スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細かな不満は霞む程 テイルズオブベルセリア

発売から随分経ったけど、まだ終わっていない。レベル的に見ても40時間ほどで中盤といったところだろうか?

テイルズといえば戦闘だ。今回の戦闘は非常に面白いといえる。今までのボタン配置から刷新され、新たな操作体系となった。最初こそ戸惑い、うまくいかないものの、流石にここまで来ると気持ちよく戦えるものだ。因みに今回も例の如く難易度はハード、それでも難易度が低いと感じる。

それはおそらく戦闘が面白いので戦いすぎ、主人公操作が楽しくて基本的に強いとされる主人公を使いまくっている等のせいもあるだろう。正直主人公のベルベットが使いやすく基本的にガン攻めを許容する仕様になっているため、よけいない事を考えずガンガン技を放っていけばいい。最近のテイルズシリーズでは恒例となった変身を今回も彼女が成している。喰摩状態と呼ばれる一種のパワーアップモードというべきだろう、これはHPが減っていくものの、特殊な攻撃効果をもった状態になるため非常に強くなる、そしてこの状態でしか出せない技なども存在し、この技が強すぎるためハッキリいって秘奥義を常に放っているというほどに強力だ。しかしこれをAIに任せるとHPが1になるまで平気で続けてしまうため、彼女を使わざるをえないという状態になっているのも主人公を使い続ける理由のひとつだ。

しかし、戦闘が改善されているというのは、前作であるゼスティリアが非常にバッシングを受けたせいもあってか、今回は名誉挽回の快作といったところだろうか。

ストーリーはあまり期待していなかったけど、基本的な目的は重いテーマで、主人公も感情に乏しい。が、次第にある事件が起こってそうなってしまうまでに優しかった彼女が徐々に垣間見える具合は好感度が高いことになるだろう。

ただ、かなり長く今現在40時間ほどでもまだまだ最後には遠そうだというぐらいに感じている。ゲーマーの方ならわかるだろうが、どんどん新作が出てくるのでササっと終わらせておきたいという気持ちがあるのだ。ボリュームのあるゲームは賛成だけど個人的には時期が悪かった。

さて、戦闘に少し問題がある。状態異常である。昔から麻痺や毒といったものは当然あったけど、鈍足というゲームの爽快感を奪う状態異常を殆ど全域に与えてくる雑魚敵がいるのはいただけない。何故爽快感がなくなるかというと、名の通り移動が遅くなるだけでなく、ゲームとして重要な回避アクションができなくなるのだ。このゲームはジャストのタイミングで回避をすることにより、様々な恩恵があるのだけどこれが一切不可能になる。

といっても状態異常回復すればいいし、ずっとこんなのがあるわけではないので、バランスもとんでもなく酷かったゼスティリアとは比べものにならない改善もあり、些細な問題とも言える。私は前作ゼスティリアの不満はストーリー部分ではなく、酷い戦闘バランスだったのだ。

あと何時間かかるかわからないけど、今作は評判も悪くなく、これからもテイルズブランドを維持する使命は果たせるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。