スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速 ジャンケンゲーム Fate /EXTRA

今から目の前の人と1回1秒で6回ジャンケンをしてください
そして、何回目に何の手で勝ったかを覚えていてください――――

大雑把に言えばPSPでリリースされた、Fateシリーズの外伝といいつつも正史といわれる、Fate EXTRAというゲームはこんなゲームだ。このゲームはFateとはいえ、サウンドノベル形式の文章が時折混じるコマンドバトルRPGとなっている――――

Fateといえば、聖杯戦争だ。簡単に説明すると人間と超人のタッグがそれぞれ戦いあい、望みがかなうという聖杯を勝ち取るルールのノベルゲームとなっていて、Fateの原作者である奈須きのこ氏が手がけた脚本であるから、外伝に位置すると思うけれど、一応正史と考えてもいいのだろうか――

まず、最初の問いかけてだった、ジャンケン。このゲームは予め入力したジャンケンコマンド(攻撃→強撃→防御)を使いぶつけ合って勝敗が決まる。しかも相手の手は見えているので、これは出来る人はこのゲームを余裕でクリアできるだろう。といっても全て見えているわけではなくて、6回中3回見えればいいほうだ。大体の敵が3種類くらいのパターンを持っていて――――

グーチョキパーグーチョキパー
パーグーチョキチョキチョキグー

などの組み合わせを、そのところどころ見えるのから察して攻撃する事になる。なので、パターンを覚えられる人はこのゲームは簡単になると思われる、しかも、聞いただけだと簡単と思われるかもしれない。が、これがドッコイ中々むずかしい。何よりも演出が速い。入れた手はわかっても、何回目に勝った、というのは私の脳内メモリでは保存できないようだ――――

このゲームの開発はイメージエポックでありますけど、この会社はパブリッシングを行うときはロクなゲームを生み出さないくせに、デベロッパーになると、割といいゲームを作るという特徴があり、今回はそのパターンだったようである。
しかし、イメージエポックの特徴として「ボスが硬い」という特徴があげられる。

強くはない。硬いのだ――――

硬い=HPが多い=強い
みたいなものかもしれないけれど、それでも100しか通らない攻撃で3000のHPというのは面倒だ。しかも前述したようにジャンケンですから、30回入力すれば3000というわけでもなく、負け、あいこを考えれば60回はいかなくても、45回は入力させられる。少しバランスが悪いのがたまにきず。そんなイメージエポックの個人的な優秀作のアークライズファンタジアはラスボスに1時間弱かかるというとんでもない苦行があったことを補足として書いておきましょう。

Fateの真髄は情報戦にあり――

となっており、敵を知れば優位に立てるということが特徴のゲームである。超人はダレなのかを予想するのがfateの楽しみの大部分でもあり、私は使用キャラにセイバーのクラスを選んでみたけれど、このセイバーはいつものアー○○○とは違うようである。

口調も性格も声優も違う――――

予想しながらポチポチと進めよう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。