既視感の感じるゲーム性 オーディンスフィアレイヴスラシル

体験版で戦いがあまりに単調で、これはちょっと期待はずれかな…と思ったものの、予約のキャンセルが出来ず届いてしまったこの作品。

難易度はノーマルだと、簡単だったら嫌だなってことでexpertを選択し、少し進めているのですけど、最初こそ体験版の感想と同じく単調だったものの、成長要素により多様な行動がとれるようになり、アクションゲームとして随分楽しくなってきた。

現在は最初のキャラクタであるグウェンドリンの3章なわけですけど、ここに来るまでに流石にexpertだけあって、かなりリトライしております。

が、リトライのローディングが皆無なせいで全くストレスにならず、徐々にうまく立ち回れるようになっていくのが物凄く感じられるため、つい何度でもトライしてしまうというゲームとしてあるべき姿になっております。

このゲームをやっている際に感じたのが、わたしのゲーム史でも、トップレベルの作品であるテイルズオブデスティニー2の操作感覚に似ている。

完全に似ているのは同開発会社の朧村正というゲームに似ているのだけど、こちらは戦闘で取れる行動が余りにも単調だったため、正直駄作だと思っている。

テイルズオブデスティニー2、オーディンスフィアレイヴスラシル。どちらの作品もアクションRPGであるのですが、すべての攻撃を任意に回避可能であり、やろうと思えばある程度のレベルの差は腕でカバーでき、特に魔法攻撃は落ち着いて行動すれば完全に避けられるという仕組みを持ちあわせている為、凄く可能性を感じる。

違う点はこちらは終始1人旅であるところだろうか。

そして、不満らしい不満は見当たらない。が、これ!格別の作品!?といわれると、うーん、なんとなく良作止まり、そんな風にファーストインプレッションでは感じているところ。

ヴァニラウェアとの付き合いはプリンセスクラウンのセガサターン版から始まったのだけど、今考えると本当に映像だけは綺麗、という感覚であったのをようやく2Dでのアクションゲームとして高いレベルで仕上げてきた。

同開発会社の前身のドラゴンズクラウンでは三日で売るという事があった為懸念していたところだったのだけど、それは今回はなさそう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind