ブログの記念と年末商戦はこれ、PS VITAtv

実はこのブログは今日から3年目にはいろうとしている。去るおととしのクリスマスイヴ、skyrimの購入と同時に始めたこのブログ、当初の目的だったskyrimのクリアはまだできていない。おそらく寿命までにはクリアはするだろう。そう、その程度でいいのだ、ブログをするきっかけなんて。

さて、3年も続いた趣味といえば、人生においてなかなか少ない。3年を超えるほどの趣味といえば、ゲーム、ギター、パソコン。それくらいじゃないだろうか?パソコンの中に、このブログははいってくる。なかなか自分でもほめたくなるほどきっちりと更新している。12月は少し私生活の影響で更新が滞っているけれど、それでも何かしらやろうとはおもっている。そんな中、聖なる夜の送りもの、サンタクロースが夜空から届けてくれたのは、雪のように白い本体をしたPS VITAtvだ。

このVITAtvはいったい何なのか、つまりは携帯ゲーム機のPS VITAをテレビにつないで遊んじゃおうという代物だ。本来の携帯機というアドバンテージを捨てているように感じるかもしれないが、逆に携帯機なみの快適さを据え置き機で楽しめるというようにとららえることもできる。

実際に、液晶TVなんかは起動までに早いものでも1秒、私のSONYブラビアの場合は2秒ほど映像が映るまでにかかる。が、VITAtvはそのときにはすでに立ち上がっている。まさに携帯機のスリープ復帰そのものだ。VITAのスリープ復帰といえば、ペロンと画面をめくるのだけど、それがない分余計にはやい。コントローラーのPSボタンを押せば、もう起動している。この快適さはクセになる。

当然ながらVITAのゲームを遊ぶことが可能だ。TVに映すと映像が少々ぼやけてしまうのが残念だけど、コントローラーの操作性とテレビの大きさに依存するが少なくともVITA自身よりも大きい画面の大きさは、TVゲームを遊ぶ人ならば良いものであることは確実にわかるだろう。視認性や、臨場感、操作性のアップを一度にアップするのはすばらしいものだと実感した。

WS000004_201312242335067ec.jpg
WS000030_2013122423350165d.jpg
WS000055_20131224233502a85.jpg
WS000143_201312242335043d9.jpg
WS000205_20131224233506606.jpg

ピター先生のアヘ顔の撮影にも成功した。
ゴッドイーターシリーズは、TVでやりたいという声も聞いたことがあった。そのたびに、私は狩りゲーはTVでするものではない。携帯機ならではのものだ。と思っていたのだけど、認識を改めた。ゴッドイーターシリーズはマルチにするなら据え置きにも展開するべきだ。それほどに派手さ、臨場感を感じる。視認性もよくなり、戦いやすく、そしてコントローラー操作というのが、これほどまでに良いものだとは思わなかった。

次にもしも、なにかしらマニアックな買い物をするならばヘッドマウントディスプレイだろうか。どのような体験ができ、考えが変わるのか。ぜひとも試したいものです。

WS000001_201312242335214f4.jpg
おまけとして、PSPソフトをVITAtvでやった場合、ノベルゲームの場合は気にならない。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind