スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後語られるべき作品 ラジアントヒストリア

ラジアントヒストリアをとりあえずクリアした。本当のエンディングを見るならサブイベントを多くこなさなければならないのでそこまではやる気も起きない為に一応のエンディングで終了。

一応のエンディングでも充分いいものだったし、寧ろ完全なハッピーエンドだとか、バッドエンドだとかよりも好きな展開かもしれない。

ラストまで惹き付けるシナリオ。システムを使いすべき戦闘システムと、かなりシッカリとまとまっていた。高評価なのもうなずけるというもの。正直なところ、ルートダブルが肩透かしだっただけに凄くいいゲームをした。という爽快感がある。

ラストバトルがシステム無視の単なるパワー勝負かつ、アイテムを沢山持っておくべきだという、なんとも古臭い殴り合いになっていたのは残念だ。前座こそ真のラストバトルといいたいくらいシステムの有効利用だった。

このゲーム、余りにも売れなかった為続編の期待や、既に発売してから4年も過ぎているため、今から普及するのは期待薄だろう。リメイクするにしても元の売上自体がないのではリメイクの企画すら通らないだろうし。しかし、これは本当に今後ゲームの歴史に残されて欲しい作品だ。

現在セガサターンの名作といった話が出た時にマイナーだけど面白い作品を語るように、20年後DSの名作を語れという時に名前が挙がっていて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。