スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRPG好きで世界樹未経験ペルソナシリーズはイマイチに感じた人間の ペルソナQ シャドウオブザラビリンス

タイトルで全て書いてしまいましたけれど、私はこのブログでも有名なものから、マイナーなものまでダンジョンRPGを扱ってきたので、それなりにダンジョンRPGは好きな人種であるといえるでしょう。特に好みなのは1戦に重きを置いた、戦術が大切なものになりますが、今やそれの代表格といわれる世界樹シリーズは体験版をプレイした上で微妙と感じ。ペルソナシリーズは1~4まで全て遊んではいますが、1と2は途中まで、3と4は悪くないゲームだけど好きでもない、しかしクリアしたという経歴を持った上で先日発売された、ペルソナQを購入してみた。

前おきが長くなりましたけれど、このような人間にどのようにこのゲームは映ったのかというと、思ったよりもイイ感じであった。期待以上という感想がベストなものでしょう。

今作はペルソナ3、4のキャラが総出演する所謂お祭りゲームではあるのですけど、しっかりと作りこまれたダンジョンRPGでもありますので、どちらかというとダンジョンRPGを楽しむ為に購入したというのが理由となる。

さて、ペルソナの3と4がイマイチに感じた理由は複数ある。
・キャラクタの会話が多い
・コミュニティという仲が良くなるための作業感
・弱点を突くだけに終わる戦闘システム
・ストーリー部分が明るい為あまり面白みを感じない
と、これが私にとってイマイチだった理由ではあるのですが、世間とのズレを感じたのは上記の理由がペルソナ3、4好きには大好きな要素だったというようである。そんなわけで、3,4の本編自体はあまり好きではなく、特に4は憤りを感じるほどに嫌いなゲームだった。

ペルソナシステム
それらを踏まえた上で今作を購入しようとした意図はダンジョンRPGだ、という以外にも、味方キャラクタが汎用悪魔を召喚している、悪魔合体といったおなじみのPVを見てしまったからだ。つまりこれは「自分なりのパーティが作り出せる」というものだと感じた。

蓋を開けてみると、メインペルソナは固定、つまり火が弱点のペルソナを持っているものはずっと火が弱点であること、氷の魔法を使える、などいわゆるキャラのユニークな特徴になる。これは3、4では当然だったシステムで、これらを自由に付け替えることが出来るのは主人公だけだった。のだけど、ペルソナQでは全員のキャラクタがサブペルソナとしてもう1体つけることができる。他のゲームでおきかえて話をするならサブ職業のようなものだ。

火が弱点で、氷の魔法が使える。そんなメインの職業でありながら、サブで風の魔法が使えるものをつけたり、雷の魔法が使える職業をサブでつけることができる。いつでも付け替えは可能。しかし、あくまで火が弱点で氷の魔法が使えるというのは変わらない。

うまいシステムだと感じた。全員がなんでもかんでも付け替えてしまうなら特徴が・・・という懸念がPVではあったのだけど、選択肢が増えたという程度におさまっており。これは先が楽しみになってくる。おまけにサブペルソナも成長するため、メインペルソナ+サブペルソナの成長ということになり、通常の2倍レベルアップが楽しめるのもいい快感になっている。

戦闘
さて、それらのペルソナを使っての肝心の戦闘であるのですが、本編3,4では弱点をつけば、敵がぐったりし、全部の敵がぐったりしたところを全員でラッシュをかけるという基本があったのですけれど、これはもうメガテン4でも感じた弱点つきゲームになっているのだった。確かに爽快感はある、けれど戦術性のあるバトルが出来たかという微妙なところではありました。

それを世界樹の迷宮のような戦闘システム+ペルソナの弱点つきでどうなっているのかというと
・弱点をついて敵がぐったりするのは確率
・弱点をつけばブースト状態になり、次のターンの行動は最速行動+消費なしで魔法、技がつかえる、しかしダメージをうけると効果はなくなる。
・全部の敵をグッタリさせてもラッシュになるわけではなく、たまに発動する
と、色々と弱点をつくのは重要だけど、テコいれされており。弱点をつくのは前提だけれど強すぎる。というものでもなくなった。

中でもブースト状態はやりすぎと微妙すぎるという効果の中間であり、難易度がハードでプレイしている私にとってはなくてはならないものになっている。メガテンシリーズの戦闘の中で優れた戦闘システムは女神転生ストレンジジャーニー、デビルサバイバーを挙げる私ですが、それらに匹敵する今作のブーストシステムであるだろう。最速行動ではなくてもよかったかもしれないですけれども。

でも、このブーストは非常に重要で難易度がハードなので戦闘がキツイ為、弱点をついた後に次のターンで無料で回復魔法で回復するといった事が必要。何故なら宿屋的存在が非常に高価なため、そう簡単に利用できないからだ。常に金欠状態。難易度ハードというだけはあるものだ。

マップ
今作はダンジョンRPGであるが故に正方形の穴埋めが発生するわけですけれど、世界樹の悪しき風習のため、マップを自分で書くというのをやらされる。これが非常に面倒で、私にとってはダンジョンRPGはちょっとずつ進んでいく楽しさに面白さを見出しているのであって、方眼紙にダンジョンを書いていた古きゲームの楽しさは面倒でしかないと感じているのだ。

しかしながら、今作はオートマッピングというのが採用されており、世界樹の迷宮では壁からなにまで全て書かないといけなかったことに対し、壁くらいは書いてくれるので、扉とかオブジェクトみたいなものを配置するだけでいいのは改良だ。これくらいなら面倒くさがりな私でも出来そうである。

素材システム
このゲームは普通のRPGと違っていて、敵が素材を落とす。それを店にうってAというアイテムが5個売ればショートソードが売られるといったシステムが採用されている。世界樹の迷宮の体験版をやったときに一番不快に感じたシステムでしたけれど、今回は「そうである」という事が事前にわかっていたので、受け入れられた。

音楽
またこのタイプの音楽だ。戦闘BGMに歌はやめてほしいもんだけれど、ペルソナ好きには好評なのでもはや気にする気もなくなってきた。BGMはガチガチのゲームミュージックが好きであるが為に、それを音楽CDとして聴けるタイプであることは望んでいないのですけど、購入前からわかっていたことなので許容範囲でしょう。

ストーリー
まだ、出だしであり、何もわからないですけど、ペルソナ3のような暗い雰囲気ではなく、どちらかというと4のような明るいキャラの会話が目立つ。どちらにしろストーリーには興味がないので、とりあえず話を理解できるくらいには見ている感じなので、これは評価外でもある。

グラフィック
予想以上にひどい。PS1の頃のゲームのようである。特に求めてはいなかったけれど、予想以上にダメなのはよくない。

さて、ここまで書いていいところも悪いところもありましたけれど、戦闘関連に関しては十分に楽しめそうで、難易度もちょうどいい塩梅。まだひとつ上の難易度である、Riskyがありますが、主人公が死亡でゲームオーバーである、難易度が自由に変えられなくなるといった事があり、それはあまりにもリスキーなのでやめておいた。

ペルソナシステム、ブーストシステムと戦闘に関連するシステムが巧い具合に活きているのはほぼコマンドRPGを作ってきたゲームメーカーだけあるのではなかろうか。RPG好きにはオススメである。逆に作品のファンからすればどうなのかはわからない。

ペルソナ4の主人公に関しては名前を入れる際に面倒くさいので石田純一といれた男のプレイ感想は以上。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。