スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4章 永遠のアセリア

4章まで進めました
ストーリーを楽しむADVゲームとしてはあまり品質の高いものとは思えませんが
ゲームパートを楽しめるエロゲー、ギャルゲーとしては
相変わらずなかなかの出来である

ストーリー的にはなにといったものもなく
期待すると肩透かしをくらうが
ドラクエで魔王を倒す為に冒険する
というような展開がベタベタに展開されるので
あっというようなものもなければ安定してストーリー展開は楽しむ事が出来る

ひとつだけ伏線が残っているが
大体その伏線の回収も予想がついている

マルチEDのゲームなのでEDがどういった展開になるか、というのが楽しみではある。

ゲームパートというと4章までくると
難易度が激ムズになるのかと思いきや逆であった
ドンドンと自軍を強化することが出来るようになるので
寧ろ簡単になっていっている印象だ

レビューサイトなどでは難易度は高め、とかかれていたりするが
個人的にはそれは3章まで

あとこれはプレイスタイルにもよるだろうが
かなりどの評価を狙うかで変わってくるだろう
私は1周クリアして他の要素などを遊びきろうとおもっていないので
ABCランクあるうち、ほとんどがCランククリアになっている

これは殆どがメインキャラクターでパーティを編成し
ゆっくりとぬるくクリアしているからだ
サブキャラクターたちをうまく運用すれば
この時間は大幅に短くなるし、評価も高くなるだろう

しかし、クリアできればいいので
このスタイルで進めている

このゲームのSRPGパートはパズルのようだ
アタッカーに○○がいるからディフェンダーに○○をおいて
サポーターに○○がいるから、こちらのサポーターは○○で
といったようにある程度パターン化されてくる

それにこのゲームに運の要素が絡まないのも
そういったゲームであるという印象になっている
攻撃にクリティカルの要素などが全くないのである

全て場の計算方式や掛け率から導きだされ
それを踏まえて行動する
なのでパターン化されてくるのもしょうがないが
その場をキチリと読みとり
当てはめた行動にピタリと答えが当たると相当の爽快感があるのだ

難易度が高くない理由としてもうひとつあるのが
敵はロールを変更しない、ということである

つまり、こちらは敵のディフェンダーに○○がいるから
アタッカーはこう変更して・・・などと自由に編成できるのだが
相手は出現時から消滅するまで全て同じ役割で役目を終える

例えばこのゲームはディフェンダーが基本的に優先的に狙われるのだが
ディフェンダーが死ぬとその部隊は全ての攻撃が何倍ものダメージをうけてしまう
なのでディフェンダーがいなくなれば
別のキャラがディフェンダーを務めればいいが
敵はそれをやってこないのだ

ディフェンダーはその名の通りディフェンスなので攻撃は出来ない
たまにディフェンダーだけ残る時があるが
ディフェンダーだけで突撃してきて何もせずに攻撃を喰らうだけといったときもある

しかし、続編である「聖なるかな」はそこらへんの思考ルーチンが改められ
敵はスキルとロールを編成してくるようだ
正直このゲームシステムで相手もそれをしてくると
敷居はグンと上がる感じている

永遠のアセリアをクリアしてから聖なるかなもやるつもりではあるが
正直難易度に関してはかなり不安なところがある

しかし、永遠のアセリアからよくなった絵はぜひ見てみたい
なぜなら永遠のアセリアは素人が描いたのかな?と思えるグラフィックなのだ
主に立ち絵や挿絵CGのことであるが
あまりにも酷すぎるので
もしやってみようかなという人がいたら覚悟をしたほうがいい
参考
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年05月31日 03:40

まとめtyaiました【4章 永遠のアセリア】

4章まで進めましたストーリーを楽しむADVゲームとしてはあまり品質の高いものとは思えませんがゲームパートを楽しめるエロゲー、ギャルゲーとしては相変わらずなかなかの出来である...

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。