クリアしました うたわれるもの

タイトルどおりですが
PSP版の「うたわれるもの PORTABLE」をクリアしました。
内容としては非常によく出来ていて
中だるみを全くしないでプレイできた良作だったと思います。
やはりその要因は伏線が多く張り巡らされているところであり
その真実を知りたいがために、もくもくとプレイしていました。

この「うたわれるもの」はノベルADVですが
斜め俯瞰視点からのSRPGパートもあって
そこらへんがノベルADVパートとうまく絡みあって中だるみすることなく
突っ走れたのでしょう、最初こそいらないとおもっていましたが・・・

それとノベルADVの割りに
ほとんど「独白」がなく
キャラクターの会話だけで成り立っているのもテンポのいいゲーム展開を助長している。
私は普段本(ここでは小説)は読まないのですが
一人だけ読んでいて面白い作家がいます
東野圭吾さんがまさにその人なのですが
この人の話も基本的に会話が多いので非常に読みやすいのです
この、うたわれるものはひとつの理由としてそれがあったでしょう。

もう一つ黙々と出来た理由は、やはり「ファンタジーもの」であることでしょう。
パッケージのキャラの絵などから分かりますけど
着物を着ていますが、キャラクターは人間ではない人外なものであり
ファンタジーという想像は難しくないでしょう。
この前までプレイしていた「この青空に約束を」が所謂「日常もの」といわれていて
それの対極に位置するものですが、やはりプレイしていて楽しいなぁと感じたのは
「日常もの」よりも「ファンタジーもの」であったわけです。

キャラクターたちも魅力的で
本当に誰一人として空気がいないといいますか
全員にそれぞれ活躍スポットがあたっているのも好感がもてます。
キャラクターの数は多いです
しかし、そのすべてをキッチリ把握できるのは、やはりライターさんの腕なのかなぁと思います。

SRPGパートは最初こそ難易度はぬるかったのですが
中盤あたりは難しい、というほどでは無いにしろ
キッチリ考えて動かさないと誰かが戦闘不能になるな、というレベル
全滅こそないものの、ゲームオーバーは多々ありました。
それは途中に敗北条件が変わるステージなどで
急に変わってしまったために、対応しきれず・・・といったかんじで
ほぼ無傷クリアか、ゲームオーバーか、といったパターンが多かったです。
しかしラスボスだけはメインのアタッカー二人以外壊滅という状態でクリアでした
これもあまりに突っ込みすぎたため、こうなってしまったわけですので
落ち着いて攻略すれば被害はここまでにはならなかったでしょう。
しかし、SRPGなので行動順が表示されないのが不満でした。
もしこれがあれば難易度がガタ落ちだったかもしれませんが
SRPGのうまみというのはCPUの穴をついて攻略するもの、と思っていますので
これでは意図的に意地悪なことが出来なくて、少し残念。

さて、ここまでほぼ賞賛でしたが
実のところクリアまでいきましたが
最後のほうは実は超展開であり
全く想像もしなかった方向に向かったため、最後の辺りはあまり理解できていません。
クリア後に考察サイトを見て、ようやくなるほどと思えたのです。
その考察サイトにも伏線のいくつかが回収されていない事が書かれていましたが
確かにそうなのです。
最後のほうは超展開でゴリ押して無理やりまとめに入った感じでして
この超展開自体は私の嫌いなものではなく、好感をもって読み進めたのですが
所謂説明キャラなり、独白がほしかった・・・それくらい超展開ですので
なので考察サイトの力を使いまして、自分に納得いかせたのです。

しかし、理解できなかったそこの部分を踏まえても面白いストーリーでした。
「うたわれるもの2」の発表後全く動きがありませんが
これだけの作品を生み出したleafは流石といいたい。
初leafがこの作品でよかったとおもいます。

何年も前のタイトルのレビューをいまさらという感じですが
ひとつの意見としてネットに残せるならと思い書きました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind