スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACシリーズ久しぶりのものにもやりやすくなったゲーム ArmoredCore5 VerdictDay

ゲームをする方にとってプレイしたいゲームの周期性というのがあると思うのですが、個人的には以下のようなパターンがめぐってくる

・テイルズシリーズ
・3Dダンジョン系コマンドRPG(高難易度)
・自分にとって新規SRPG
・スパロボシリーズ
・FPSマルチプレイ
・PCゲーム(主にRTSなど)
・無双シリーズ
・3Dスタイリッシュアクションゲーム
・ノベルゲーム(ギャルゲー、硬派含む)

以上のパターンが例えば新作のゲームをやっていても合間に「あ、久しぶりにやりたい」となるのですけど今回はかなり、それも数年という懐かしさで「アーマードコアをやりたい」となったのがキッカケ。アーマードコアをしたのが随分前、アーマードコア4ぶり。といってもAC4自体を購入はしたものの、まったくやる気がおきず少しかじって放置をしていたのが最後の思い出。

だから実際はPS2のAC3くらいからとなる。そしてまず手にしようと思ったのがPSVITAでACシリーズの移植が出ていたはずなので、それをやろうと思いDL版がないのかと探したところPS2→PSP移植でDLをしているのはフォーミュラフロントというACシリーズの中でも異色のものしかなかったので、断念した。それなら据え置きでやるしかないし、やけにAC5のバージョンアップ版であるヴァーディクトデイが評判が良かった上に、ゲームショップでも相当な叩き売りをされていたので久しぶりに据え置きでACシリーズに手を出すことになった。

久しぶりにプレイしたACシリーズだったのだけど、とにかく操作が難しいゲームだという印象はなくなっており、これはおそらく私が最近難しいゲームに挑もうという気持ちが生み出したのだろう。そして実際にプレイアビリティも少しは上昇していると思われ、AC5ヴァーディクトデイは触ったときから、難易度ではなく操作が難しいというものではなかった。

実際にAC3のころのマニュアルを読んでみると理解不能な操作方法だった。現在のTPSスタイルのゲームではもはや右スティックは視点を動かすというのが当然になっていますけど、当時はそうではなかった為視点を上下に移動させる際はL2、R2ボタンを使い、左右に動かす(実際には機体の旋回)のは左スティック、キャラクタを左右に移動させるのがL1、R1ボタン、ブーストをするのに右スティックを押し込み、それ以外には使用しないと、とんでもなくプレイしにくいボタン配置だった模様。これでは操作が難しいと思われても仕方がない。あまりにも直感的ではなさすぎる。

しかしながら今回は視点の移動自体は全て右スティックで行え、左スティックは旋回ではなく移動。R2、L2は右手左手武器の発射、R1で肩武器、L1でブーストモードと、直感的とはいいにくいながらもそれなりに時代に即したキーアサインだと考えてもいいだろう。つまるところPS2時代には右スティックを使うという概念が日本のゲーマーには無かったのだろう。実際にPS2時代のゲームで右スティックを意のままに使用したゲームって記憶にないです。

そんなわけでゲームの難易度という点ではともかく、操作性が良くなった事によりひとまずとっつきにくいという点は解消した。あとはACというゲームが気に入るかどうかである。パーツを買い、そのパーツでロボットを組み上げミッションに挑む。この流れはずっと続くもので今回も例外はない。相変わらずロボットの組み上げ(アセンブル)は好感触。何よりも今回はカスタマイズが出来るのが良い。

カスタマイズといってもアセンブルだからカスタマイズだろ、とか色が変えられるからカスタマイズだろとかではございません。何かというと"武器"にパラメータを振り分けることが可能になった。例えば連射性の高くない高威力ライフルがあったとして、今まではそういった特性の武器だとして使うしかなかった。連射性が欲しい人ならば違う武器を使う必要があったのだけれど今回は「威力」「速射」「命中」と3つパラメータがそれぞれ3段階までパワーアップすることができ、これら3つのパラメータに対して3ポイントを好きに振り分けられるようになった。

前述した高威力のライフルを更に高威力にするもよし、速射性をあげるもよし、プレイヤーのスキルを補助するような命中に振るもよし、といった感じだ。これはなんというか、やってくれたという思い。プレイヤーのタイプに合わせて使い分けられるなんてそれこそゲームのあるべき姿だと思う。
WS006012.jpg



ACシリーズは高難易度というのはもはや定説であり、実際にそうでありますけど今回はマルチプレイで協力、対戦があるため協力というのは高難易度のゲームで敷居の高さをグンと下げてくれている。とりあえずは一人で挑戦してみて難しかったら誰かに来てもらうというプレイスタイルでやっていますけど、未だにガンガン手伝ってくれる人がいるので、オンラインは盛況なもよう。

グラフィックは数ヶ月前に出たPS3のゲームとしてはあまり褒められたグラフィックとはいえないけれど、そのぶんロードも早いし、リプレイ性の高いゲームのためこれはありだろう。リプレイ性が高いのにも関わらずロードの長い同社のダークソウルなどの作品とはここが大きく違う。
WS006101.jpg
WS005868.jpg
WS005595.jpg

アーマードコアシリーズを久しぶりにやってみたというので、とても操作性が良いなんていう感想が出てくるとは自分でも思っていなかった。操作性が煩雑なせいで難易度が上がっていたところもあるからだ。これならストレスなく操作ができる。つまりこれを元に1~3や未プレイのラストレイヴンあたりをやってみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Kakihey - 2014年05月10日 04:49:59

「周期性」は分かりますね。
自分は「Skyrim→新作→Fallout 3→Skyrim→」を繰り返しています。
記事にあるACシリーズは普段、遊ばないジャンルのゲームなので、
楽しく読ませて頂きました。

あと、ブログ「カキへい」を止めて、「Casual Gamer」という
ブログを新たに開設したので、お手数ですが相互リンクの修正お願いします。

- うに - 2014年05月11日 03:50:09

まさにベセスダの人気作をいったりきたり、というわけですね。
私も時間があればFO3を以前クリアしたプレイスタイルとは違うスタイルでプレイしたいとおもっています。

ACシリーズは面白いですよ。それこそコアなゲームなのでPCにもリリースしてほしいのですが。。。

承知しました。更新させていただきます。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。