スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上位にて、感想 モンスターハンター4

私は狩りゲーは好きなのですが、何故か「モンハン」だけは友人と一緒じゃないとプレイできない性質なのです。当然ながら、進みも鈍足でして、週末に友人と集まりプレイするというスタイルでようやく上位にいくことができた。

友人とのプレイ時は3人プレイでして、かなりいいバランスだと思っています。モンハンって歯応えのある敵と、協力して戦うのが魅力だと思いますが、最高人数の4人ですと正直ぬるくなってしまい、ちょっとゲーム性が損なわれたことがあったのです。過去の作品ですから今回もそうなるとは限りませんが。2人では少し心もとない状況を3人だといい具合にターゲットも分散するしで、とてもいい具合だと感じながら進めた。

最近はフォロワー作品でも、よく出来たものが作成され、モンハンでなくてもいいんじゃないか。という考えはあったものの、しかし久しぶりに触ったモンハンはやはり唯一無二のもので、動きが遅いからこその一撃の大事さ、モンスターの動きと、いろいろと観察するとヤッパリコレだなぁ!というのが正直な感想でして、今回の新システム等もあいまって、実際これは過去最高の出来なのでは、と個人的に思っております。

その他類似作品に比べグラフィックが汚いことはしょうがありません・・・。目は瞑れませんが、目を瞑ってはゲームは出来ぬ、背景さえ気にしなければ大丈夫なのです。モンスターのモデリングやシャドウの具合は臨場感を生んでいますし、背景がすっごい汚いところは、大体半分くらいですから、残り半分はそこまで気にならない。

さて、ゲームシステムですが、高低差は相変わらず好印象で、有効に利用できたときは少し強すぎるキライがありますが、限定的ではありますし、システムとして備えてるからにはそれくらいでいいのではないか、というのも思うところではある。以前任意ジャンプが強すぎると書いた操虫棍も上位では、とんでもない猛威は振るうこともなく、相変わらず強武器ではあるとは思いますが、バランスブレイカーという不名誉な称号は剥がしてやろうかと思う事も。

何よりも、古い作品のモンスターたちの復活というのは嬉しい。

しかしながら、過去に数百時間渡り歩いてきたモノにとっては、行動が読めてしまうのが少し残念なところではある。それを補うために、とても行動がアグレッシブになって強力になっていたりもする。上位での桜レイア(リオレイア亜種)では、一人で3死するという事態も。

そして、モンハンで遂に備わってしまったのが、実質終わらないエンドコンテンツである、ギルドクエストや探索の存在。今までのモンハンでは武器や防具をそろえればやることは実際問題なくなる。もしくはやる必要がない。である。3からはお守りという、ランダムの性能のものがあったが、よりパワーアップしたというべきだろうか。

件のギルドクエストでは、ランダム生成のクエスト&ランダム性能の武具発掘というオンラインゲームも真っ青なやりこみ要素が備わった。飽きれば終わりなのは当然なのだが、飽きなければ終わりはない。そして、何よりも最高の状態というのは、ハックアンドスラッシュRPGさながらに、おそらく作れない。常に何かが違うため、終わることはないのがこれだ。

先日ラグラナロクオデッセイエースでは攻撃力に特化した性能を構築してしまえばオシマイというので、不満をたらたら書きなぐったが、モンハンのゲーム性上、攻撃に特化というのは無理なので、実際問題最適な組み合わせというのは起こらず、最適解も存在しない、ゲームとしては理想の傾向だ。

勿論、このシステムは不評であることもあるだろう。どうやら発掘武具、つまりモンスターを倒して作った武器ではなく、拾った武器が強いということも起こりえるらしく、ドラゴンクエストで「どうのつるぎ」を買ったのにダンジョンにいったら「どうのつるぎ」が拾えた。よりも悔しい事かもしれない。

しかしながら、ゲームの拡充の為にはよかったのではないか。そう思う。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。