スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diablo3

もう発売して3日ほどたつdiablo3ですが、ようやく触れました

さて、かなり賛否両論
というより
どちらかというと否定的な声の大きいdiablo3ですが
実際のところどうでしょうか

私個人的にはアリな意見もわかるしナシな意見もわかります
ですが、ざっと2時間程度プレイしたところ感じたのは
「既存のH&Sを望むのならナシだし、新しいスタイルと理解するならばアリ」です
つまり、他にたとえると
格ゲーならストZERO2→ZERO3ではない、ストZERO3→スト3やスト4
テイルズならTOS→TOA→TOVを望んではダメ、TOG
ダンジョンシージならDS1→DS2ではなくDS3
ネトゲならlineage1ではなくてlineage2なのである
それくらいに違うものになっているといいたい
見た目は3Dになりつつも、所謂狭義でのハクスラといえる見た目ですが

といってもクソゲーだとか、プレイする価値に値しないといったわけではありません
「期待はずれ」「どうして2からこんな仕様に?」そんな言葉がよく似合う作品でしょう
しかし、色々な理由からこうなった理解もできないわけではありません
それをSSと共に個人的な考えを述べさせてもらいたい

とりあえずキャラ作成
最近H&Sタイプのゲームをプレイする際
遠距離攻撃キャラや魔法キャラを選んでいたことがおおいですが
久しぶりに原点回帰、脳筋プレイ大好きというわけでバーバリアンを選択
WS000004.jpg

さて、次のSSからわかりますが
右下の黄色の液体、普段からこういったゲームを遊んでる方ならわかりますが
定番は青色であり、内容はMPであるマナということが多いですが
どうやら違う様子
殴れば殴るほど増えているし
放置していれば減っていっているし、どういったものかと思った
WS000022_20120519015629.jpg
WS000021_20120519015629.jpg

内容はFuryゲージというもので
いわばテンションみたいなもの

殴れば殴るほどテンションは上がっていくので
Furyリソースを使う事によってアクティブスキルを使用できるようになるという事だ
まず1つ目の、大きくdiablo2から
または他のフォロワー的H&Sゲームからの違いだ
賛否両論のひとつだろう

あくまでこれはバーバリアンなので存在するゲージであり
他の職業だとまた違い、今までのようにマナはあるようだ

次にスキルですが
WS000038_20120519020341.jpg

スキルツリーではないというのも大きな変更点であり
スキルポイントも無い様子

つまり覚えられない技は無いのである、WRPGにしては珍しいタイプだろう
LVさえ到達すればJRPGのように確実に技を覚えられるのだから

2等では、例えば魔法キャラだとしたら
火の魔法を特化して覚えた魔法使いなので氷の魔法は犠牲にして・・・
氷の魔法を特化キャラは炎を犠牲に・・・といった感じでビルドしなければならなかったが
今回はそういった必要が無いと共に
プレイヤー毎の差別化がしにくいというところでは微妙なところだろう
全員が同じ技を等しく覚えているのですから

しかし、この点は否定点ばかりではないとおもう

プレイヤーにプレイスタイルの変更を容易にさせることが出来るし
それこそ人によってプレイスタイルで自由に変えてくださいといったことなのだろう
いわばこの手のゲームにしては禁じ手としていた
「振り直し」というのを違う形で実現したともいえる

こういったキャラがほしいな、じゃあ作るか!をするために
また最初からやり直しという事もしなくていい
作ったキャラは最後まで使いきって
好きなだけトレハンしてくださいということでもあるのではなかろうか

結局鉄板ビルドがあると皆それを目指してしまう
そこに至るまでに思考錯誤をする楽しみがなくなったというのはあるが
ここは改悪であると共に改良でもあると思えるわけだ

他にもスキルに関しては
スキルルーンというのが存在するようで
WS000476.jpg

これは見ればわかるように
殴れば確率で敵がスタンするというのでスキルを強化するのですが

これもプレイスタイルで変えてくださいということなのでしょう

私が感じたのは
テイルズオブデスティニー2におけるアクションエンチャントと同じだなということだ

あれも特技を出した後にボタンを押しっぱなしにしていると
ぶっとばし効果発生や、バックステップ、追加特技発生など
それぞれのプレイスタイルによって変えてくださいというものですし
まだまだスキルルーンは存在するようですが
プレイスタイルによって変える楽しみが存在するのでしょう

キャラビルド(キャラ育成)についても
スキルの振り直しが無いのと同じように
こちらはもう最初からステータスに割り振るポイント自体が存在しないのである
大きな変更点だ

ここだけは正直かなり残念に感じている

なぜならスキルをプレイスタイルによって変えるのは理解できるが
ステータスが同じなら、装備が同じ場合ダメージなどの効率も同じだからだ
これではあまりにもプレイヤー毎の差が出ないのだ

ここはDQ9で戦士を経由して、僧侶になったプレイヤーと
魔法使いを経由して、僧侶になったプレイヤーで
全く差が出ていないところで残念に感じたのと同じ気持ちを抱いた


さて、重要なトレハンですが
ここは素直にいいといえるでしょう
寧ろスキルやパラメーターなどの割り振りがない分ここで補っているように感じました
下のを見比べもらいたい
WS000534.jpg
WS000535.jpg

そう、コモンアイテムだが
同じアイテムなのに性能が違うのである
これがマジックアイテムやレア、レジェンダリーでも同じなのかどうかはわかりませんが
ここでプレイヤーの差別化を図るのでしょう

そのためのRMT機能が実装されているのかな?とも感じました

そして装備箇所が多いな!というところ
単純に集めるのが楽しみになるところですね
こういったタイプのゲームは
ぶっちゃけアイテム種類は多ければ多いほうがいいもの
と個人的に思っているので


というふうに
diablo2のアッパーバージョンを期待した人には受け入れがたいでしょう
新生diabloというならば、これはアリという人もいるでしょう

そう感じたゲームでした
しかし、これだけは言える

「息の長いゲームにはならないだろう」と

やり直しをする必要が無いということは
つまり1キャラを作ってしまえば延々とトレハンをするだけであり
「ああいうキャラを作りたい!」や
「強い槍拾ったから槍キャラを作ろう!」といったプレイヤーの夢を広げるところにおいては
完全に失敗だとおもっています

とりあえずせめて2、3キャラはプレイしたいなぁとは思っています
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。