スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間の悪評からズレた所感 テイルズオブゼスティリア

世間ではもうクリアしたりしている人のほうが多いのでしょうけど、私はまだ10時間程度のところでとまっている。従来のテイルズオブのシリーズに比べて攻略速度が異常に遅い状態ではあるのですけど、現状で考えるとこんなものでしょう。

今作は批判の対象が汚いDLCや、あるキャラクタの扱いに対しての批判が主だったように思う。そこにゲームシステムが入って考えられているのかはわからないけれど、とりあえず批判の中心は上記のふたつなのかな、という感じなのですけど、私はDLCに関しては世間で聞くほど批判的ではない。

当然ながら元から入っているというのが一番いいのですけど、何をもって”最初から元から入っている”というのが不確定すぎるので判定基準がわからないところもある。

さて、TOZではテイルズオブグレイセス(TOG)が戦闘システムの根幹部分になっているようですけど、やはり大きく違うのは今作独自の神依(カムイ)だろう。簡単にいうなら合体システム。二人が一人になるデメリットがあるけど、強くなれるのとアクションが変わるのが特徴だろうか。

今作や、過去に戦闘がメインといわれているシリーズ作品である、デスティニー2、リバース、リメイクデスティニー、グレイセスという作品の戦闘デザインを担当した有働達郎氏は、戦闘で操作するのが主人公の人が多いので、そこをカムイシステムで複数キャラを使っているような感じにさせつつ、しっかりとメリットとデメリットを持たせる。雑誌でこう語っていたそうだ。

確かにメリットは強くなれる、という単純にわかりやすいのと、他にアクションが変わるのは確かにメリットだ。他にも回復が使えたりするといった点もメリット。デメリットはやはり二人が一人になるためコンボなどの継続が普通より難しくなるという点だろう。

これらを天秤にかけたときにどちらがいいかというのは確実に言えるのはカムイで強化したときである。はっきり言ってしまうと”やりすぎ”の域にまで達しているといっていい。シリーズプロデューサーの馬場英雄氏は「テイルズオブエクシリア2のときに、ガイカク(主人公だけが変身できるシステム)が好評だったので、もっとそういう場を用意した」というような事も語っているようで、ライトユーザーに合わせすぎた感じがある。

カムイだけど、これがあるゲージを消費して起こす代わりに、何かのトリガーがあるにせよ基本的になり続けられるという部分がやりすぎた部分ではあるだろう。何故こうもぶっこわれた性能をずっと続けられるようにしたのか、という部分はもっと変身的なシステムの場を用意したというには用意しすぎている感がある。

現状でのボス達に殆どカムイを使わずに挑んだ場合と、そうでない場合を用意した。スーパープレイでもなんでもないものだけど、比較してみると同じ操作をしている人間でこうも違うというのは、ある意味RPGのパラメータが正確に出ているのだなと感じるものだ。それこそ、ダメージの”桁違い”というのがものすごくよくわかる。

カムイをあまり使っていない(初挑戦)


主にカムイを使用


カムイを主に使っていない


主にカムイを使用


だからといってTOZが悪いゲームかというと全くそうではなく、最近のハイスピードバトルが進みすぎていた中、ちょうどいい塩梅ともいえるバトルのスピードになっていて、ひとつひとつの行動が重要性を増し、プレイヤーとしてもきちんと見てから動くというのが行えるものになったと感じる。早いものは早いで爽快感や、スタイリッシュさというのは感じるけれど、それとは違う魅力があるともいえる。

基本のシステムが4連携というのにこだわっているところも好印象だ。たまにはこういった連携制限が強いものも面白い。

バランス的な不満はカムイ強すぎ、というのを思うのだけど、他にカメラの調整が酷いものだったりしていて絶賛は出来ないものだ。今後改善するのならばこの方向性”も”ありだろう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 時雨 - 2015年02月08日 22:09:09

どうも、時雨です。

とりあえず私もまだ終わってはいないのですが、おそらく他の人たちが不満に思ってるところの前半部分(?)あたりは抜けたのかなと思っているところです。

他の方々は結構アリーシャ関係の不満が多いみたいですが、私自身は特に思うところも無いという感じでしょうか。あっても動かせるキャラが減るぐらいという感じです。
私自身ストーリーを楽しまないわけではないのですが、今回のストーリー自体は今のところ悪いとは思っていないという感じですね。
色々悪いと言われている部分の情報だけ見てはいたのですが、いざ自分がその場所をプレイした感想はというと・・・他の方々が言っている事とは全く違った印象でした。
正直期待というものを最初から持たず、普通にプレイしている人にとっては特に何の問題も無く、ある種のフィルターを通して見た人にとっては許せないものだったのでしょう。

DLCに関してはテイルズは少しお値段高めなので、あまり購入してませんね。
ただ、アリーシャの衣装とか買った人はとりあえず後日談抜きにして考えると怒っても仕方ないかな~とは思います。ロゼにも使えるとはいえアリーシャに使うために買ったのだと思うので・・・
後日談に関しては期間限定で無料とはいえ、1300円という値段が妥当かどうかという感じですね。中身が分からないのでまだ評価できないです。

戦闘に関しては、やはり不満点は出てきますよね。
テイルズ初のシームレス戦闘は特に思うところも無いのですが、その弊害としての戦闘区域の狭さとか、カメラワークとかは私も不満に思います。
神威に関しても、そのシステム自体は悪いとは思ってないのですが、オーバーリミッツ的なもので良かったんじゃないかと思ってます。
正直相性の悪さが無ければ、ミクリオとの神威の遠距離攻撃が使いやすく攻撃力も高いとなると・・・あとはAIが微妙(もしかしたら戦闘区域が狭いから?)で気づいたら仲間が死んでたり・・・

うにさんのバトルスピードに関しては、私も同じような感想だと思います。
今までだと、結構防御無視で殴り掛かったりが多かったのですが、今作は結構防御と回避に気を配るような戦闘を繰り返してます・・・特に戦闘が二人になる時はそうなる場合が多いですね。

全体としては個人的に可もなく不可もなくという感じでしょうか。
神威は悪いわけじゃないけど使えすぎとか、ストーリーも悪いわけじゃないけど特別良いとも思えないという感じですね。だからと言って楽しんでないわけじゃ何ですけどね。


今回のTOZ炎上については、まぁゲームの良し悪しは別として・・・アリーシャもメインのように発表されたがための結果と言いますか、その点に関しては私も擁護は出来ないと思ってはいますけどね。(私はそういうのに左右されませんが)
ただ、それと私が思うゲームの批評はまた別の話で、ストーリーの良し悪しも別の話だと思ってプレイしてます。
この辺りが、おそらく私としての世間の悪評からのずれている所なのではと・・・(結果集中砲火されたわけですが)


今回も長文になってしまいました。
最後に、世間で悪いと言われているシーンを私がプレイした私の感想「え・・・?もしかしてこれの事・・・?え・・・?こんな事で・・・?」

- うに - 2015年02月09日 19:59:49

アリーシャが完全に抜けてしまうのは予想外でしたけど、アリーシャは普通の人間なのに、どういう扱いになるんだろう・・・という不安はありました。それが抜けるという一番明快な方法で答えられたのは残念でした。やはりキャラクターが多いほうがいいとは思いますので、そこに関しては擁護ができないです。

ですけど、それのDLCがあるからどうだっていうことは私の中で批判対象ではないです。好きなやつだけ買えばいい、というものですし、期間だけ無料でDLできるのですから、何が不満なのか・・・それこそ、ゲームとして成り立たないくらいの端折り方をしていて、とか、このDLCを買わないとラスボスすら戦えません、みたいなのはちょっと・・・と思いますけど、TOZは人それぞれの考えはあれど、一応は完結しているようですし、問題ないですね。

私も話はすんなり入ってきますし、今までのテイルズではなかった、主人公が序盤から英雄扱いというのはなかったものですから、なかなか新鮮な感じです。

完璧なゲームかといわれるとあれですが、15周年のTOXがあれだっただけに、TOZはすごくまともです。そして裏のパラメーターとかが多そうなので、ものすごく攻略本が欲しいですね。

- こーせき - 2015年02月10日 02:13:05

こんばんは。お久しぶりかな?
 僕もクリア前ですが評価させていただきますと、世間の言うアリーシャ詐欺とかDLCは特に気にしてないです、でもただ抜けるのはつまらなかったですね。そもそも今作はキャラの魅力が皆無と考えていたのでどうでもいいですが。

 総評はつまらないです。戦闘とかストーリーとか、とにかく良い所無いです。でもクソゲーとでもなく中の下、でしょうか。やはり戦闘遅いです、テンポ悪いしワンパターンな動きになります。しかも人間と天族の都合上、パーティに幅がありません。合体でさらに減りますし。あとカメラ。
 
 ルドガーの外殻がどこで評判だったのか知らないのですが、アレは僕的にやめてほしいシステムでした。使うキャラを事実上固定されるからです。テイルズはアクション戦闘を好きなキャラで出来るというのが僕の評価ポイントの1つなので、イベント戦闘であれ「コイツを使わんといかん」という場面は減らして欲しいのです。全キャラ使えるアクセルモードとかオーバーリミッツでいいんじゃないかと。

 ストーリー面だと汚れ、ですか。ロゼは暗殺してるけど悪いと思ってないから汚れないみたいな。ならこんな設定いらんのではないかと。全体的にも主人公らが何処に向かってるのかもわかりづらい気がします。
 ロゼが何故神依できるのかも説明は最後まで無いらしいですし、急にでばってきてチート(あの世界では)なわけでPのゴリ押しだ!と言いたくなるのもわからんではない。アリーシャ好きな人は尚更でしょうね。

 世間の酷評ですが、アリーシャ好きの八つ当たりとロゼっていう前評判低いキャラのでばりに対する苛立ちとかが殆どの様に見えますけど、テイルズをやってきた人達は戦闘のメンバー固定と神依のチート、フレームレートの微妙さ、無駄に広いのに何も無いマップ等、キチンとした理由で批判してますよ。アリーシャアリーシャ五月蝿いのは事実ですが、シリーズ中でゲームとして駄作なのは僕も同意ですし。もう既にやっててキツいです。シリーズ初、クリアせずに売るかもです。

 なんかグチャグチャしちゃいましたが今作は珍しく世評と同感な作品でした。とりあえず使いたいキャラがいないとツラいので藤島さんにはしばらく休んで頂きたいです。 乱文、失礼しました。

- うに - 2015年02月10日 19:45:31

確かにただ抜けるっていうのがつまらないってのはありますね。おっしゃるとおり、今作は発売前からキャラデザが酷かったですからね。。。私は奥村氏のキャラデザは好きなのでアリーシャだけは好みでしたけど、スレイとロゼは・・・馬場Pのごり押しで藤島先生はもう書きたくないといっているところに突っ込んだとかいう噂もありますね・・・本当かどうかは知りませんが。

戦闘に関しては今のところ特技、奥義ともに少なく行動がワンパターンになりがちなのですが、だからこその旨味は感じます。記事中でも書きましたけど、しっかりと状況把握をしてからの対応回避などです。Gなどはなんとなく動いているだけで対応回避になっていたりしましたが、それがしっかりと確認してやれている感じです。

パーティ編成に関しては擁護のしようがないですね。TOX2の悪いところとしてルドガー固定というのがありましたけど、だからこそその他メンバーはダレを使っても回復が使えるといったユニークさと万能さをもちあわせていたのが救いだったのですが、TOZは完全に固定というのはまさかの展開ですね。

カムイも前提すぎるのと、成れば強すぎるし、成り続けるというのは何故今までOVLで一時的に強化というのをやってきていたのを壊すのかというのを感じます。

一応DLC以外の着眼点の感想をさらっとみてみましたけど、書かれている点が確かに批判点に挙がっていますね。逆に言うと安心しました。こうなったことで恐らく今後は改善されるでしょうから。カメラだけは技術的な問題でしょうけど、他はセンスの問題でしょうし。というか、カメラってMH4の壁際カメラでコナミの特許なくなったんじゃないかって話だったのにどうしたんでしょう。

- 時雨 - 2015年02月11日 03:12:36

どうも、時雨です。

私も使えるキャラクターが多いことには越したことは無いと思っているのですが、ストーリーとしてプレイヤーキャラが離脱(理由はどうであれ)、死亡などがいけない、作ってはダメって感じにはして欲しくないんですよね。そうなると物語として幅が狭くなってしまうので。

基本的には私もDLCに関してはそこまで批判的では無いです。
ただ、個人的には金銭的な事に目が行くので、どうしても欲しいものなら買うのですがもう少し安かったら買ってたというのも少なくはないんですよね。

キャラデザについては、私はFFとかほとんどプレイしてないのですが、FF7発売したあたりでキャラデザを何かで見た事があって・・・これはちょっと、と思っていたところ友人に勧められてプレイしたのですが、キャラデザとゲームのグラフィックのあまりの違いに驚いてからというものゲーム内でのグラフィックしか気にしないようになったので、それからはあまりキャラデザ意識してないんですよね。(魅力があるかどうかは別として)

キャラ編成については色々組めればもちろんそれでいいのですが、テイルズのような感じの戦闘だと他のキャラクターを自分が使えればあまり文句はなかったりします。
これが、スレイしか使えないとかだったら不満に思ったかもしれません。
ただ、他の天族が居るのに人間が主人公だけだと2人でしか戦えないのはどうにかして欲しかったかもしれません。

ストーリーに関しては私の楽しみ方としては大きく2通りありまして、単に設定とか詰まっているのを何も考えず楽しむのと、逆に穴が開いているからこそ自分が考えて埋めていく感じで楽しむのとありますね。
ちなみに今作はもちろん後者なのですが、穢れについてはライラが「悪人であること=穢れるというわけじゃない」とスキットか何かで説明していたので、単純にロゼに関わらず他にもそういう人が居るのだと思います。
私の大まかな見解としては「心に隙がある、迷いがある=穢れる可能性がある」という風に思っています。

また、ロゼが神威化できる(天族が突然見えたりも?)というのは、おそらく本人は気づいてない(もしくは何となく気づいてた?)かもしれないのですが、デゼルがずっと一緒に居たのと、憑依を繰り返してきたこと、それに加えて主人公が未知のものと戦っているのを見たことがきっかけとなって発現したのではと・・・結果従者になった事で憑依に馴染んでいたのが神威化として発現したのかな、と私は思ってます。(ただの私の推測なので無理があるかもしれません)

とまぁ、こんな感じで分からないところとかは勝手に自分で付け足していくものですから、よほど中身が無いとかでなければ大抵のストーリーは楽しんでしまう自分が居ますね。


今回も長くなりました。
本日は戦国無双4-Ⅱの発売日&仕事が丁度お休みなので、楽しんでみたいと思います。

- こーせき - 2015年02月11日 22:56:44

こんばんは。時雨さんの意見を見て、この場をお借りして言います。っていうか御久し振りです、時雨さん。んで本題↓
 
 別に「死ぬな」「離脱するな」ではなくストーリー上必要な物は別に構わないのですけど、プレイアブルであったキャラだと使ってた人は困りますし、序盤で離脱ならゲスト扱いでNPCでも良いのでは?と思ってしまいまして。っていうかストーリー的に普通の人間なアリーシャがあのパーティでどういう立ち位置になるのかちゃんとした方が幅が出たと思うのですが。
 それにGE2のロミオとかも使ってた人は困ってましたし、結局後で使えるように調整されましたしね。これは関係ないか。

 キャラ数はやはり多いに越した事はないので人間2人はちょっと制限キツいですよね。ルドガーを例えに出したのは確か変身しか打開できない戦闘があったからです。変身すれば有利になるけど他のキャラでもどうにかはできるよ、程度にして欲しかったんですね。

 ストーリーに関して少し厳しくなったのは僕は「皆さんに委ねます方式」が嫌いだからです。エヴァとかもそうですね。ストーリーにはテーマがあって、製作者としてはこういう答えを出しました。と一応言い切ってほしいんですよ。それに対して同意なのか別の答えなのかをこちらで考えたり議論したいタイプなのです。
 なので「曖昧な所はご想像にお任せします」だと詰めきれてない言い訳に思えてしまいます。それで少し暴言になってしまいました。ストーリーやテーマ(ついでにメインヒロインも)を製作者側がキチンと定めず、好きに捉えてと言うならスカイリムみたいにしたらいいんじゃないかなぁって。まして今まで一応ストーリーを大事にしてたシリーズですし。例えばエターニアのシゼルとかが何で暴走しちゃったのかは定かではありませんでは通らないでしょう。
 
 今作のロゼもぽっと出て神依できます、天族わかります、人を殺めてますが罪の意識ありません、で特に理由は無いっていうのはちょっとなぁ…と。せめて製作者側のキャラ設定くらいあるでしょう?この辺も元はアリーシャだった所をごり押ししたのではと言われてしまう所以ではないでしょうか。あとやっぱり普通の人間1人いた方が絶対面白いと思うんですよね。
 穢れ云々こだわるのに暗殺をあの面子が結果的に容認してるっぽいのも、ちょっとテイルズの主人公勢としてはどうかなぁと感じてしまう次第です。ユーリとかは悩んでたんですけどね。「殺して当然だから(ケロッ)」みたいのはどうも…。迷いさえなければ殺しも問わない、というのが製作側のメッセージという事でしょうか。

 別に噛みつきたいわけではないのですがw 僕はこういう経緯で批判してます。というだけです。つまらんと言いつつ、こういう話するのはやっぱ楽しいですね。それでは、場をお借りしまして、失礼しました。

- 時雨 - 2015年02月12日 02:41:56

こーせきさん、どうもです。時雨です。

物の楽しみ方っていうのは人それぞれなので、批判してる方々の言ってる事も私自身分かってはいるんですよね。私自身がそういう考え方をしていないというだけですからね。

今まで一応キャラが離脱する、死亡するといった感じの時は・・・大体別ルートなり他の方法だったりで加入のままだったり、再加入出来たりっていうのは確かに多かったと思います。もしくはどちらかの一方を選ぶことが出来るとか。(FF7のエアリスは戻ってきませんでしたが)
普通のADV系とかは味方サイドとか結構死んだりとかあったりするので、それをRPGとかにすると悲惨になりそうですよね。

初代グローランサーをプレイしていた時は、カレンというキャラをパーティに入れていたのですが・・・途中で何者かにさらわれ、一応助けることは可能なのですが私は初プレイだったので助けることが出来ずに死亡宣告されたり何てこともありましたね。
最初なので助けられる事すら知らなかった私は、ストーリーとしてそれを受け入れて普通に続行してた記憶があります。
アガレスト戦記とかは、確か主人公とヒロイン3人が一章ずつ変わっていくというスタイルだったような気がします。
一応ホムンクルスみたいのでキャラ自体は使えるようになるのですが、そもそもストーリーに絡んでこないのでストーリーそのままのキャラ使ってましたしね。

まぁ何を言いたいかといいますと、おまけとして後でそのキャラが使えるとかは良しとして、ストーリーとしてはストーリー準拠でプレイしたいと思っているんですよね。
なので、今作だと後でDLCで後日談発表があったわけですが、そこでアリーシャが使えるという形なんですよね。
これが、例えば最初から後日談ではアリーシャが主人公のストーリーがありますよって言われていたら評価としてどうなっていたのかな、とも思うんですよ。(DLC今日から無料だったような)

パーティ編成は確かにわざわざ人間2人、天族2人固定にする必要性は無かったとは思いますけどね。
人間1人の場合、天族1人しか入れられませんし・・・すごい不満というわけではないのですが、普通に4人パーティで良かったと思います。

ストーリーに関しては難しいですよね。何をコンセプトにしてるかで大きく違いますし、私みたいな楽しみ方を他の方が全員できるわけでもないですからね。
元々私が推理系とか、考えさせられるようなストーリーというのが好きだったせいか、どんなものでも基本的に色々考えながらストーリーを楽しむのが好きなものですから。

穢れとかに関しては、こういうとちょっとどうかとは思うのですが・・・普通の人間は穢れて当たり前の存在なんですよね。
普通は何かしらの犯罪をしようとしていれば少しでも罪悪感があって当たり前ですし、いくら決断しなければならないとはいっても何も考えずに即断はできませんからね。
つまり、逆に言えば主人公サイドっていうのはそもそもが普通ではないわけで、レディレイクの地下の導師育成部屋の存在を考えれば、それぐらいの異常な状態を克服するような人間でなければ導師になれないわけですから、そもそも普通の人間が付いてこられるわけが無いのではなかろうかと思ったりしています。(何故こういう感じのを作ろうとしたのかは私は分かりませんが、何故かオ○ムなんとか教とかを思い浮かべてしまったり)


私自身は議論とかは好きなので大丈夫です。
人によってはただ単純に相手を否定したり、揚げ足取ったり、レッテル貼ったりする人が居るので、そういう人とはそもそも話が出来ないですからね。
それでは長文失礼しました。

- うに - 2015年02月14日 09:33:43

おはようございます。実はアリーシャ云々の話は実はそこまで進んでいないとわかりました。現在私の進行状況は初めて秘奥義習得したあとに、ロゼの隠れ家の遺跡にはいったところでして、まだまだアリーシャがどのようにパーティから完全に外れるのかというのをわかっていませんでした。

時雨さん、戦国無双4-2すごくあれなかんじらしいですね・・・情報をきくかぎり、なんでそんなものをフルプライスで出したんだとおもってしまします。

こーせきさんのおっしゃるとおり、GE2のようにクリア特典などでアリーシャは別枠として使えたらよかったというのが一番かもしれません。テイルズにはグレードシステムがありますし、過去にもリバースで最初から全キャラ解放とかやっていましたし、カムイができないけどオマケでも使えれば絶対に変わっていたでしょうね。

ストーリーやアリーシャの扱いがどうあれ、許せないのはゲームバランスですね。これだけはゲームを楽しんでいるモノとしてはあり得ないです。これで納得するのは本当にスレイだけを操作してキャラとストーリーを楽しむ人だけでしょう。。。なんでこんなことになってしまったのか。完全版なり、PS4版が出たなら確実に改修してほしいところですね。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。