スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサクリはこんなにも面白いものだったのかという認識を改める Assassin's Creed Unity

アサシンクリードシリーズは一応ほとんど触っている。1はクリア直前までやった記憶があるし、プロデューサーの女性が綺麗だった記憶がある。2は途中までやった記憶がある。確か、2は大幅なゲームシステム改修がされており、ゲーム内通貨の概念が出来て色々と面白くなったはずだ。3は触りだけ、4も触りだけ。正直3、4はグラフィック的にも大きな変化は見られなかったし、海戦のシステムが魅力的ではなかったため、殆ど触ることなくこのシリーズからは手を引いていた。

何故最新作のSyndicateではなく、Unityなのかというと、単にセールをしていたからという理由だけなのだけど、とりあえず買っていた。どうせ今回も同じように始まったら今回はこんななのね、程度に終わってしまうだろうと思ったのだけど、これが意外と続いている。

恐らくグラフィックの進化だろう。私が遊んでいるのはPS4版だけどこれでも十分グラフィックは美しい。当然ディティールにこだわってみていくとやすっぽいところは見られるけど、これだけ美しいとそれだけでゲームを進める理由として成り立つのだ。よく似た景色が続くし、今まででもあったようなミッションをこなしていくという単調なゲーム性をカバーするこのグラフィック。やはりグラフィックは正義であるだろう。

といってもまだ恐らく序盤で、ようやく主人公がアサシンになったところ。ゲームシステムは大きく変わったのかはわからないけど、上方向へのパルクール、下方向へのパルクールというのが新しく加わったのかな?という事。最初は効果を感じられなかったけど、下方向をいつの間にか結構使う事が多くなっていた。

戦闘の難易度が比較的高く感じられ、私の記憶していたアサシンクリードはとにかくカウンターしていれば勝てるというような簡単なものだったけど、時代設定が進み敵も銃を使いだすし、これに当たれば現在はほぼ即死に近いことから、とにかくよく死ぬ。敵の近接攻撃も痛い。

しかしながら、致命的な一撃を与えてくるタイミングはチャンスでもあり、カウンターボタンをポチっと押すだけで、とてつもなくかっこいい殺陣が行われるのも気持ちがいい。映像作品などでよく見たことがあるけど、目の前の敵に斬りかかっていて、後ろから攻撃されたときに顔は前を向いたまま後ろは何かしらの方法で防ぐそして流れるカウンター、崩れる敵。これが簡単操作で出来てしまう。シチュエーションによってそういったアクションが違うのも見た目に飽きないのだ。フィニッシュブローにも特別なアクションや視点変更がされ、ダイナミックな演出でとどめをさすなどで非常に演出がうまく作用していると感じられる。

単調ながらも久しぶりにやったアサクリ、故にすれ違いざまに敵の首元にプスっとさして暗殺するアレ、相変わらずあの瞬間は最高に気持ちいい。

ただ、どうも本作は評価が悪いようだ。リリース時によくバグがあったというのは知っているけど、何やら改悪もされている部分があるらしく、海戦がないというのも不評の一部だったりするようだ。非常に面白かったマルチ対戦がないものの、協力はあり、楽しい。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。