スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システムを使いきってこその少人数RTS Aarklash Legacy

Aaklashは主に戦闘だけを扱ったストラテジーゲームだ。資材の確保や何かの建物の建設など、難しいことは考えなくていい。戦闘でどのように4人のコマを動かすだけかに注力したゲームである。ちなみに先日のsteamセールで面白そうだったのでポチっとやってしまった。

そんなわけで買ってから早速遊ぶなんてめったにない事なんですけど、最近RTSにもはまっていることもあり早速プレイして雑感。まずこのゲームは難易度がNORMALでも敵がガチガチに殺しにかかってくる。前衛2人、後衛2人という典型的なパーティ構成を使い戦闘をきりぬけるのだけど、スキルがどれもユニークで面白いものになっていて、それらのスキルと果ては場所移動という、使われないシステムであることも多い「移動」が重要なシステムとして存在しているのも、このゲームが無駄のない要素で固められたゲームであることが言えるでしょう。

スキルをいくつか紹介すると、前衛ではよくあるターゲットのヘイトを高めるもの、数秒の間リジェネレイト、3回まで攻撃が倍増する、範囲内の敵味方問わず転倒させる、直線状にいるものを回復する(敵に当たれば敵が回復する)、味方のHPを犠牲にし自身のMPを回復させる。など、これらどれがかけてもいけない状態になっている戦闘ゲーム。

特に移動が重要だというのは上記にある範囲転倒や直線状のものを回復するというスキル。これらをスペースで時間を停止し、適切な場所に移動してスキルを打つというような具合に移動が非常に重要になっている。ぶっちゃけてしまうと、4人それぞれが4つのスキル、合計16のスキルになるのでバランスがよくて当然といえば当然なのだけど・・・。スキルツリーと称しているものの、ツリーではなく、単なるパワーアップでしかないのも少し残念なところではあります。
WS001153.jpg


飛びぬけてグラフィックが美しいわけではないけど、PCゲーマーに訴求するにはクリィテカルな絵作りなども印象がいい。

多くの軍勢を操作するRTSもいいけれど、こういったRTSというべきなのかAD&Dルールの派生系みたいなものもやはり面白いものです。

右上の敵が詠唱を開始!
WS000418.jpg
敵に近づき
WS000419.jpg
魔法の範囲を確認、発動セット
WS000420.jpg
発動、敵は転倒
WS000422_201406281520278a6.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。