スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年ぶり、相変わらず面白い SeraphicBlue(DC Alterd)

フリーゲームの名作ときいて何を思い浮かべるだろうか、私は間違いなくこの作品を挙げる。それがSeraphic Blueだ。約10年ほど前にリリースされたと記憶しているこの作品。私のゲーム史においてもわりと影響があったというのは間違いない。何故ならこのレベルでハマルRPGというのはなかなかなかったからだ。

この作品はRPGツクール2000でつくられ、無料で配布されている作品であり、この作品を後に作者はゲーム製作をやめる。風の噂では今はプロとしてやられているとか。。。

この作品、世間では有名ではないだろうけど界隈ではメジャーである。それはwikipedia(ネタバレ注意)ニコニコ大百科?にもページがあることや、製作者がアレンジをしたDirector's Cut、ファンが改造した改造版のSeraphic Blue Director's Cut Alteredなどが存在することからも根強い人気がわかる。そのファンの一人が私であり、現在そのAlteredをプレイ中。

なぜかというと、以前よりこのゲームを再度プレイしたいとおもっていたものの、やはりPCの前に腰をすえてフリーゲームを遊ぶというのは有料で購入したゲームと比較して比重は有料ゲームのほうに傾く。しかしながら、以前より注目していたandroidで動く無料のEasy RPG Playerを調査したところ今では”それなりに動く”というような報告があり、では一度ものの試しでやってみるかと思い立った。結果としては成功。若干の表示バグがあるもののゲームをするには問題ないレベルで動作している。

そんなわけでスマートフォンで絶賛プレイ中の本作。正直当時(Seraphic Blue無印)は難しすぎて嘆くようなバランスではあったのが、Alteredがやさしいのか、私が難しいゲームを欲していたからなのか、難易度は程よくなっているという印象。Alteredでは様々なバランスに手が入れられ、システムも改造どころか新規追加のものもあり、骨子は同じでもガワは別物のようになっている。HP、MPといった当然のパラーメータのほかに、パーティが共有し、強力な特殊効果などを発生させることができるEXゲージや戦闘中の優劣を表し、なくなると敵が超強化されるブレイクゲージなど、戦闘における選択肢が大きく増えている。

このゲームはセミリアルタイムのスタンダードなコマンドバトルであり、有名どころでは見た目はドラクエ、システムはグランディアというたとえでわかる人がいるだろうけど、味方と敵、それぞれが行動開始点にくるとコマンドを選ぶという具合になっている。

altbt01.jpg
画面中央部にある数字のついた緑や赤のマーカーが左に動いていき、順番に行動をする。

その際、次に左にたどり着いたキャラクタ(敵味方問わず)に大ダメージなどのならではのギミック効果がある魔法なども存在する。そして通常攻撃は当然一番よく使うコマンドだけど、無印版でもAlterdでも通常攻撃にはノーマルアタック、ハードアタックが存在している。しかし無印では命中率が低く、攻撃力が高いけど使用したあとはマーカーの位置がノーマルに比べ2倍ほど右側にいってしまうハードアタックは殆ど使った記憶がない。これがAlterdでは改良され、相変わらず使用したあとのマーカーはノーマルの2倍はかわらないけど、命中率はそこそこに、攻撃力は高く、命中すれば敵のマーカーをグンと右側にもっていける遅延効果を持つ優秀な攻撃にうまれかわり、順番の取りあいがより面白くなったといえるだろう。

正直バランスがよくなったおかげで若干ぬるいと感じてはいるものの、やはり面白さは色あせない。最悪Alteredの場合は、難易度の選択もできるようだし、レベルを調整することもできる。このような改造ポイントが如何に戦闘を重視するプレイヤーが改造していて、ファンがどこに重きをおいているかを把握しているところだ。それほどまでにこのゲームの戦闘は魅力的である。

行動順のバーの右上部にある○が並んでいるフィールドエレメントの要素も重要であり、場の属性を使用して普段よりも強力な魔法が撃てるという私はマグナカルタというゲームで似たシステムを遊んでいるけど、独特なシステムの戦闘でありこの属性の取り合いも面白いのだ。ハッキリというならこの属性はほぼ敵に取られた時点でほぼ壊滅する。だからそうしたときの為の属性耐性や、バッドステータス耐性を上げる装備をする。場の属性を変える魔法は全てに相談して決める必要がある。

システムはさることながらゲームの骨子のひとつであるストーリーは一度遊んでいるからバレの部分は知っていても引き込む要素が多い。心に闇を持った主人公、それを優しく見守るヒロインは典型的ながらも魅力的だ。

相変わらずイベントシーンがとてつもなく長い。商用のゲームよりも長い可能性がある。ゲームをスタートし、最初の戦闘まで30分はかかるあたりもフリーゲームとしては恐ろしい。

この"イベントが長い、そのくせ難易度が高いせいで普通に全滅する。だからやり直すとまた時間がかかる。"ということが再プレイを妨げていた原因でもあったのだけど、Alteredではイベントスキップが搭載されているため、全滅時はイベントスキップをすることによって楽に進める。といっても当時全滅していた記憶がある場面も今のところは全滅せずに進めているのだけども。

現在は星の大樹ラウレンティアに到着。ここでは確か重要なネタバレがあったはずだと記憶している。しかしながら10年も前なので記憶は定かではない。当時は衝撃を受けた展開があったようなきもする。今ではネタバレしているし、無駄に時間を生きた分いろんなお話のネタも多く知っている分今が初プレイだったとしてもそれほど衝撃ではないかもしれない。しかし、話の流れと戦闘システム、そういったものが全て高次元で昇華されているため、このゲームは多くの人に遊んで欲しいタイトルだ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。