スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来の良さ故、難易度のバランスはもう少し欲しいところか 真・女神転生SJ

現在進行形でドハマリ中の女神転生SJ。4つ目のダンジョンに到着した。

ここまでの感想は、ファーストインプレッションと変わりなく、個人的にはかなり良質なゲームだと評価したい。パーティ編成の悩みや、スキル構成の悩み、戦闘におけるコープシステムによるゲーム性など。尖ったものは正直なところ存在していないけれど、それだけに純粋にメガテンというゲームを楽しめている。新しく悪魔を作るべきなのか、今のまま育てて使うべきなのか。根本的な悪魔運用が鍵を握っていて非常にいい感じだ。

しかし、どうも難易度の調整に関してはもう少し欲しかったというところだ。現在3体の大ボスと対峙してきたが、全て初見クリアができている。個人的にはもう少し悩んで戦うべきものだと思っていただけに、あと少し、数値でいうなら1.1倍ほど強ければよかったなと思う。

それほど理不尽な攻撃は現在のところなく、スムーズそのものだ。本来こうあるべきなのかはわからない。が、歯ごたえはもう少し欲しい。たとえば3体目の大ボスは戦うと物理主体であることがわかる。なら、物理反射の魔物がいるので、召還しよう、と、それが事前準備ではなく、普通に行えてしまうのがそういった理由。

あと、私が所有しているソフトは中古で購入したものですので、前のプレイヤーの記録が残っているのですけど、大きくプレイ時間の差が生まれてしまっていまして、こんなに大変なのか!?という最初の想定から、実はそうでもなかったという差が理由であったりもします。

IMG00058_.jpg

こんなこといいながら、理不尽なボスが出てきたら、それはそれでうっとおしい存在ですので、今のでいいのかもしれませんけど、メガテンシリーズ・・・全てをやってきたわけではない自分にとっては、これくらいがいいのかもしれませんね。

あと、このゲームも”世界樹の迷宮”もそうですけど、この開発会社はどうやら"素材システム"というのが好きなようで、武器やアイテムを作るのにも金だけでなく、素材を要求してきます。コマンドRPGで素材のシステムは運だよりがでかすぎるだけに、これはやるべきではなかったと批判しておきます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。