お祭りFPSは伊達じゃない バトルフィールド4

家にいられるときは連日これしかやっていないというくらいに連続プレイをしているバトルフィールド4。(以下BF4)

すでにプレイ時間は20時間近くを迎えようとしている。
WS001900.jpg

ハッキリいってここまでFPSにはまることは稀。BF3ですらこれくらいプレイしたときには一度目の飽きがきていたであろう。なぜBF4は自分に合うのか。少なくともひとつの要素は体力の増加にある。

BF3では戦車や飛行機、ヘリなどの射撃は当然のこと、兵士からの射撃ですら3発ももらえばお星さまになっていたのだけど、BF4は優に5発は耐えられる。この間にプレイヤーができることはかなり多い。遮蔽物に逃げ込むんで待ち伏せることや、メディキットで体力を回復する。もうその場から逃げ去ってしまう、などさまざまな選択肢が得られる。はっきりいってこれが今までできていたのに、少なくともBFバッドカンパニー1,2と出来ていた。

なのに、できなくなったのはBF3であり、憎むべきはBF3が、あまりにも世間で売れてしまったCODをまねしたからだと思われる。体力を低く設定し、一瞬のうちに勝負がつくCODのそれはBFシリーズとしては望まれていない結果だということがBF4での改良をみるとよくわかった。体力設定をあげるだけで3も4なみにかたく出来たかもしれない、だけどそれでは最初の設計思想から外れるのだ。

だからむやみにあげることは出来ず、結局銃の射撃レートや、レンジ変更、リコイルの調整などを行うことでどうにかやっていたのだろうけど、個人的には最初こそ、64人の大人数対戦!と盛り上がったものの、最後の最後には、どうにかならなかったのだろうか、このバランスは。という評価になってしまった。上記した選択肢は3にはほぼ存在しないといっていい。ガンガンやられて、ガンガンやれるから。逃げるや、隠れる、回復するという選択肢はほぼなく、先に当たり始めたらやられているのだった。

今のところ不満点はゲーム自体にはほぼない・・・。一応強い武器が存在してしまっているように感じることはあるけれど、そういったのは残弾が少なかったり、リコイル調整が難しかったり、とバランスもある程度とられているように感じる。うまいひとには射撃レート高い=最強なのかもしれないけれど。

惜しむらくはクライアントの不安定、サーバーへの接続失敗の発生率の多さだろうか。クライアントがフリーズすることは3時間に1回は起こるし、サーバーへの接続失敗は多々発生する。そのせいでようやく席があいたサーバーに参入しても、接続失敗=また並んでねという時間のロスが発生してしまうことだ。これはおそらくサーバー設定、とこちらとの回線相性などもあるのだろうけど、やはりこれはストレスだ。その間違うことをしているけれど、もう少し思い立ったら戦場に降り立ちたいものである。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind