スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷すぎて吐き気を催すゲーム スターオーシャン5

発売前からヤバイ臭いを放っていた新作のスターオーシャン5。といってもそう感じたのは発売前の動画だけではなく、去年の末にあったPSVRの体験会にて、空き時間に一足先に体験したのもあったからだ。

シリーズを全てやってきたからという理由のみで購入してみたものの、最早ここまでひどいのかと感じずにはいられない。

まともなところを先にあげると、主に1を意識しているということ。

主人公が自警団であったり、未開惑星の住人、そこに訪れる人間がケニー家の人間。ケニーが遠距離武器、部下が女性で格闘技という設定、ストーリーの流れ的にも宇宙戦艦を訪れる理由が仲間の傷を癒す為など、そこら中に1のオマージュが感じられる。

1を今更やると酷いゲームではあるけど、当時多感だった少年にとっては思い出の作品なのだった。なので、1をオマージュしてくれた点は非常に嬉しいのだけど、それくらいが評価点であり、あとは本当に酷い作品だ。

戦闘システムは味方だけで7人いるおかげで、敵の数も多くなり乱戦気味。そんな中でアクション戦闘としてはシビアなシステムの三竦みを搭載。

タイミングよく防御してカウンター!など出来るはずもない。エフェクトは派手で何が起こっているのかもわからないし、わざわざ狙う理由が敵をスタンさせるだけ。ちょっとした時間、敵を無力化する為に狙うものでもない。そんな暇があるなら攻撃しておけばいい。

このシステムは3で搭載されたシステムなのだけど、3は敵も味方も数が少ないから効果わ発揮していたのであって、乱戦を売りにしているような今作では水と油だろう。しかも、3ですら、そんなの意識するよりも殴った方が早いのだ。

今作のプロデューサーが3の戦闘を意識したと話していたけど、彼のエゴだろうと思っている。

それに、今時、2016年にもなって出せる技の数が4つだけとは恐れ入る。

以前からSOシリーズは遠近で技が切り替わり、2つずつというシステムを搭載しているけど、あまりにも時代遅れ。なぜここまで拘わるのかわからない。近接武器で戦うキャラが遠距離で技を出したら近接技なので近寄っていくというのは、もうこれわけわかんねーな、という話である。

ストーリーの展開はあっさりしすぎている。なんというか、チャチャチャと過ぎていく。あそこに行こう。わかった。ここじゃなかった。向こう。わかった。のような流れで続いてきている。

これならば出さない方が良かった、というのが正直な感想だ。私はゲームを買って吐き気を催したのは初めてかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2016年04月07日 17:13:54

「吐き気を催す」はカメラワークの悪さで3D酔いしやすいことへのダブルミーニングか?
アンチャーテッドでさえ酔う俺様はSO5はもう寝込んだ。
3Dゲームは俺をいじめるために生まれた悪の兵器だ
あー、マジで斜め見下ろしクォータービューだけのゲームの世界にならないかなー
ディビニティ期待してます。

- うに - 2016年04月07日 17:45:05

ダブルミーニングの意図はありませんでしたが、そうしておいてください。酔うというほどではありませんが、かなりひどいのは確かですね。

divinity original sinの事だと思いますが、実はPC版を購入済みですが時間の都合上できておりません。無印版はそれなりに出来に問題があったようですが、Enhanced Editionは絶賛されているようなのでインストールして放置しているのがもったいなくてしょうがありません。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。