スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざっと遊んでみました ドラゴンズドグマ

先日配信されたドラゴンズドグマの体験版ですが
とりあえず遊んでみましたので感想を

まずは、これだけのスケール感のゲームを遊べることを素直に喜びたい

比較的私の夢想していたゲームに近いこともあってすごく嬉しいゲームだった

私はモンハンは大好きだが
あのゲームはせっかくのスケール感や臨場感などが
セパレートなマップによって失われていると思っている
モンハンというゲームデザインはアレでいいとは思うのだが
個人的にはやはりあぁいったゲームはシームレスで遊んでみたいとおもうのである。

それもゴッドイーターなどのような狭いマップをシームレスに
ではなく、それこそWRPGを代表する
オブリビオンやスカイリム、所謂TESシリーズ等のようにである

しかし、私はこのbethesda製のファンタジーRPGはあまり好きではない
その理由として大きいのが戦闘システムをおざなりにしているところだ
主観視点での近接戦闘となるとそうなってしまうのはしょうがない
つまり派手なアクションをしても結局はプレイヤーには見えないため
結局のところ魔法などで派手に演出するなどの方法で派手さを見せるしかない
あとは基本的に一人旅というところもあまり好きでない
仲間がいてこその冒険もの、RPGというものだとおもっている
コンパニオンは存在するがやはりどうしても日本製に比べると
そういったところは弱いと感じている

しかし、このドラゴンズドグマは違う
視点はあくまで俯瞰視点が中心であり、プレイヤーキャラの動きを見せる必要がある
TESシリーズも俯瞰視点自体はあるが、結局はオプション的なものであり
そこまで重要にしていない印象を受ける
仲間もキッチリ複数存在している
しかも役割や協力して行動するなどといった戦術もうまれるのだ

そんなわけで遂にモンハンにはまったときから感じていた
継ぎ目のない世界で戦えるモンハンのようなゲームをやってみたい!とおもっていたので
トレイラーが公開されたときから来た!とおもっていた

体験版の内容は3つあり
少しダンジョンの中を探索し、最後にボスを討伐するクエスト
広大なフィールドで敵と戦えるクエスト
キャラメイクできるモードである

キャラメイクは私は苦手であり
こういったもので色々な創作が出来る人はうらやましく思う
いつもすぐ飽きてしまい、結局はデフォルトやランダムで選んでしまうので
今回は触れてもいない

WS000018_20120429201713.jpg
まずはこのスケール感が嬉しいところ
遠くには山がみえ、森があり、まさにファンタジー世界そのもので
そこに巨大ボスがシームレスで存在している

WS000022_20120429201712.jpg


これだけならTESシリーズにもいえるところではありますが
やはり、日本産、特にアクションを得意とするカプコンならではのアクション性も売りでしょう
そのひとつが掴むというシステムWS000128.jpg

モンハンなどは結局地に足がついたところから攻撃するだけの攻撃方法ですが
どれだけこういう演出を楽しみにしていたでしょう

モンスターにしがみついて攻撃する

よくあるファンタジー映画やゲームなどでも見る光景ですが
結局そういったところはアクションゲームなどではQTEで演出され
プレイアブルなところとは程遠いとおもっています

しかしこれは
つかまったあと敵の背中にはって上るなどすごくプレイアブル感を高めてくれる

WS000134.jpg
背中に乗られながら攻撃をされて耐え切れず墜落するモンスター

こういったところでもやはりWRPGとは違うセンスが光る

他にもアクティブスキルの存在もアクションゲームとしては大きいですね
やはり剣をブンブンふるだけではつまらないですので

もうひとつのクエストも遊びましたが
今回はこのフィールドクエストをメインに感想を述べました
かなりネット上では賛否両論であり
私的にはかなり肯定派であります

まだまだレベルが上がればどうなるのか?
キャラのビルド(育成)システムは?
装備や防具などは?などなど色々な疑問はありますが
この体験版だけでも私的には満足であり
発売が待ち遠しい

個人的にはデモンズソウル/ダークソウルをより
アグレッシブな行動を出来るアクションゲームにした印象をうけました
あちらは突くや斬るなどを的確に行うゲームですので

私はよく
体験版やゲームの序盤を触っただけで
結論に至ってしまうタイプの人間で
まだまだ先があるのにもかかわらず興がさめてしまう事も多いのですが
このドラゴンズドグマは是非もっと遊んでみたいと思えるゲームでした

WRPGにおける「すごいゲームけど面白さはそこまででもないゲーム」を
「すごいゲーム」+日本製の売りである「面白さ」を
うまくミックスさせたゲームだと思いました
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年05月05日 21:03

まとめtyaiました【ざっと遊んでみました ドラゴンズドグマ】

先日配信されたドラゴンズドグマの体験版ですがとりあえず遊んでみましたので感想をまずは、これだけのスケール感のゲームを遊べることを素直に喜びたい比較的私の夢想していたゲー...

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。