絵も綺麗、音楽もいい、配役もいい、話も面白い、素晴らしかった。

一番お気に入りのShining of hope


奇妙な部分で流れる音楽、この音楽はかなり奇妙だが変な音も含め全てギターで演奏されていると思われる
ピックスクラッチ、弦留め部をカリカリ鳴らすなど巧い使い方だ。


絵は本当に綺麗。こんなにどの一枚絵も気に入ったのは色々と遊んだ中でも初めての事。絵師の名前は長浜めぐみ氏。

音声の録りミスが何点かあった。クラナドで抗えるなら、をあがらえるならっていうように、自分で自分が許せねえって部分を自分が自分で許せねえとか、そういう些細な部分があったのはミスってあるんだなって思ったりもした。

配役も時代を感じた部分、最後の声優コメントでも、丹下桜氏がこの時期にギャル役って!というように、最後までそういう部分があった。ゲームを締めるグランドエンディングテーマが20年ほど前には紅白歌手の田村直美氏が浜崎あゆみ氏のような歌を歌っているなど何から何まで面白い作りだった。

良作度高まる デュナミス15

現在4章。すごい面白い。なんというか萎える要素がない。

章が変わるというのは、主観が変わる時に発生する。ネタバレになるけど、つまり主人公がどんどん変わっていく。

今は四人目の主人公。

基本は同じ展開の話がどんどん変わりながら何度も繰り返される。

正直なところ、二章は最後の方まで一章とほぼ同じで流石に眠かった…主人公が変わる(視点が変わる)といっても、一章で一章の主人公と密に接していたキャラだし、少し知らない展開が変わるとはいえ、大筋は変わらない。

しかし、そこを抜けたら三章。またか…って思ったところはかなりあった、が、そこから始まった新しい展開の話では新キャラ登場や、今までとは違う話の展開があった。

三章からは話がループしている、というのを把握した上で主人公は動き出す。それまでは、あれ?これデジャヴ?のようにキャラがなんとなくでしか感じていない。

そんな三章では過去の各章の中盤で友達グループの中の二人が政府に必ず日本に連れていかれるという体で、行方不明になり。恐らく殺されており、終盤で自分たちは友達に殺されるという結末を解決しようと動き出す。

そこからの展開はまた怒涛の展開であり、のめり込まずにはいられない。寧ろ今からが一番面白くなりそうなところである。

政府の目的はなにか?デュナミスベースとは?日本とは?日本から来た日本人はなんの意味があるのか?何故ループするのか?世界は一体どうなっているのか?

謎ばかりであるけど、今まではやられるばかりの展開であったのが、反撃に出そうな展開であります。

そんな中登場人物たちの存在意義がわかってきた。名前にヒントがあった。

高槻東吾(タカツキトウゴ)
倭一花(ヤマトイチカ)
後藤真波(ゴトウマナミ)
陸七生(オカナナオ)
仁和菓(ニワコノミ)
市井夏來(イチイナツキ)
白大輔(ツクモダイスケ)

何れも変わった漢字を使っている中に共通点があり、少し考えればわかりそうなものであったけど盲点をつかれた感じでありました。

ゲームのキャラ名は変わっている、という部分をうまく使っている。

これから先の展開は、場合によっては「ないわー」となる可能性はある。

のだけど、最近やってきたタイトルの古色迷宮輪舞曲はともかく、ルートダブルなんかと違ってここにくるまでも様々な部分で納得のいく、というべきなのだろうか、とにかくやっていて、違和感を感じない。
ルートダブルなんかは話自体は面白かったのだけど、はっきり言って設定や話の展開としては全くといっていいほど感心させられたものではなかった。

デュナミス15には絶大な信頼を置いている。それほどまでに優れたノベルゲームなのだ。

隠れた良作に偽りなし DUNAMIS15

このゲームは恐らくEver17などを代表するinfinityシリーズの作品になるだろう。このシリーズを遊ぶのは数ヶ月前の12RIVEN以来だろうか。これはintegralシリーズだったわけだけど細かい事はいい。

さて、このゲームを購入したのは5pbが以前実施していたアドベンチャーゲームのセールの時。安かったので当然買っておいた。ハマれるかなって思いながら起動して15分もしないうちに次々に話を読みたくなっていた。

現在4時間程度、とにかく話の先が気になる。一応何が主軸に置かれた話なのかは商品レビューなどを読んで知っていた、そしてこの作品が隠れた良作だと言われていることも。

確かにグイグイ引き込む話の展開と、キャラクターの位置づけ、そして絵が非常に好みだ。

このゲームをやるにあたっていいなぁって思うひとつの理由は好みの絵柄であり、一枚絵がかなりクオリティが高い。

あと狙ってやってるんだろうけど、起用している声優がおかしい。

数年前の作品とは言っても、メインヒロインに島本須美、丹下桜というのはちょっと時代錯誤過ぎる。しかし、改めて丹下桜の声はいいと感じたいい機会だったけど。主人公は高校生くらいなのに東地宏樹氏と違和感がありありである。

一番大事なお話はドップリハマらせるだけあり、かなりの面白さである。何がいいのかって聞かれると取り立てて特徴はない。敢えていうなら設定だろうか。世界が核戦争でボロボロになった世界で日本が作った島であるデュナミスベースによって展開されるホラー要素もある話。

そのホラー的文言は若干使い方がワンパターンであることは気になるけど効果的だ。

痛い痛い痛い痛い痛い痛いおかしいなにか違うおかしい何か違うおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい、みたいなの。

特徴があるのは主人公高槻東吾と見た目がよく似ている保健教諭の宮藤一咲が話すときに使われる“ン”という言葉。もう俺は眠いンだ、みたいに使うのだけど、これ見た目も似てるせいか同一人物とかを勘ぐってしまう。

色々と勘ぐりますけど、マジックショーを見るときにタネを調べるような事をしないように、素直に驚く為にあまり考えないプレイスタイルで今回もいきましょう。
≪PREVNEXT≫
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。