スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦へ マブラヴ オルタネイティブ

前回の記事からそれほど進めれてはいないのだけど、大きな戦いが終わった途端、恐らくクライマックスだろうというところに至った。まだ終わるのかどうかはわからないのだけど、これがクライマックスでなければいつクライマックスというのだろうか、というほどの局面だ。

横浜基地襲撃では、かなりの絶望状態と、激しい演出が凄まじく、久しぶりにノベルゲームでココロが燃えたかんじで読み進めた、完全に2Dのゲームだと思っていたらいきなりポリゴンを使った3D演出が入ってくれば、それは紙芝居なんて揶揄されるノベルゲームとしては異色にかんじる。

そして美月と遥が逝ってしまった。

二人ともマブラヴの前身であり、マブラヴの数年前が舞台の「君が望む永遠」のヒロインであるのですけど、私はそのゲームでは美月が好きでした。そのゲームでも相当驚いた展開をさせられた。気づけば、マブラヴの系譜のゲームにはどれにも驚くべき部分にまんまと嵌っている気がする。しかし、今作のマブラヴオルタネイティブでは美月はヒロインではないので、あまり良いところが見えないのですけど、それでもA-01部隊では一番魅力的ではあった。長く付き合ってきたとはいえ、マブラヴのヒロインは純夏以外それほどパワーを感じない。

最後の美月の言葉で、この世界は前述のキミノゾにもつながっているんだなぁとしみじみ。キミノゾの主人公はこの世界では死んでおり、二人でキミノゾの主人公に会いに行こう、なんて演出はやはりグっとくるもの。

これから恐らく最終局面。若本規夫氏による、演説演技が若干ニヤニヤを誘いますけど、熱い展開。果たしてこのゲームの最後はどうなるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。