Zシリーズ最終作は難易度に関しては巧い具合 第三次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

当ブログであるFC2の開発委託会社の社長がわいせつな罪で逮捕されたそうだ。開発委託先らしいので、FC2自体に実害が及ぶことは今のところなさそうだ。サービスが終わるのならlivedoor辺りにのりかえる事が必要かな。

家ではPCゲームとして、total war ROME2にハマっているというのは先日の話だけど、それ以外は携帯機がメイン。VITAでスパロボが最近のトレンドである。

そろそろ中盤に差し掛かる当たりだろうか。現在27話。今作は版権スパロボという部分に関していえば難易度が割と高い方ではないかと感じる。前作の時獄篇が簡単過ぎたという話はあるかもしれないけど。

特にスフィアリアクターが敵として出てくる時は特に誰かが落ちている確率が高い。ビッグオーの人(誰が落ちても修理費ゼロ)がいるので修理費を気にしていないせいもあるけど、とりあえず適当に突っ込ませると落ちる時がある。

今回の難易度調整に関しては悪くない調整ではないか、ということ。過去は敵のHPを何十万と設定し、とりあえず囲んでボコるというゲームから10年あまり。ヌルイ前作から一転して序盤に関して言えば踏み込みが云々とプレッシャーを感じるくらい敵がよく当ててくる。

そのせいもあってか今回は全員を満遍なく5段階改造している、というプレイスタイルだったりする。主人公、キラ(時獄篇で400機撃墜の為)と言った主力にならない筈がないというモノに関してはフル改造であるのですけど、とにかく序盤は改造しないプレイは通用しないかなという感想。そして中盤に入る辺りから段々とぬるくなり初めている具合。相変わらず気を抜くとキラがスーパードラグーンを撃つ機械になりそうなのを、皆を育てて満遍なく遊ぶために堪えている。

今回は個人的メインにしたいのはゴッドマーズだったんだけど、ヱヴァンゲリヲンになりそうな予感がしている。

エヴァンゲリオンは難易度が高いと言われていたスパロボF時代にHPは全く改造せずに装甲フル改造で突っ込ませてずっと防御すると、HPが低いから優先的に狙うもココロの壁であるATフィールドで無傷、次のターンにはエネルギー全快なので、また同じいうチキンプレイで猛威をふるったのを思い出す。今回は火力も高いのでそういう使い方でなくても、かなり強い。

戦闘アニメは相変わらず。わかっていたとはいえガッカリな出来。寧ろ考えを改めた。第三次ZシリーズはHD機のスパロボで、α位動いているからあの頃の感覚でとらえればいいと。それでも、うおーーー!と、いいながら絵が回転して、縮小拡大してるだけのマクロスF辺りは失笑ものだけども。

ストーリーは、なんだか盛り上がりにかける印象。これから燃える場面もあるだろうけど、窮地に助っ人みたいな演出が音楽も変わらず普通に出てきすぎたり、お待ちかねの第二次主人公クロウも会話パートで再会など、どうもパッとしない。今まで10年近く話を伸ばしてきたわけだから今後盛り上がって欲しいところ。

システムは完璧だろう。

ただ、システムというよりも、スパロボそのものに飽きが酷い。スパロボは定期的に病気のようにやりたくなるのだけど、それでも序盤はまたこの展開かって言うストーリーと共に、プレイするのに気力を上げる必要な程に飽きかけていた。

前作からあったのだろうけど、右スティックで会話スペースが移動するのには驚いた。私はVITAでやっているので問題ないけども、VITAtvやPS3でやっている人は会話を見るために目線の移動が激しいからだろう。

ここまでろくに褒めていないけど、やはりスパロボなのでスパロボの面白さ、というか、満足感は感じている。未だに天獄の意味はわからないけど、このままいけば6月までにはクリアはしているだろう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind