スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のごっこ遊び 斬撃のレギンレイヴ

暫く更新が滞っていましたが
理由はタイトルの通り

Wiiの斬撃のレギンレイヴが楽しすぎるため、更新をするネタを用意できなかったわけです
キャプチャ環境も変えてしまったため
Wiiをキャプチャするのはなかなか骨が折れまして
キャプチャ画像を用意できないのですが
今更このゲームの感想を述べたい

販売は任天堂ながら
開発はサンドロットということもあり
激しい血しぶきが飛び回る、ある意味HDゲームよりもゴア表現がすごいゲーム

ゲームの定義や楽しさは人それぞれでしょう
私にとっては、このタイトルは「究極のごっこ遊び」なわけです

ごっこ遊びといってもRPGでもキャラクターに思い入れして
ストーリーを堪能するのもごっこ遊びなわけですが
ボタンを押して、その通りにキャラクターが動くのもごっこ遊びでしょう
キャラクターの動きであるアウトプットはゲームによって違い
ひとつボタンを押すだけで派手な動きをするものから
地味な動きをするもの、さまざまですが

なんといってもこのゲームの旨味は
Wiiリモコンを使った直感的な動作でしょう
発売前からWiiではこういったゲームが出来るというのが売りだったわけですが
ハード的な制約で出来なかったようです
例えば剣をふるモーションをするとして
リモコンの上面を上に向けないと認識されないというもの
ですが、モーションプラスをつけることによって
そういった制約はなく自由自在な操作が出来ます
この恩恵により、まさに自分は
主人公になりきり、剣を振り、槍で突き、弓を引き放つことができる

このゲームの設定は北欧神話であり
プレイヤーは神という設定で、敵はとんでもない大きさをほこる悪魔達で
プレイヤーキャラの何倍もあるモンスターの手を切り裂き
頭をぶっ飛ばし、足を引きちぎり、体を切断する
その操作を直感的に出来る
まさに究極のごっこ遊びが出来るわけです

プレイ状況としては
発売当時にオンラインプレイで70時間ほどプレイして
それから眠らせていて、ちょこちょことストーリーモードを遊んでいたのですが
今はノーマル難易度をクリアし、ハードモードを稼ぎながら遊んでいる
こちらのプレイ時間は40時間程度
つまり100時間ちょっとプレイしたことになるだろう

モンハンなどと同様に素材を集め武器を作りだすゲームであり
ステージをクリアし、その素材を使って新しい武器を作って
更に同じステージをプレイしたときの明らかに感じる強くなった感覚は
所謂狩りゲーのそれより感じやすく
新しく武器を作ることが非常に楽しみになる
難易度の制限によって武器の生成制限などもないため
どれだけ下手でも低難易度で素材を稼げば圧倒的な火力の武器を作れるところも面白い

約300種類の武器のうち120ほどなので今で半分
まだまだこの熱は冷めそうもないですし
やるべきゲームは沢山あるが、しばらくはコレに執心しそうだ

開発元であるサンドロットですが
おそらく現在は地球防衛軍4を作っており、それを楽しみにしているが
スクリーンショットの1枚すら出てこないので情報の公開が楽しみだ
ゲームハードもこれからWiiUやPS、Xboxの次世代機と出るようですし
現状でも3DS、PSVitaとあり
これらも独特なハードの売りがあるため
それらを使った面白いゲームを作ってくれることを願う
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。