スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的2013年ゲーム、ハード別ベストゲーム感想

こういった記事は大体どこでもやっていて、マニアックであればあるほど面白い。特にPCゲームをメインに扱っているところなんかは元からマニアックということもあって、こんなのもあったのか!とか、持ってたけどやる気になった!というような事がある。ここはマニアックな路線と、カジュアルな路線、その真ん中くらいじゃないかと思っていて、そんなわけだから、こんなブログでも実は知らなかった、とか興味を持ったという人ができたらいいなぁという思いをこめて、記事にするのです。こういう纏めは是非ともどこもやってほしい。

今回はハード別にわけており、もう一個記事にするのはジャンル別、それは単純にベストワンではなく、よかったゲームを挙げようと思っております。

さぁ、そんなわけで、一発目から今年一番面白かった作品から挙げましょう。
最優秀はBatlle Field4(PC版)。

まさにこれぞ戦場、64人の対戦は非常に楽しく、優れたマルチプレイ。日本だけだけど、一足先に次世代レベルのグラフィックを堪能できる。など優秀作として間違いない。前作BF3では少し、アイデンティティがぶれてしまって、CODのようになってしまったところもあったけれど、もう一度ゲームデザインを見直して、BFとは、といったところに立ち返ったのではないだろうか。BF3.5なんて、個人的にも揶揄した。それほどβテストの際はグラフィックもひどく、何も変わっていないと感じたのだけど、製品は違った。ミディアム設定でも、十分に次世代を感じられるグラフィックレベルで、やっぱり今世代と違うものなのだなぁと思ったものです。

サラウンド環境を導入して是非やっていただきたい。これは、この作品はそれだけの臨場感と価値を与えてくれる。

次からは部門別に区切っていきましょう。
ハード別から

PS3
正直PS3からは悩んだ。なぜならPS3のゲーム自体をあまり買うことがなくなったから。それはPSVITAが優れたゲーム機であることや、PCでのゲーミング時間が増えたこと、さまざまな要因があるけど、単純にほしいものがなかった、というべきでしょうか。世の中ではGTA5や、ライトニングリターンズFF13が、かなりの完成度を誇るとして評価されているけれど、それのどちらも買っていない。

GTA5は元々ゲームのデザイン自体がすきではないし。後にPCで出たときに安く買えばいいと思っていたし、ライトニングリターンズはバトルプランナーがFF13を担当した人とあれば、絶対に面白いという確信があった、けれど、値崩れするという確信もあった。しかし、その後者は外れてしまったのだった。

だからあまり購入していない中選ばれたのは

真・三国無双7

なんだかんだでよく考えると相当よかったゲーム。やることは単なる敵を倒すこと。アクションゲームだからしょうがない。だけど、敵陣の攻め落としといったタクティカル要素は薄くなったとはいえ、無双シリーズの醍醐味である敵の描画数はかなり多く、ひたすらに爽快。

ここ最近、特にナンバリングの6以降の無双シリーズの出来の悪さには辟易としていたけれど、改善をして、三すくみの導入、更なるマップの高低差の導入、ステルスを減らして、スローになってでも敵を描画しきるレンダリング設計。個人的に無双シリーズをやりきることは最近なかったけれど、最低ストーリーだけでも全部やっただけすごいと思えた。最高傑作の5を超える出来ではないけれど、少なくとも今の状態で発展させていこうという姿勢のスタート地点には立てただろう、と思えるレベルにはなった。

PS VITA
今年は私にとって本当にVITAばかりやっていた年だった。毎月でる新作のほとんどがほしくて溜まりにたまりまくってしまったVITAのソフトたち。封もあいていないのもある・・・。だけど、そんな中選ばれたのは

ゴッドイーター2

以前の記事
http://uni0207.blog.fc2.com/blog-category-79.html
を見てもらえばわかってもらえると思いますが、GEBからの進化を感じられ、ハードスペックにあわせたグラフィックのリファイン、システムの進化など、すばらしい。

文句はラスボス独自のシステムと複合コアで強化する、NPCの言うことのきかなさ。というところ以外は賞賛しており、ここまで褒められたソフトはなかなかなかった。50時間以上をあっという間に遊ばせるつくりはすばらしい。数ヶ月かけてモンスターハンター4をようやく80時間を複数人で遊んだ自分に一人で数週間で50時間遊ばせたゲーム性は、やはり自分にあっているのだろう。

PSP
さすがにVITAの存在のせいで霞んできたPSP。だがしかし、まだまだ市場は実はPSPは人気である。RPGなど、そういうゲームはVITAに移行しているが、たまーに、ヒットするのがPSPにも出る。それが

ダンジョントラベラーズ2
http://uni0207.blog.fc2.com/blog-category-57.html

このブログでは1自体も相当熱く書いたけれど
http://uni0207.blog.fc2.com/blog-category-46.html
1の不満点を改善しながら、さらにやりこみ要素を詰め込み高いレベルの作品に仕上げた。もはやアクアプラスの期待の星のシリーズになった。残念ながら40時間やったデータが消えてしまったため、今からラスボスというところで途中で止まってしまった。いつかリベンジをしないといけないけれど、さすがに今からPSPは厳しいか・・・

3DS
世間との隔たりを感じる自身の感性。世の中が良いというものはどうも自身にはなじまない。それを感じるのが特に自分がよくわかっているゲームの分野。なぜ人気なのか?なぜ不評なのか?そういったところが世間とのズレを感じる。そういったことはブログを通じて書いてきたが、世間ではもはや国民的ゲーム機の3DS、実はこのゲーム機で今年買ったゲームは2本だけだ。PSVITAは・・・少し計算するのが怖くなるのでやめておこう。

その2本は、女神転生4とモンスターハンター4。当然どちらからか選ばれるのだけど、ここは

モンスターハンター4

狩りゲーアクションの王者たるモンスターハンター最新作。さすがに時間とお金がかかってるだろうだけあって、さすがだ!といわざるを得ない。敵の動き、プレイヤーアクション、それらのモーションの出来であったりが、すばらしく計算されていて、二番煎じとは違うところを見せ付けられる。

普段は30時間程度遊んだら飽きるのだけど、今回は80時間遊べたのはエンドコンテンツの拡張がでかい。クエストをやりきったりしても、ランダムで生成されるギルドクエストの存在があり、そこでの武具発掘はモンハンプレイヤーにはどううつったのかしらないけれど、少なくとも私はハクスラ好きという性質上はまるのは仕方のない材料だった。

ただし、実はwikiをチラっとカンニングした際に底が浅すぎて萎えた為、実は武具堀りはそれほどやっていない。どちらかというとお守りのほうがハクスラ好きには良い要素だろう。

しかし・・・さすがに数作やっているとモンスターの動きをしってしまったいるので、新鮮味が薄れてきている・・・悲しいかな、そろそろ何かしら大きく変えないと自分の中でダメになってしまう。そしてグラフィックの扱いや、バランスの悪さといったところも、実はゲーム的なところで不満だらけだったのだ。正直モンスターハンターよりもゴッドイーターが自身には合っていて、4は武具発掘があったので80時間も持ったといってもいいだろう、これがなければ50時間程度で終了していたかもしれない。

スマートデバイス
今年も日本は正直これに市場がとられている。携帯電話、しかもハードインタフェースが存在しないものでゲームを遊ぶなんて何事だ、とはおもうけれど、それなりにうまく出来ているのはある。認めたくないけど、認めるべきものもあるのは事実だ。認めるべきではないのは単純にスマートデバイスに従来のゲームを移植したスタイル。これは無理があり、操作性のよくなさも相まって醜い。

去年は個人的には"パズドラ"がヒットしていたけれど、正直それを書いた数週間後には飽きていた。飽きていたというよりも呆れた、というべきだろうか。そんなに一日に数十分もパズルばかりやっていても仕方ないのだ。なので

クラッシュオブクラン

に嵌った。これは言わば、街を作って、時間で資源を回収し、さらに街を発展させ、あわよくば他プレイヤーの街を壊して資源をうばってしまおうというゲーム。なんてことはない、ゲーム性は非常に薄い。しかしながらプレイ意欲を増長させる理由はある。つまりこちらから攻められるということは、相手からも攻められる。そう、対人要素だ。

スマートデバイスのゲームはどうも"協力する"というのがテーマになっているのが多い。パズドラにしても、友人のモンスターの力を借りて"共闘する"だけなのだ。友人のモンスターに対して"対戦"は出来ない。数年前からグリー、モバゲーのゲームがはやりだしていたけれど、それらで人気だった作品には、ほぼかならず"対戦"の要素が組み込まれている。

うまく守るためには?勝率を上げるためには?色々と考えるのだ。今流行っているゲームは殆どが仲良しこよしであり、殺伐としていない。リアルタイムに"自分に"何かが起こるわけではない。しかし、クラッシュオブクランは違う。パっと時計を見たときなんかに、○○に攻められた、とログが出ており、確認するとリプレイが流れて、街をどのように侵入されて、壊されたのかが確認できる。

はっきりといって、殺伐としていないと意欲はあがらない。だからこそよりうまく守り、よりうまく攻めるように考える。だから、ゲームの起動回数が増える。なんともまぁよく出来た仕組みだ。

以上、ハード別に嵌ったゲームを書き出した。
少しこのハード別になるとマニアックさよりも、平凡さが出てしまった感じだ。もう少し濃いのは次回のジャンル別にかくことにしましょう。

今年もいろんなゲームは出ましたけど、来年はいよいよPS4とXBOXoneの発売がされる。よりゲーマーはゲーマーになり、ちょっとしたゲーム好きはゲームから離れる機会が増えそうだ。。。なんとかなるといいけれど、私に出来ることは友人とゲームの話をして、購入させるきっかけを作るくらいしか出来ないのだ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- こーせき - 2013年12月28日 22:26:42

 毎度こんばんは。31から三が日にピンポイントで忙しくなるので、多分今年最後の書き込み。今の内に…ネット始めて一年目、ここで話して楽しかったです。来年も宜しくお願いします。

 うにさん一位のBFはやってないのでわからんですが(FPSがもう苦手みたい、キャラを動かしたい人なのでせめて肩なめ視点にならないか)、PS3の無双は結構今年序盤ですよね。凄くいい無双が出たというか、それ以降いいアクションが出てないとも言えますね、後ろ向きだけど。正直、猛将だのアルティメットだのよりエンパ出して欲しいですが…時間経ってPS4のみとかにされると発狂してしまいます。PS4が浸透する前に早く!
 
 僕は今年PS3は特に特筆すべき物は無いです。全体的にやろうと思ってたけど買ってなかったゲームを切り崩した一年でした。クソゲーとされてたソウルキャリバー5とか鉄拳TT2を再開したり…今やってるグレイセスもそうですね。今年どうしてもやりたいというのが特別無かった気がします。VITA購入を後押ししたGE2位かなぁ。当然VITAゲー自体さほどプレイしてないんですが色々含めて今年一番やったのはGE2だと思うので僕の今年ベストはコレって事に。
 次はVITAのテイルズオブハーツでもやろうかと思ってます。普通のLMBなのかよくわかりませんが、戦闘は楽しそうなので。ストーリー改悪と聞くけどDS版やってないし問題無いよね?なによりいのまたデザインだし、主人公以外のメインキャストが好きな人だらけなんで期待してます。(未プレイでパッと見だとイネスが好きです。)

 買ったばっかなのでVITAが僕の中で目立ってますので、GE2含めて今年一番はVITA界!が結論。
 ホントはもっと色々やりたいけど最近オンライン専用とかダウンロードのみ販売とかで古参(オフ専)プレイヤー置いてけぼりな状態なのが残念かなぁと思います。コスト面の問題なんでしょうか。

- うに - 2013年12月29日 01:47:23

それは。。。ご愁傷さまです、私も以前みんなが休みのときが忙しいという仕事についておりましたが、あまり普段は正月なんか気にしない性分ですが、あのときばかりはきつかったです。

つまりはTPSなら大丈夫だということですね、多いですね、そういう人。私も昔はそうおもっていましたが、むしろいまはオンラインマッチする場合のゲームはFPSでないと気分がのらなくなりました。

おそらくエンパは出るでしょう、PS3とPS4とVITAのマルチで。そのときにどれを選ぶか。。。間違いなく私の場合はPS3は稼動していないと思われますので、4かVITAだと思います。しかし、PS3とPS4での無双7の比較動画をみるとワクワクしてしまいますね。同じゲームでもあそこまで違うと買おうという気になります。

今年は私もPS3に関してはあまり着目するものがなかったなぁと、理由は記事内でかいたとおりなのですけど、やっぱりVITAが躍進した年でした。

TOHRは面白いですよ。アサルトチェイスというのがポイントでして、敵を一瞬でワープして追尾するというドラゴンボールな戦いが出来ます。はっきりいって脳汁がでます。ヤバイです。ガードカウンターなどの存在もデカイです。

ストーリーは改悪というほどではないような気もしますが、確かにいわれたらカットされてるね、という程度です。あとはまぁ・・・予算がすくないせいか、非常にモーションなどがぎこちないです。

一番最初に悪者が出てくるシーンがあって、主人公がそれを張り倒すのですが、たたく→その場でこけるという2コマしか動きがなく、ギャグとも思えるレベルです。

イネスはDS時もそうでしたが、HRでも強いのでおすすめです。個人的には新キャラのガラドがテクニカルキャラで面白いです。武器を投げる技が多く、その後は武器を操るのですが、自分の操作+武器操作があり、かなりテクニカルな戦いが出来ます。

VITAの場合はオンライン専用になっているのは、どうやら容量の問題などがあるそうです。たとえばスパロボ最新作がDL専用なのは4Gバイトを超えるからカード版が出せないそうです。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。