スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTY 2014、そしてKOTY 2014

今年も沢山のゲームがリリースされ、ゲーマーとしては嬉しい限りだった。しかし、残念ながら今年はあまりゲーム自体を買えなかった、買わなかった。理由は様々あるけれど、2014年に関して言えば新作は殆ど遊んでいないといってもおかしくない。それでも月に一本は買っている筈なので、例年に比べ新作を遊べていない、というところだろうか。

そんなわけで2014年に出て、遊んだタイトルの中から選抜した自分的GOTYを選ぼうと思う。


条件は上記の通りで、2014年にリリースされたもの限定。

RPG
Might & Magic X -Legacy
キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-
龍が如く 維新!
ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―
ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印
ドラゴンエイジ:インクイジション
ファンタシースター ノヴァ

SRPG
魔界戦記ディスガイア4 Return
NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇

ACT
戦国BASARA4
戦国無双4
フリーダムウォーズ
討鬼伝 極
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
モンスターハンター4G

FPS
KILLZONE SHADOW FALL
TITAN FALL


と、色々とあるにはあるのですけど、あまりゲームを買わない年でした。生活環境の変化、それに伴い、ゲームを遊ぶ時間がかなり減り、遊べない日のほうが多くなる。それ故に”買っても遊べないし”という感情が生まれることにより、新作を買うよりも旧作、溜め込んでいたゲームをクリアまでプレイするほうが多かったのかな、という感じでして、更に言うなら今年はわりとハズレの年と感じていて、どれもべた褒めするには至らない作品ばかりだったように思う。

だからこそ、選ばれたのはゲーム機ではない(スマートフォン)ゲームの作品の

サモンズボード

が、今年のグランプリだ。

上記にないのはお金を出して購入ではなく、基本無料の為。合わなかったら即捨てるという事ができるからこそ、その中で見つける事が出来た作品。

簡単に説明するなら4x4の盤面で行う基本形最大8駒を使った将棋RPG。矢印の方向に動くことができ、そちら側に敵がいたなら殴り合う、というシンプルなものだ。将棋というのはあくまで一般的にいうなら、というたとえで、私は始めた頃の感覚では"FF8,FF9のミニゲームのカードゲームのカードが移動できるシステムになったもの"という印象だった。

では、ミニゲームレベルなのかというと違い、実はシッカリとしたゲーム性と取っ付き易さで好印象。

今年のはじめ頃にリリースされていて、その頃は殆ど無料でガチャを引かせない運営だったけど、今はそれなりに無料で遊ぶことができる。
そして、定期的に行われるイベントなども楽しいものもあり、プレイする意欲が湧く。ネトゲに分類されるだけにバランスの調整、キャラクターの進化等もおこなわれ、いつか使おうと溜め込んでいたモンスターたちでも活躍の場を見ることができる。

フレンドという概念がないので、全て自分の実力だけでクリアしなければならないという辺りも凡百のスマゲームと違うところではないだろうか。ボスにも特徴があり、敵味方共に毎ターン行動するのだけど、○○北方の型など、ボスは毎ターンそれぞれ違う必殺技を撃つための矢印の方向を変えてくる。それに合わせ技を食らわないようにしながら、とか、これはくらうけどここに移動しておけばボスはこの後こっちに移動するはずだから、とか、こいつは右方向の必殺技には気をつけないといけないからそっちにいかずに。。といった戦術が生まれる。いわばマップの狭いSRPGの感覚なのだ。

私は今年は個人的にSRPGの年だと思っていてすごくSRPGを遊ぶことが多かった。上記で挙げられたソフト達だけではなく、例えばドマイナーなPCのストラテジーゲームだったり、RTS作品、特にRTSは一時期ブログにも書いたくらいで、ブログにも書いたSRPGライクな戦闘のラジアントヒストリアだとか、ガチガチのSRPGであるファイアーエムブレムを遊んでみて、SRPGの良さを痛感したのだった。

で、手元でも手軽にSRPGを遊べる、遊んでみたいという感覚を満たしてくれるのが、サモンズボードであり、是非これを見て興味をもたれたのならサモンズボードを遊んでみてほしい。私の周りでも嵌ってくれた人が何人かいるので。
というように、無料だから勧めやすい、というのはスマホゲーの一番の強みだなぁ。と、感じる。それになによりSRPGってCSやPCのようなハイスペックである必要性はかなり薄い・・・だからこそ、ベストなプラットフォームなんだと感じた。

今年は例えばドラゴンエイジにしてもORIGINSの名残はなく、独自のシステムで発展しており、望んでいたのはこれじゃないということが多かった。MH4Gや、ファンタシースターノヴァもブログには書いていませんけど、やってはいる。しかし、シリーズを経験してきたから、これらもそうじゃないと思う事が多かった。これらはまた詳しく掘り下げる事が出来る事を願ってブログの運営をやっていきます。アクションゲームでもスマッシュブラザーズ(スマブラ)を64以来のプレイとなり、購入してみたけれど、1日で売却するという酷い出来だったなど、酷いものもたくさんあったのですけど。。。

さて、ではGOTYを決めたというならKOTY(クソゲーオブザイヤー)も決めないといけない、不名誉な証。そのタイトルは

討鬼伝 極

これ以上はないだろう。そして語り継ぐべきクソゲーだ。ちなみに2chで決めるKOTYは”物好きが、クソゲーを追い求めて決めている”のに対して、私の場合は”これは面白いだろう”の感覚で購入するので、決して”クソゲーを望んで買っているわけではない”というのを書いておかなければなりません。

もう発売日から数日後のブログにも書いてしまったので、特筆するべきことはないけれど、何故こんな単調なアクションしかできない味方キャラで、ただただ硬い敵を30分も殴り続けなければいけないんだ。というのが味噌で、アクション自体が面白かったり、戦闘におけるシナリオが抑揚を生んでいれば何も問題ないのだけど、単調なゲームプレイにおいて30分戦い続けるのはつらすぎる。

このバランスを取っておいてプロデューサー曰く「最高のバランス」等とインタビューで答えていたようだ。それだけこだわりがあったのならそのままにすればいいものを、やはり不評が多かったのか、1ヶ月後には同じような状態で敵に挑めば30分かかっていたのが15分になるというようなパッチをあててバランス調整をしていて、そのブレブレ感にも苛立ちを覚える。全てにおいて最悪なゲームとなってしまったこのゲーム。恐らく完全な続編になる2も発売されるのだろうけどユーザーがどの程度ついてくるのか見ものである。

GOTYがまさかのスマホゲームになってしまったというのは自分でも残念だし、見ていただいた方も、はぁ?と思われる方もおおいかと思うのですけど、こればかりはしょうがなくて、全てPS3→PS4やPSP→VITAというような転換期のせいだったのかもしれない。やはり下のハードにも合わせられるとやりたいことも出来なくなるのでね。だから"オレはわるくねぇ!オレはわるくねぇ!”とだけ言わせていただく。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。