スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの4年目と2014年を振り返って

あと、数時間で今年も終わるわけですが、先日の12/24に、このブログも丸々4年を迎えたりしました。

今年の一番のやってやったとおもったことは2年ほどのスパンを使いついにマブラヴ オルタネイティブをクリアしたことでしょうか。実は早速次のノベルゲームに着手していたりするのですけど、これはまた後日。

そして、この2014年というのはゲーム界にとってはかなり不遇の年だったというか・・・いや、私が選り好みしていたせいなのかもしれないですけど、やはり「ガッカリ」な年であったように感じる。本当に簡単に書いてしまうと、殆どのゲームが少し遊んだだけでわかってしまうくらいに味気がなく、深みがない。それこそPCのマニアックなゲーム(BlackGuardsや、Might&Magic Xなど)のほうが余程味付けがシッカリしていたというもの。

個人的な理由からブログの更新だけでなく、ゲームの時間等も大幅になくなっており、そういうところからも短い時間であっさりではなくガッツリ味付けの濃いゲームを遊びたい。そして年々感じてくる、旨みのないゲームはすぐに飽きてしまうという事。

以前の私であれば、延々とレベルを上げるゲームや、とにかく強くできるゲーム等でとにかく爽快感を求めるなど、やりこみといっていいものかどうかわからないけれど、ゲーム性が浅くてもそれは楽しめていた。それに対して最近は延々とレベルを上げられて余裕でクリアするよりもギリギリを楽しみたい、というような趣向に変わってきているのを感じている。

それでもやはり日本産のメジャーなゲームはそうじゃないように作られていて、やっぱりそういうものは手は出しやすい。日本では携帯機が主流であることもあってPSVITAは大活躍した年でありました。

そのことから先日書いたガンダムブレイカー2、こちらも最初の熱量こそ高かったものの、だんだんと粗が見えてきて、最初の熱が高かった分、ゲームを考察していくと「なんていうゲームデザインなんだこれ」という考えが出てきてしまいまして、やはりGOTY2014の座はサモンズボードから奪うには至らなかった、という事になった。このことに関しては熱弁をふるいたいので、別に書き起こすつもりではあります。

色々考えて2014年はゲームを選び遊んできたのですけど、上記の短時間ながらもガッツリという方向性を求めていくとSRPGなんかが良い方向性をもっており、SRPGが楽しいなぁと感じた年でもありました。

GOTY2014はSRPGといっていいものかわかりにくいけれど、サモンズボードが取った。そして、次点を挙げるなら第三次スパロボZ時獄であり、天獄篇も楽しみなところ。それかコマンドRPGというような、伝統的なゲームスタイルを1周回ってきて楽しんだ時期だったりした。

2015年にはそろそろ各社本腰をいれてPS4世代にシフトしてきている印象があり、携帯機などでもやっとPSPという枷を切り離してきていて、やっと最新機種をもっているというありがたみを体験できるかもしれない。早々の1月からデビルサバイバー2ブレイクレコードや、2月にはゴッドイーター2レイジバーストと、私にとってはうれしい年の始まりになりそうです。

そんなこんなで今年はこれでおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。