スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原生のアラガミ撃破 ゴッドイーター2

終わりよければすべてよし、なんて言葉がある。
そのとおり、最後がよければなんとなく満足した気分になれる、あれだ。あぁ、そんな悪いところもあったねと、いつか話せる日がくるわ、アハハと笑って流せるそんな状態。時代はまわってまわるのかもしれない。新年ももうすぐなので、この歌詞も身に染み渡るようだ。年賀状は25日までに、ということらしい。

しかし、GE2は逆。真逆だ。いろんなゲームをやってきたけれど、このような気分になるのは大体いい思いを残せないことが多い。

発売日からやり続けること、ようやく真のラスボス(?)までクリアした。

このミッションにおいては、おそらく殆どのプレイヤーがこのギミックは有り得ない。と、そういうのではないだろうか。なんといってもその場にいるだけで、モリモリとMAXライフが最低値まで減っていくのは、あまりにも卑怯だろう。しかも範囲はかなり広い。対策の方法は恐らく・・・ない。発生源を打ち落とせたりということもできるかと試してみたが、どうやらその場から離れるしかない様子。

ただでさえ窮屈な戦闘地域をこういったギミックで狭めるのはいただけない。これがあることによってマップを見ながらルートを考えて、こうすれば敵に会わないから、こいつだけをさそいこめて・・・というような考えができたのは面白かったのだけど、さすがにその場の効果がきつすぎる。体力が少しずつ減っていく毒みたいなものならともかく、10秒もすれば1ドットまで体力は減らされてしまう。しかもNPCは退避しようとしないので、すぐにやられてしまう事が起こる。

1度目は様子見、というよりも正直初見殺しなところがあるので、2回目は探りながら、いけそうなら、3回目でクリアとなった。

クリアした装備は以下のとおり。
IMG00034.jpg
IMG00036.jpg

武器はともかく、防具はまったく装備とのシナジーを得られていない。バスターなのに切断攻撃力アップのシールドだったり、銃も状態異常はないのにそれの耐性がついたもの、この中で唯一効果的なのは破砕アップと乱戦時○○くらいだろうか。これは正直あるとないとでは、違いはわからないけれど、あるほうがいいだろうということでこれにしていた。寧ろ後半はこれ一本でやりくりしていたほどだった。

なぜならGE2はとにかく多頭ミッションが多いためだ。そして多頭ミッションがあるということは属性もバラバラ、つまり正直なところ無属性が一番いいとうことになる。一応大体のアラガミは2種類の弱点をもっているので、結構有用な属性武器はあるかもしれないけれど、いちいち作っていると時間がいくらあっても足りないということで、このパターンとなった。

オートガードはつけていたけれど、まったく体感できなかった。一応クリアできたのでいいけれど、ちょっと効果が感じられなかったのは損な気分だ。

本当ならシールドを別のにして、武器との相乗効果を狙いたかったのだけど、どうしても今日中(昨日中)にクリアがしたかったのだ。なぜなら12/18にヴァージョンアップがくるからだ。このver1.00は製作者が意図したバランスとシステムであり、それをクリアできないのはハッキリいって悔しい。明日のverUPでは、強化などの仕様がかなりぬるくなるということが明言されている、だからこそ、そこにあまえたくはなかった。

ロードが早くなる。とかなら適用してからでもいいだろう、とはなるのだけど、ゲームバランスは正直最初の状態でクリアというのが製作側からの挑戦であると思っていたので、それを適用しないうちにクリアができて感無量。

しかし、ブラッドアーツはライオットスイング、これは□攻撃のブラッドアーツだけども、結局チャージクラッシュなどの特殊攻撃のブラッドアーツは使いどころが決まってくるので、最後には少々適さないように感じた。

攻略手順としてはもてるアイテムは全部もっていく。付き添いは攻守回復のバランスが取れているアリサ、誤射はいたさない回復柱役のソーマ、完全な動きのキグルミさん。

まずはハガンコンゴウだけを自分に誘導させ、撃破する、次にマガツを撃破する。最後はスタングレネードではめながらセクメトを撃破。結局クリア時にはスタングレネードがあと1個というくらいまで厳しい戦いだった。準備も悪かったけれど、なによりNPCが言うことを聞かないのがうまくいかない理由でもある。しかし、本当にギリギリだったという意味ではバランスが取れているのか、というところでもあります。

冒頭で終わりよければの話を書いたけれど、難易度を上げるには本当にこれしかなかったのだろうか、そう思わざるをえない。このゲーム以上に終わりが最悪で、ずっとそのゲームを憎み続けているゲームはいくつかある。なので、GE2は冒頭で書いたほど憎くはない。これからもDLCや、武器や防具をそろえることもやっていくだろう、けれど、なぜ最後にあのようなとんでもないシステムを入れてしまったのだろうか?それだけが腑に落ちない。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- こーせき - 2013年12月18日 02:51:04

こんばんは。終わったようで、おめでとうございます。

 僕の言った「強いというか状況がダルい」の意味はお分かり頂けたかと。全く嫌なシステムでした。正直2,3回負け続けた時はクソゲーか!と壁ドンしましたし。
 あの偏食ゾーンの展開は発動タイミングでスタングレネード、もしくは結合破壊を起こすと止められる事があるそうです。もうやりたくないので試しませんけど。
 
 しかし…ああいう状況戦闘があるのならば、なおのこと仲間の指示系統をどうにかして欲しかった。
 分散をしても自分と同じ敵に群がる。防御をさせればその場待機するかといえばそうでもない。まともに聞くのは総員集合だけではないか。というかプレイヤーに追従する、以外できないんでないかいってレベル。
 結果マガツに関しては全員MAX体力ワンドットでダウンし、復活させるか迷いつつも1人で相手をする状況が続く形に。
 ストーリーの方は期待してないにしてもファンには嬉しいリンドウさん登場、しかし主人公のスカウト話はふわっとしたまま。アプデかDLCで補完でしょうか?

 やはりこういった難易度の上げ方はどうかとも思いますが、仲間指示がもうちょい優秀ならここまでイライラしなかったかなと。

 そしてテイルズはやはりリバースお好きでしたか、ロックマンエグゼみたいに魔法避けるの楽しくて何周かプレイしました。使うキャラ変えてやろうと思ったテイルズは個人的に珍しい。(テイルズって基本主人公が戦闘システム楽しめる様になってるので)
 やってないシリーズはテンペスト、ハーツ、グレイセス、PS3版のヴェスペリア、ラタトスクあたりなんですが、グレイセスの戦闘が楽しいって聞くのでプレイしたいとは思ってます。
 
 そうそう、新作の動画見ました。藤島さんと…違うキャラデザの方もいるんですね。
 この戦闘はたまたまこんなフィールドなのか、シームレスにリニア戦闘に持ち込むのか…でもそうだと、キャラの切り替えとか指示系統を詰めないと囲まれたら無理ゲーになってしまいそう…っていうかアクション突き詰め過ぎるとRPGというよりツインブレイブ(ライト無双)になっちゃう気が…。
 あと個人的にはルドガーみたいな属性違いの武器チェンジ入れて欲しいですね。なんていうか最近は2周目ありきで考えて作られているのに2周やる気しないゲームが多いので…。

 とにかくGE2クリアお疲れ様です。僕みたいにキャラと使用武器変えて2周目行きますか?マガツやると、しばらくダルいと思いますがw

- うに - 2013年12月20日 01:11:33

まったくいやなシステムでございました・・・。ありえないという言葉を進呈させていただきたいです。

まったくもって指示をまともにきいてくれるのならよかったのですが、むしろあの命令のきかなさに気をとられて指示する回数が多くなるといいますか。
私はかなり時間はかかりました、確か28分とかだったとおもいますが、おにごっこのように走り回り、偏食場が効果がなくなったとき?に蘇生してはいました。あのゲームの一人プレイはなかなか危険ですので。

リンドウですか、今度のDLCでストーリーがくるようですね。正直嫌いなキャラなんですけども、誤射するわ、回復ないわ、で、特にこれといって使いたいキャラではありませんね。人気があるのはわかりますけどね。あぁいう兄貴分なキャラって。

リバースは相当はまりました、といっても実はシステムを完全に理解しているわけではなく、それなりに高難易度でも攻略はできるのですが、陣形要素などはマスターしておりません。テイルズは私も昔は主人公だけ操作派でしたが、シンフォニアくらいからでしょうか、ほかのキャラを使い出したのは、最初はクラトス、プレセアといったのを使っていたと思います。今では仲間になったらとりあえず使うようにしています。

グレイセスは本当に面白いです。あれはテイルズシリーズにおけるゴッドイーターみたいなゲームです、とにかくスタイリッシュに派手に、爽快に、早く、テンポよく、それでいて攻守のバランスを守られているという、あれをやらずしてテイルズを語るなかれという感じです。

ゼスティリアはおなじみの藤島、いのまた、に続いてラタトスク、X2の奥村氏、マイソロシリーズのカノンノデザインの岩本氏だそうですね。個人的には藤島氏のキャラデザは好みではなく、いのまた、奥村の二人でやってほしかったものです。正直ジュードに続き黒髪の好青年といったキャラを見たとたん、あぁまたやってしまったのか、と思ってしまいました。

確かになんとなくシームレスのように見えますよね、なぜ背景っぽい木がすぐそこにあるのか、床が斜めなのか。どっちにしろLMBにはちがいないのでしょうし、あまり不安には思っておりません、インフィニットアンディスカバリーが今世代のJRPGの煮詰め方だと思っていたんですけど、それのようであればいいなぁと思っています。

Ver1.1から性別変更などできるみたいなので、作り直しはせず、見た目を女子にして、キャピキャピしながら”やりこみ”をやりたいですね。

- こーせき - 2013年12月23日 01:49:32

こんばんは。リンドウなんちゃらはやはりDLCですか…無料ならいいですけど、課金してまで知りたい話ではないから…無料ですよね?
 改めてプレイしてわかりましたが、やっぱり男衣装の方がヒドい気がします。どんぐりの背比べですが女衣装のがマシに見えてくる位、男衣装ヤバいですね。

 先日テイルズを語りたいのでw グレイセスを購入しました。普通に面白いです。エクシリア1.2が酷評された時、そこまでヒドいかな?と思ったものですがコレを先にプレイしていたらと考えれば納得します。
 レディアントでしか見てなかったアスベルの序盤の転落っぷりには笑っちゃいましたが、旅に何となく出るよりよっぽどいいかと思います。

 やはり仰る通り戦闘が楽しい!SPの様にCCがあるおかげでガン攻めできず、CCを増やす為にガードやステップ回避、敵のスキにCCを費やしたフルコンボを入れるといったメリハリのある展開になります。
 序盤使っていたリチャードが抜けた時はどうしたもんかと思いましたが、主人公はあえて避けてソフィでプレイしてます。B技で直接攻撃無いのはどうするんだろう?とは思いますけど。
 
 あと秘奥義が早い段階で割と手軽に使えますね。過去作より弱い扱いなのかな。

 キャラデザはディスティニーから入った僕はいのまた派です。絵柄とかがテイルズに合っているのは勿論、単純にデザインが好きです。鎧着てるけど重くない感じに当時は衝撃を受けました。
 初代からのファンの方は藤島さんを推しますが、僕も苦手です。何と言うか…モンハンとかのプレイヤーが主人公を作るゲームで例として「こんなカスタマイズが出来ます」と出されるなら、あの無個性は大切なのかと思いますが、テイルズの様な主人公がちゃんとキャラ設定されてる物では薄過ぎっていうか…ぶっちゃけつまらないデザインです。主人公だけに万人受けを目指す結果、何でも無い、取っ掛かりの無いキャラになってると言わざるを得ない。
 そう言えばエクシリアで好きなのも、いのまたデザインのキャラでしたし。(レイアはいのまたでしたよね?)藤島デザインってどのキャラだっけ?レベルです。藤島さんならルドガーとか作った人の方がいいかもですね。

- うに - 2013年12月24日 01:36:54

うーん・・・そうですね。。私はゲームの追加料金を払うのをそれほど苦に思わないタイプなので。。。DLCを買うという時点で、そのゲームが好きなのは確定しているわけですので、新作を買うというよりも安心できる、という点があります。

男衣装はやはりひどいでしょうね・・・なので、クマさんか、裸です。最近出たワイルドサンタはなかなかいかしますけども。

そうですか、グレイセスが合ったようでなによりです。あれがイマイチといわれたらどうしようかと思いました。

ソフィプレイはなかなか強いどころか、相当に強いので、お勧めです。特にアストラルベルトは倍率が相当高く、連打をしているだけでも相当に強いです。個人的にはパスカルプレイが楽しいです。近距離魔法という特殊な性質上、立ち回りが重要になり、A技→B技の連携による魔法詠唱短縮がかぎをにぎります。

秘奥義は相変わらず強いですが、ヒット数により秘奥義を出せるようになるスキルがありますので、扱いとしては技のひとつ、という認識レベルなのかもしれません。

私もテイルズはいのまた派です、ついでにいうと中身も。私はSFCのファンタジアから入った生粋のテイルズ信者ですが、それでも藤島キャラデザは微妙だと毎回思っています。ユーリが奇跡的な主人公デザインだったなぁ。。。と。

レイアはいのまたですね。
藤島キャラデザはXシリーズだと
ジュード、アルヴィン、エリーゼ、ミュゼ ですね。
いのまたは
ミラ、レイア、ローエン、ガイアス です。
奥村氏はいいと思います。なんというか、主人公らしいデザインをしてくれますので、ルドガーが白髪と黒髪が混ざっていたりといった、中二要素がはいっていたり・・

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。