スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがケイヴ、少しある不満がただただ惜しい ゴシック 魔法乙女

ゲームには波がある。ハマルゲーム、飽きるゲーム。様々。

そんな波の中でも激しいのがスマートフォンゲーム。私も当然遊んでいるのですけど、10個遊んだ中でひとつ続くかどうか。それだけ溢れかえっていて、そして使い捨て感が強い。そんなゲームがとにかく多いのがスマートフォンゲーム。私が相変わらず遊んでいるのは2014年ベストゲームとしたサモンズボードとクラッシュオブクランくらい。

基本的には唯一無二のようなゲームを求めてスマートフォンのゲームは探して遊んでいるのですけど、今回は久しぶりにヒットしたような作品。ゴシック 魔法乙女。正確には「ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!」

このゲームは弾幕シューティングとして知られるCAVE社が開発したゲームである。このブログは広く浅く、深く狭くという相反するのをテーマにしているのですけど、CAVEのシューティングゲームに関しては私の中では割りと深く狭くに当てはまる。

とはいっても自分をいわゆるシューターだ、とかワンコインクリアは朝飯前とはいかずとも、過去はまった弾幕シューティングならワンコインでラスボス到達、や一応ワンコインクリアくらいまでは達成しているくらいCAVE社の弾幕STGは好きだったりする。

そんな好きなゲーム会社であるCAVEが送り出したスマートフォンでのシューティングRPG。以前は「どんぱっちん」という、こちらもシューティングRPGを出していたけど、これはあまり出来がよくなかった。シューティングよりもRPG色がつよかったからだ。そんな反省からか、ゴシックは非常にシューティング色が強いRPGになっている。

ゲーム自体は非常にシューティングをしており。RPGといえば、キャラの成長くらいなもので、その成長要素も被弾回数を底上げするHPと、魔力くらいなもの。魔力とは普通に考えれば攻撃力、となるだろうけど、実は魔力は敵を倒した時のスコア倍率が魔力になる。つまり攻撃力はレア度で変わらない(らしい)という見事なまでにシューティング要素が強い。被弾の許しを得るHPですけど、これも「当たらなければノーダメクリア」という、RPGさは微塵も感じさせないほどにシューティングをしている。

既存のシューティングを色々な風にアレンジし、今のスマートフォンゲームらしくしている。例えば、シューティングゲームにおけるショットの切り替え、今まではレーザーやショットを切り替えるのが普通だった。これが属性の切り替えになっており、おなじみの3すくみであったりのスパイスとなっていたり、シューティングではおなじみのボム要素が連れて行くキャラクタの所持スキルによって効果が変わったり、と非常に巧いアレンジをしている。

なによりもうれしいのはレア度がクリアするのに関係しない、ということがポイントだろう。実際に最初に絶対手に入るキャラクタで、最高評価クリアをしている人達がプレイ動画を上げているところからも大盤振る舞いが感じられる。


非常にすばらしいゴシック。残念なところは、スマートフォンでシューティングをする上で仕様上仕方のない部分だ。過去にケイヴのシューティングはスマートデバイスで数多く配信されているけど、そのどれもが移動速度は指の動きに依存しており、スティックをチョコっとずつ動かすことにより、敵の弾を誘導して避けるチョン避けや、機体の移動速度による攻略の手段の多様さが出ないところだ。そして基本的にぶっぱなしておくのが正解のスコア稼ぎ。

ケイヴのシューティングでは過去では殆ど撃たない美学みたいなものが存在し、弾を撃たず敵をあえて倒さないで、後で一気に倒すという手法でスコアを上げるという爽快感があったのだけど、ゴシックではそういったテクニックを狙うショット制限がしにくい。なぜならばショットは画面を触っている間中撃たれるのだ。

このような残念ポイントがあるのが本当に惜しいほどに良くできているシューティングだ。はっきりいって絶賛したいレベルである。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。