スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルートダブルBefore Crime After Days  非常に"らしい"作品だが中身は

本作はXbox360でのオリジナルを元に、その後PC、PS3、そしてPSVITAと移植、+αされてきたノベルゲームである。殆どのハードに跨っているので、もしかするとPS4等では1080p対応などという触れ込みででることも考えられる。そして今回購入したのはPSVita版。現在半額セールにて2800円程度で購入できる。

さて、このノベルゲームは中澤工氏がディレクション、脚本を担当している作品ではあります。中澤氏というと私の中では未だにノベルゲーム筆頭にあげたいEver17を打越氏とならび担当していることから、名前を意識してプレイする一人ではあります。

このルートダブルは結構な既視感と、設定のありきたりさにそろそろ限界を感じた作品だった。といっても、実はまだBeforeルートとAfterルートのうち、Afterルートの超絶バッドエンディングしか見ていないのですけれども。しかし、そこにたどり着くまでにも十分に被りが見られる。

氏の作品であるEver17のそれとよく似ている。事故が発生したヘイサクした空間からの脱走劇、そしてそれに紐づくかたちで起こる不可解で、伏線の張られた殺人事件。私はまだまだノベルゲームの経験は不足していると思いますけど、そんな私でもデジャヴュを感じる。これを強烈に感じたのは以前このブログで書いたシークレットゲームがドンピシャとはまったのだった。そして、実は当時はそれを意識せずに遊んでいたのですけど、実はシークレットゲームも中澤氏だったことに納得。

シークレットゲームはEver17よりも強烈にデジャヴュを感じるほどのもので、殺人、閉鎖空間、強烈なルールなど。まさにルートダブルのそれと駄々被りでした。詳しくは書きませんが、ちょこっと設定が変わっただけといっても過言ではなく、ここまでの感想では正直なところ凡作がいいところではないだろうか。

といいながら、やれるときは常にやっている程文章を読み進めていますので、熱中度は高いのですけど、先の読める展開に対しての+αがあまり感じられず、名作の皮を被った凡作というべきでしょうか。

特徴的なシステムとして、選択肢は存在せず、その場の考えを現すセンシズといわれる、バロメータを操作してAさんとBさんの言い争いに対し自分はどちらにどれだけ肩入れするのかというような調整をするようになっている。これは話だけきくと、何通りにも派生しそうだけれど、これも結局は3択くらいにしかなっていないんじゃないかと思っており。ハッキリいって選択肢のほうが楽でいいのではないだろうか、と思っているのは少々ひねくれているでしょうか。

文章のバランスがよく。セリフと状況説明の割合がちょうど私の感覚にあっていてスイスイ読み進めてしまうので、苦ではないのですけど、最初の数時間はまだ何も動かないかというので退屈ではあったのです。途中から面白さはあがりましたけど、そうなったところでバッドエンドでしたのでキチンとトゥルールートに行く必要があるでしょう。

Ever17と並ぶほどの名作!といわれている本作は今のところは打越氏の作品でも低評価の12Rivenを下回る感覚です。出来る間は常にやっているという熱中度はふたつとも同じなのですが、遊んでいる最中にどうなるんだ、ワクワクというところの勝負でいくならば、やはり打越氏の作品には劣っているように感じる。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。