スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース 海賊無双 メインログモードを終えて

さて、先日発売されて、どこをみてもかなり低評価なワンピース海賊無双ですが
クリアしました。
さて、題名の通りメインログしか終えてないわけですが、とりあえずそこまでのレビューでも

まず私は「面白かった」です。
ストーリー部分もまっさらな状態からですので、ワンピースの知識もつきましたし
アクションゲームとして面白い部分もありました。
勿論ダメな部分もありましたが。

さて、今回の無双は本流の無双とは基本的に違い
一本道で構成された道をルフィのゴムアクションを使い進んでいき
その先で少し敵を無双し、また更に特殊アクションで進んでいくといった
アクションアドベンチャーとも取れる内容になっています
勿論相変わらず戦場をかけまわり、士気を上げてボスと戦うといった
シンプルな構成のステージも用意されています。
個人的にはここのバランス取りが結構うまく出来ていたんじゃないかなとおもいます。
ずっとアクションアドベンチャーパートだけかとおもったら
次は爽快に暴れまわれるステージがあったり
さすがに私のように「無双」とつくものの8割方プレイしている人からすると
戦場を駆け回る無双というのは少し飽いてきた感はあり
スパイス的な要素でアドベンチャーパートというのは、いいアクセントになりました。
まぁステージによってはこのアドベンチャーパートばかりで
もういいってと、少々思うステージもあったことは確かですが
そして難易度は最初から最後までノーマルでやりましたが
最近の無双にしてはノーマルでも割りと難易度が高くボスには何連続で負けるということもありました
連続で負けると難易度をイージーにするか?と聞かれるのもユーザビリティでいいとおもいます。
ボスのHPの減り具合によって戦場がどんどん展開していき何かギミックを使って倒すといったところも
いつもの無双とは違い、いいアクセントだったとおもいます
鋼体もなかなか酷い敵もいますが、それを崩したときには更にダメージが増える状態になり
回避アクションを使った敵の鋼体崩しや、キチンと大技の時は逃げるという
より3Dアクションらしくなっていたところも個人的にはよかったですね
なので次回作・・・まぁあるでしょうね
ストーリー的には2年後に!というところで終了しますので
原作のほうはそこからどれだけ進んでいるのか知りませんが
次回作が出るとしたらここからの部分も含んでの発売となるのでしょう
まぁその時にそこらへんの改良をしてもらいたいところではあります
あとすごく良いところとして「すさまじくBGMがよい」
普段の無双はメロディックスピードメタルな曲調が多くどんな場面でも単調気味なのですが

ブラスセクションやクランチギターをいれることで軽快なノリのサウンドになっていたり
キッチリと熱い場面ではいつもの無双のような
熱いギターがバリバリのヘヴィメタルサウンドが響く
音楽がゲームを盛り上げるという感覚を改めて痛感した。
サウンドトラックが欲しいと素直に思えるサウンドだ
コンポーザーが3人いるようだが、おそらくその分担がうまく働いているのだろう

さて、結構な批判を受けているハショリ気味のストーリー
およびその演出ですが、原作を知らないものにとっては
これでも割りと十分であり、涙あり、笑いあり、燃えありで
なかなか楽しませてもらいました、さすが今日本で一番売れている漫画だけあるなぁと
漫画を1から読む気はもう満々ですね。
漫画ではどうなるかわかりませんが、ゲームはアニメと同じ声優さんを起用しているとのことで
やはりそのゲームに動きの演出と声優さんの演技にはなかなかやられました
泣きこそしませんでしたが、いい演出だなとおもったところも多々ありました

ワンピースのストーリーは冒険活劇的で面白く、感動もでき、熱いです
尚且つゲームだけの知識というのを前提で書かせてもらいます

まぁ全体を通して、とりあえず泣かせるシーンは
キャラクター全員に涙をうかべさせておけ的なところがおおく
あぁまたこれね、私は思ってしまったわけですが
キャラクターもキャラクター(性格、特徴)といったところでは特徴的なのですが
いかんせん見た目があまりに魅力がない、これではせっかくのストーリーがもったいない
なんといっても主人公のルフィが圧倒的に格好悪く、カリスマ性がないとおもってしまう
周りをとりまくキャラクターも残念ですね
敵キャラにも圧倒的恐怖感や、威圧感を感じるレベルではなく
かなりコミカルに見えてしまう、その中でも異彩をはなっていた
ミホークというキャラクターがいるのが救いでした
ルフィの技に関しても「多すぎる」「その場その場で何かと増えすぎ」という印象
ドラゴンボールのカメハメ波や、北斗の券における北斗百烈拳のような
圧倒的な存在感のある技は何なのかわかりませんでしたし
失笑したのは「ギアセカンド」「ギアサード」の存在
これにはそこまで面白いなぁとおもっていた私もさすがの苦笑い
完全にドラゴンボールにおける界王拳じゃないかとおもってしまった
ジャンプ漫画として主人公が圧倒的なパワーアップを遂げるというのは定番であり
その演出無しに熱さは出ないとはおもいますが、さすがにこれはやりすぎじゃないのかと
挙句の果てに驚いたのはゲームの最後の最後で
主人公の兄であるエースというキャラクターを助け、赤犬という強力な敵と戦うのですが
その赤犬と大技勝負の際、ルフィも当然大技を使い対抗します
その際に「ギガントガトリング!!」と叫びながら大技を使いますがそのとき
ルフィの背景にエースの顔が出てきたときは
完全に悟空のパワーを受けたSSJ2悟飯VS完全体セルとの対峙のときの「かめはめ波のそれ」であり
感動的場面も台無し、そのあとのところは感動にひたるというより、どういうことなんだあれは・・・
本気でやっているのか・・・という感情しかうかばずイイシーンを見逃す始末

とまぁそんなこんなで老害には批判的に見えるストーリーでしたが
いいところも沢山あったのは確かですし、おそらくすべてはゲームでは見れませんので
そこを保管する意味でも漫画を読んでみようとおもいました。
おそらくこのゲーム、原作を知らない人のほうが楽しめるのではないでしょうか?
知っている人から批判が生まれているように思えますので

総合的には75点くらいの出来で
まだまだサブキャラ達の操作でも遊べますし
やりこみであるコイン集めなどもあるようですので
ボリュームたっぷり遊べそうです、総合してギガント大満足の評価ですね
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- イオン - 2012年03月09日 12:21:59

やりこみがコイン集めしかないという点が残念ですねぇ
エネルがいないのもガッカリです

- うに - 2012年03月12日 18:34:37

エネルというのは初めてききましたし
今みたら本当に初めて見たキャラですが
空島というエピソードで出てきたそうですね
そこはガッツリ抜け落ちているんでしたっけ?

コイン集めは武器あつめなんかよりも個人的には好きです
確かにやりこみ要素がこれだけといわれると確かにそうなのですが
オロチ2なんかの友好度とかよりもアッサリしていてわかりやすく好きですね
まぁあとはステージで特殊な行動を取ると取れるコインなんかがあればよかったとおもいます

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。