スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランス調整は恐ろしくいい Gears of Dragoon2

タブレットにて少しずつ進めている今作。現在20時間ほど遊んでいてまだまだ序盤の二章。どれくらい序盤かというと仲間が半分も揃っていない状態。レベルも20やらで、最高レベルが100超えということを考えるとまだまだ先は長い。

このゲームをやるに当たって久しぶりに自身のブログを読み返していて、その時に読んだのがGears of Dragoon1の記事。アサルトチェインゲーだと書いていた。アサルトチェインというのは所謂パーティ全員が猛特攻を仕掛けるというもの。

グングンダメージの倍率があがり、数百が数千に、数万と伸びるダメージ。1に不満感じたのは、あまりにも強過ぎるせいで、封印したいところだったけど、敵も合わせて強くなる為使わないわけにもいかず、使うことを余儀なくされたそのバランス。

しかし、使うと敵は崩壊する。使わないとこちらが崩壊する、という極端なバランスだったのだ。こういった感想は他の感想サイトでも述べられている。それ以外の部分はとても良かっただけに本当に惜しい作品だった。

その反省を経てなのか、2のアサルトチェインはちょいとばかり優位に働く連携となり、猛威というのは一切無く、ぶっちゃけていうなら単なる全員が連続で動ける、という程度に落ち着いた印象だ。

これはとてもいいことで、バランスの調整はシッカリと取れていて、ノーマルの難易度は1の方が高かったものの、ボスはノーマル程度でも、少々考えて戦う必要がある程度になった。ノーマルと敵が少し強くなるバーサークを組み合わせると途端に最適解を求められるのは評価の分かれるところだろう。というのも、バーサーク1と0では難易度があまりに違いすぎるのだ。

このちょうど中間であったのが、1のノーマルであったように思う。この部分は1が勝っている部分だろう。

このゲームはハック&スラッシュで、アイテムのドロップと品質はとても大切で、毎回のアイテム入手が楽しみなのだけど、2では戦闘評価システムによりアイテムドロップが決まる。その為基本的に雑魚は1ターンで倒しきるという任務が毎回課せられるのだけど、どちらにしろ早く殲滅するのは当然のことだし、どちらかといえばこれは好きだ。ボス戦は猶予があるおかげで、余裕を持った戦いも出来ているしね。

しかし、2では残念なところもあり、GUIが非常に残念なのだ。回復アイテムを使うのに、アイテム欄からドラッグアンドドロップでキャラクターの顔まで持っていく必要があり、技や魔法で敵を攻撃する際や、魔法で見方を回復する、補助する際はクリックなのに、だ。何故アイテムだけこの方法なのかがわからないのだ。

でも、不満というのはその程度であり、楽し過ぎるというのが率直な感想。体験版から既に面白ったのだけど、製品版ではverアップなどのおかけで快適さも上がり、より良い作品になっている。エロゲと切り捨てるのは勿体無い作品である。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。