31話まで到達 そこまでの感想 第三次スパロボZ

このブログは本来ゲーム日記をするためというのがひとつの目的だったのですけど、最近多忙なためゲームの所感といったところしか書けていなかった。それも勿論このブログをする上で大きな重要な要素なのですけれど。

というわけでGWは暦どおりだけどまるまる一日ゲーム休暇というような過ごし方が出来た為現在絶賛プレイ中のスパロボの途中経過の日記を書きたい。

おそらく半分くらいに到達したスパロボですけど、仲間はそろってきたし序盤というのはさすがに抜けたといっていい。今作は序盤は割りと難しいといってもいい難易度だったように思う(難易度HARD)。それなりに敵の倒す順番の考慮や今までは散々あふれていたバリア貫通武器がとても少ない為、バリア持ちボスにマキシマムブレイクを使う為に戦力の温存や攻撃する順番を考えた。

あくまでスパロボなので、スパロボなりに難しいという程度だからファイアーエムブレムなどのようなひとつのミスが一人の仲間の消去につながるといったことはない。あくまでスパロボ。これは前回のスパロボ記事で述べたような精神ポイントが半分からのスタートであったり、過去作品ならばあふれかえっていたバリア貫通武器が殆どないといったことが要因となってその難易度を生んでいましたけど、仲間がそろいだすと難易度HARDとはいえいつものスパロボになってきたように思う。

言ってしまえば自分の好きなキャラを好きなように鍛え上げ戦術性の高さよりも爽快感の高さ、自由度の高さを意識したゲーム性。個人的にはどちらでも前者、後者、それぞれ巧く作られていればどちらでも楽しめるタイプなので特に問題はない。

ネタバレ無しで開放するエースパイロットボーナスやカスタムボーナスはその多様さに取得してから更にどうキャラクタやロボットの特徴を伸ばすかといったところが楽しい。相変わらずとんでもない性能のキャラクタ、ロボットがいたりというのは恒例だけど、現状ではウイングガンダムゼロカスタムがズバ抜けて高性能だろう。ただでさえ強いゼロシステム、そのゼロシステムの始動気力が110からになるヒイロのエースパイロットボーナス。武装の殆どがエネルギー制なのにも関わらず移動後使用可能で広範囲のマップ兵器のローリングバスターライフルは残弾性と、もはや彼がいれば乗り換え前のアムロやカミーユ二人分以上の働きをする。

今回から追加されたZチップという資金とは別のリソースを使って強化パーツや強化システムを購入することが出来るのも強い機体を更に使えるようにするにはというので頭を悩ませる。移動距離x500のクレジットが入る、マップ中の総敵討伐数x5のZチップが入るなどのユニークな性能なものが多く毎回購入開放されるのが楽しみだ。

ストーリーはまだまだ何もわからない。シリーズ恒例の12星座をテーマにしたスフィア関連も出てきていない為全くといっていいほどストーリーが始まっていないようにも思える。ひょっとすると第三次は3部作、4部作レベルになるのではないかと思うほどに。

そして、クロスオーバーは今回も良くできていると思う。カミーユがジェリドに激昂したシーンを別キャラで再現したりというニヤリネタは当然だし、ヱヴァンゲリオンにおける第6の使徒との戦いでは熱いクロスオーバーが見られるなどスパロボならではの展開はさすが。

唯一アニメーションは確かに今までならここから更にこうしていただろう、というほどにシンプルになっていて第二次Zなどのアニメーションを見るといかによく作られていたのかというのがよくわかった。あまり見ないのでそれほど残念とはおもっていませんが、もう少し派手でも良かったと思うのは当然。

大体1話1時間というのがちょうどよい塩梅でだれないのもいいところで、スパロボは定期的にやりたい症候群になるので、旧作で取り残したのをやっていたりしますが、やはり1年に1度は新作スパロボをやらないとダメなようだ。出来れば映像の綺麗な機種で出て欲しいのは言うまでもない。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind