許せるDLCやサービス PSO2

ゲームは相変わらず遊んでいるのですけれど、最近あるゲームに嵌ってしまいあまり多くのゲームに触れられていない。それがいまさらになってプレイしたPhantasyStarOneline2。

知る人は人生を狂わされたという事も聞く、いまさら語る必要もない、有名オンラインゲームの続編。かくいう私もFF11によって非常に無駄な時間をすごしてしまった。ネットゲーム黎明期の時代にはどれもこれもきらびやかに見え、とてつもなく楽しかったのだ。ちなみに、PSO2前作にあたる、PSO BB(ブルーバースト)は少し遊んでいたが、あまり嵌れなかったし、すぐやめたのだった。

そして、時間は経ちネットゲーム、所謂MMORPGからはかなり距離を置いていた。単純に面白いものがなかったというのもあるだろうし、時間がかかることや、最近のコンシューマゲームの出来がよかったせいもあり、そちらに時間を割くことが多かったのが理由。他に理由があるとすれば、多くの時間をかけて遊ぶネットゲームよりも、短時間(30分や1時間程度)で一回と区切るネットゲーム(言わばFPSやRTSのような)が自分の中で流行った。

面白いのがFF11をやっていた時期に私はBF2をやっていましたけれど、あまり面白くなく嵌れなかったのですが、それがずっとここ最近は逆転していて、FPSにはまる代わりにMMORPGにはまれないという状態にありました。

で、気づくといつのまにやらMMORPGは基本無料の時代が普通になった。私がやっていた当時は月額1500円は当然だったのですけど。何がキッカケで広まったのか知らないけれどいまやこれがスタンダード。まるでスマホのゲームのようである。

という長いフリがあったのもスマホのゲームであるPSO2esの存在が久しぶりに私をMMORPG(PSO2は厳密にいうとMORPG)に誘う事になった。

このPSO2es、esはエッセンスの略でありますが、つまりPSO2のエッセンスを楽しめるという簡易的なつくりになっている。しかし、これの肝はそこにあらず。PSO2との連動にあり。つまり、PSO2esで遊んだ経験値などがPSO2に移行されるカタチになっている。これは今のところかなり新しいスタイルだろう。ちょっとした休憩で遊んで手に入れたアイテムなどがPC版で使え、PC版で手に入れたものがスマホで使える、という連動に少し感動。単なるデータの移行だけとはいえ、PS4のリモートプレイや、セーブデータのアップロード、ダウンロード、こういった連動は少し未来を感じる。

そんなアプリがきっかけでPC版を久しぶりに触ってみると、クラスが増えているわ、武器は増えているわ、ともかくサービス開始時より出来る事、やれることが増えていたのだ。そもそも私はこういったハックアンドスラッシュRPGは飛びつくほど好きな人間ですので、当然といっちゃ当然でした。サービス開始当初あまりやらないままやめていたのは、結局のところ"オンラインゲームだから"が理由であり、それが何故か今はすっとその壁が取れたように感じる。

そして、何よりも課金の仕組みが巧い。別に使わなくても問題ないけれど使ったほうが楽しめる、という具合にしてあり、ここで表題にあるとおりの話題に移行できる。

基本的に何にお金を使わせられるかというとキャラクタの衣装だ。ずっと同じ衣装ばかりでは飽きがきてしまう。ですけど、500円くらいでガチャをまわすとキャラクタの衣装が手に入る。これに魅力を感じない人は当然いるだろう。しかし、私の場合、お金を払って強くなる、というよりもお金を払えばよりゲームに彩りが出るというようなものが好みのようです。

最近スマホのゲームではガチャをまわせば強い仲間が手に入るというようなのが多いですけど、猛烈にはまったスマホゲームに一度3000円ほど投入して、その時期に最強であったモノを手に入れたら、それで満足してしまい、それを使って何回かプレイしてしまったら飽きてしまった事があった。そしてお金を使わず続けているゲームのほうが長持ちするのが不思議だ。

許せるDLC、許せないDLCというのが結構ゲーマー界では永遠のテーマかと思っていますけど、オンライン、オフライン問わず一番お金を使ってしまうのが私は衣装など、見た目を変更するもの。例えばRPGなどではイベントムービーに反映されたりといった事もあり、真面目なシーンが笑えるようなシーンになったりと楽しみが増える。テイルズシリーズなどは大体2,3キャラ分は買ってしまう事がある。アクションでは無双シリーズもよく利用する。ほぼ毎回なにかしらの衣装を購入していると思う。ムービーシーンだけでなく、当然動かしている時も普段と違うのは妙に満足感がある。

逆に殆ど買わないのが、一番ゲーマーが買ってしまうであろうストーリー追加などのエンドコンテンツ拡張。これらは何故か惹かれないのだ。よっぽどはまったゲームは買ってしまったこともあったかもしれないけれど、今思い返してもすぐ出てこないほど記憶にない。

例えば無双シリーズなどでステージや武器配信がありますけれど、これらは一度として購入したことがないのが上記の毎回買う衣装との違いが現れている。他には発売時に2週間で700試合をやるほど嵌ったガンダムEXVS、この作品では操れるキャラクタ(ガンダムなどのロボット)がDLCで増やせるというものでしたが、全く興味を持たなかった。当時は700試合をやっていたわけですから、殆どのロボットを操作した記憶があるのですけど、DLCに手を出そうとはしなかったのだった。

そもそもそのゲームに嵌らないとこれらのDLCは買わないと思いますけれど、本編だけで十分楽しんでしまうせいもあるかもしれない。あと考え方によるものですけど、最初から入っていないのは何故かやる気がしない。という偏屈な考え方。コレに関しては無料でも有料でも関係ない、後付けされることによって、それはそのゲームではないというような考え方になる。しかし、衣装はその限りではない・・・・のが自分でも不思議だ。

ものすごくはまったゲーム。例えばモンスターハンターシリーズなどはダウンロードクエストというのがあるけれど、これも同様の理由でやる気がおきない。それに加え、よくあるのがバランス調整、オンラインゲームの場合は許せるけれど、オフラインゲームの場合は許せないといった事もある。

スタッフが考えて出してきた料理に、塩を入れろ、コショウを加えろといった自分の味付けにしてしまうようでいやなのだ。

いろいろと脱線気味になってしまったけれど、ともかく私の許せるDLCは衣装の配信であること。

これだけ書いていいたかったのはこの1行だったのに自分でも驚いた。これをうまくつかれ、そしてなおかつ空いた時間にスマホで遊ぶことによってPC版をプレイさせるというまんまと製作陣の術中に嵌ってしまった。PSO2自体は絶賛できるほどのものでないところもありますけど、水準以上の面白さはありますので、今後もノンビリ続けていくことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- テイルズ厨 - 2014年06月15日 20:12:31

テイルズの衣装課金はうまいですよね。
ついつい1000円分くらい買っちゃうんだよなぁ。
お金の端数合わなかったら追加課金なんかして。。

ヴェスペリアとか、ババァにコスモスのコスプレさせて喜んでたなぁ・・

- うに - 2014年06月15日 21:18:26

音楽が変わったりするのもいいですね。
最近ではアタッチメントのおかげで物語をいろんな風にアレンジできるのが遊び心があって好きです。

TOGfが一番買ったかなぁと思います。

- 留まる事、許さぬ - 2014年06月20日 22:31:15

今晩は。
俺の中で許容出来るDLCと言えば、衣装・BGM・オマケ程度のシナリオですかね。
ゲーム本編に関わるDLCで無ければ何でも良いです(DLCを買わなければ中身が無いに等しいVITAのリッジレーサーは全く許せません)。
例えば「ストリートファイターX鉄拳」はゲームの根幹であるGEMを有料DLCとして配信していますが、あれは許せません。
無双のDLCは許容範囲内です。
まあ単純に言いますと、DLCと言うのはユーザーの権利であるべきで、購入を義務化させるべきでは無いと、そう思っていると言う事です。

- うに - 2014年06月21日 00:09:57

こんばんは、連日でありがとうございます。

やはり衣装は許せますよね、結構ゲームに彩りがでますし、いかにもオマケという要素ですから、DLCとしては最適なものだとおもっています。
VITAリッジレーサーは酷いらしいですね、確かPS+で無料でもらったままやっていませんが、元々のモノではちょっとしか遊べないんでしたっけ?

どちらかというとDLCは本当に更に楽しむ為の権利だと思っていて、義務化までになっている酷いものはないと思っておりますが、最近非常に腹立たしかったのは、戦国無双4のPS4版のリリースです。発売から3ヶ月もたたずPS4版を発表。プロデューサーである鯉沼氏が「今はまだ」というふくみがあったにもかかわらず待たなかった私も悪いのですが、あまりにも早すぎる高級版のリリース発表。

これにはさすがにムカっときたものがありました。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind