スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れた良作に偽りなし DUNAMIS15

このゲームは恐らくEver17などを代表するinfinityシリーズの作品になるだろう。このシリーズを遊ぶのは数ヶ月前の12RIVEN以来だろうか。これはintegralシリーズだったわけだけど細かい事はいい。

さて、このゲームを購入したのは5pbが以前実施していたアドベンチャーゲームのセールの時。安かったので当然買っておいた。ハマれるかなって思いながら起動して15分もしないうちに次々に話を読みたくなっていた。

現在4時間程度、とにかく話の先が気になる。一応何が主軸に置かれた話なのかは商品レビューなどを読んで知っていた、そしてこの作品が隠れた良作だと言われていることも。

確かにグイグイ引き込む話の展開と、キャラクターの位置づけ、そして絵が非常に好みだ。

このゲームをやるにあたっていいなぁって思うひとつの理由は好みの絵柄であり、一枚絵がかなりクオリティが高い。

あと狙ってやってるんだろうけど、起用している声優がおかしい。

数年前の作品とは言っても、メインヒロインに島本須美、丹下桜というのはちょっと時代錯誤過ぎる。しかし、改めて丹下桜の声はいいと感じたいい機会だったけど。主人公は高校生くらいなのに東地宏樹氏と違和感がありありである。

一番大事なお話はドップリハマらせるだけあり、かなりの面白さである。何がいいのかって聞かれると取り立てて特徴はない。敢えていうなら設定だろうか。世界が核戦争でボロボロになった世界で日本が作った島であるデュナミスベースによって展開されるホラー要素もある話。

そのホラー的文言は若干使い方がワンパターンであることは気になるけど効果的だ。

痛い痛い痛い痛い痛い痛いおかしいなにか違うおかしい何か違うおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい、みたいなの。

特徴があるのは主人公高槻東吾と見た目がよく似ている保健教諭の宮藤一咲が話すときに使われる“ン”という言葉。もう俺は眠いンだ、みたいに使うのだけど、これ見た目も似てるせいか同一人物とかを勘ぐってしまう。

色々と勘ぐりますけど、マジックショーを見るときにタネを調べるような事をしないように、素直に驚く為にあまり考えないプレイスタイルで今回もいきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。