スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baldur's Gate Enhanced Edition 日本語化成功の暁に遊ぶ

ようやく、苦節数ヶ月、寧ろ2年くらい・・・
といっても、私が何かしていたわけでもないのだけども、有志さまのおかげで私のようなバカなプレイヤーでも遊べるように日本語でBaldur's Gate Enhanced Edition(以下BGEE)を遊ぶことが可能になった。

設定としてはゲームを立ち上げてから
オプションを選び、ランゲージの項目からJapaneseを選択してから、ゲームを再起動することで適用される。いつからこれができていたのかわからないけども、少なくともここ最近のようだ。BGEEなどを調べても日本語のページが見つからないし、いつになったら・・・もうBGEE2が出てるじゃないか。なんて思って調べてみたら、正式に対応したとの表記したブログを見つけまして、半信半疑ながらも起動したら本当にできたというわけです。

内容はあまりいい評判を聞かないBGEE、BGが悪いのではなくて、BGEEを開発したところに問題があるような感じだ。少なくともBG自体は名作といわれたDragonAge origins(DAo)を生み出したBioWareなわけですから、面白くないわけがなく、その前身であるBGはその基礎となったといわれている作品だそうだ。ちなみにこのころのBioWareは既になく、主要メンバが脱退して、今のBioWareは残りカスなんていわれている、だからDA2やMassEffectなどの評判はあまりよろしくないみたいで、DA2はやっていないのだけど、体験版を触った限り、コレジャナイではあったし、DA3はコンバットムービーなんかを見るとすばらしいのですけど、これが望まれているのかどうかは疑問に思うところもある。

しかし、とりあえずCRPGに疎い自分には、ようやくそのBioWareの基本のところに触れることができたという思いだったりする。

少し遊んでみた感想だと、つまりはリアルタイムで進むバトルを、ポーズなどをかけながら適切に指示をだして切り抜ける。これはまさにDAoと同じだ。まさに前身である意味がそのままに、後のゲームにも影響を与えるようになったシステム。

残念なのは、バグとして、一番右端にくるであろう文字が1文字だけ表示されないことだ。ある程度は予想できるので、それほど大きな問題ではないけど、これが改善される日はくるのだろうか?
WS001147.jpg
WS001148.jpg
WS001157.jpg

いきなり、ここにいては危険だ、といわれチュートリアルを実施した後に主人公は旅立つことになる。それについてくるのはヒロインと思いたくないようなイカツイ女子のイモエンだ。
WS001461.jpg

まさにゴリラ。バタクサイ。このゲームが出たのが10年以上前だとして、日本ではFF10などのような美少年、美少女が冒険するRPGが主流の時代にこんなゲームがはやるわけがない。

実際に私はBG2(EEではない)を当時、面白いという評判を聞いて、買ってみたのだけど、このグラフィックに嫌悪感を抱いてやめてしまったのだ、当時の私はまさに美しいヴィジュアルと爽快なバトルで、日本のゲームが好きだったのだ。今もそれはブログをごらんの方はわかるとおもうけれど、変わっていない。しかし、ここ数年で身についたのはゴリラ女も受け入れられるようになったということである。

そしてBG2をプレイした際にイモエンは登場する。つまり彼女は作品をまたぐレベルの美しい女性のメンバーなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。