スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに日本で情報公開PS4 と PSvita

去る2013年9月9日に、ようやく日本でのPS4やPSVitaの今後が発表された。結論から言ってしまうと、とても素晴らしい発表だったと思う。ただのひとつを除いて。

それは発売日だ。海外では2013/11/15と11/29には発売だったはずだけど、日本だけ2014/2/22である。3ヶ月遅れとはさすがに呆れてしまうほどの遅延だ。その理由は河野プレジデントからも説明があったが、日本のパブリッシャとの問題。日本ではどんどんと洋ゲが売れるようになったとはいえ、それでもまだまだ土壌は出来ていなく、洋ゲというだけで毛嫌いする人もいるだろう。

例えば11月に出してしまうと、海外のソフトラインナップばかりになってしまい日本では出足が鈍足になることも考えての事だろうけど、ゲーム好きならばそんなことは関係ない。早くあのハードに触って、体感してみたいものだ。特に私の場合は洋ゲがやりたいのもある。日本は国単位で見るとアメリカに続く2位の国なのだという、欧州がはいってくると勿論順位は下がるのだが、日本はどうやらまだまだゲームが活発な国のようだ、そんな自国を少し無碍な扱いをしたソニーは少し考えを改めてもらわないといけない。

しかしながら、人気シリーズの龍が如く最新作の龍が如く維新はPS3/PS4のマルチプラットフォームでロンチタイトル、三国無双7with猛将伝がロンチタイトルになるなど、しっかりとツボはおさえてきた感じだ。まだ東京ゲームショウなどもあるので、そこで更なるロンチタイトルに期待したい。

値段は海外と大体同じ価格の4万というのは、ゲームをカジュアルに楽しむ方には手を出しにくいだろうが、ゲーマーならば間違いなく、即答で購入するという値段だろう。もはやロンチにおいて素晴らしいタイトル群があり、「タイトルが出揃っていない」なんていう言葉は口が裂けても言うような状態ではない。

だが、ゲーマーがどれだけ喉から手が出るくらいほしくても、世間と違うのがゲーマーである。PS4は発売後どうなるのか、全く読めない。世間はいまやソーシャルゲーム、スマートデバイスでのゲームにご執心な状態だ。ゲームメーカーもリソースをわざわざ割いてまでつくりあげている。多様なのはいいことだが、ゲーマーが好むゲームというのもシッカリと作り上げていただきたい。

そして、PSVITAだけど、こちらも良かった。狩りゲー狩りゲーと言っていたところから、共闘ゲームとして打ち出した、数々のタイトル群。今回の発表で一番目を引いたのはファンタシースターノヴァだ。PSPではファンタシースターポータブルシリーズとしてリリースされたオフラインもオンラインも出来るファンタシースターオンライン的ゲーム。PSO2がVITAで遊ぶことが出来るのだから、最初は出ないのかもしれない・・・と思っていたが、まさかの発表。

しかも開発はアクション要素戦闘大好きなトライエース開発である。今までのポータブルシリーズはアルファシステムが開発していたのだが、トライエースにしたことによって、期待は高まった。尖ったシステムと尖ったバランス、美しいグラフィックと爽快な戦闘が売りのトライエースが作るファンタシースターはどうなるのか。スペースオペラRPGとなると、どうしてもスターオーシャンが頭を過ぎる。

そしてPSVITAtvの発表。スマートフォン程度の大きさのこれは所謂据え置きPSVITAとなるが、値段は1万円で11月には発売。という事だそうだ。PS VITAのソフトウェアをTVに映してPS3のコントローラーで遊ぶ、だけでなく、コレ自体がVITAになるので、近くにネットワークがあれば、映像出力媒体を選ばずに来年の2月にはPS4のリモートプレイが遊べる事になるのだろう。

PSVITAは携帯型ゲーム機自体が人気ではない海外ではあまり受け入れらず、日本でも高い値段設定という印象があるし、TVでゲームを遊ぶものという固定観念の人に受け入れられるかが課題になりそうだ。もう既にVITAには良作なゲームがたくさん出ているし、この安い値段である。ぜひともこの機会に購入してほしいと思うのだけど、世間はどう受け取るのか、やはり読めない。

全てのラインナップが問題なく遊べるわけではないというのも不安な部分だ。今後はパッケージの表記に対応機種としてPS VITAは当然のこと、PS VITA tvが加わるのだろうか。

今回の発表は今までソニーが行ってきた発表の中でもトップクラスに良いモノだった。ゲームの未来が更に楽しくなりそうだ。しかしながら、懸念点は使いこなせない人、使い方がわからない人だ。デジタルディバイドが現在の世の中の問題でもありますから、紙ペラの説明書ではなく、シッカリと記述された説明書や、店頭での販促時に丁寧な説明をさせる必要があるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 時雨 - 2013年09月16日 00:29:31

どうも、時雨です。
今後のソフト展開日本語のやつを見てきました。
日本ではPS4は来年の2月らしいですね。

PS4は少し面白そうではあるのですが、発表されたものだけを見る感じではまだ買うには物足りない感じでした。
私自身がTPSとかオブリビオンやスカイリムといった感じ(リアル感覚?)のゲームが苦手なので、なかなか手を出せそうにありません。
deep downは少しだけ面白そうに見えたものの、これはやってみたいと思うものがありませんでした。
後は、ゲームによってはPS3、VITAのマルチでソフトを出すかもしれないと言う事もあると思います。
私自身スマホ持って無い(今の私に使い道が無い)ので連動とかも出来ないですからね。

VITAは今後少しずつ伸びてきそうですね。途中で微妙に出てきた艦これで一瞬わたしが固まったりしましたけど。
今後は共闘を軸にソフトを出していくみたいですが、時々コントローラーのアナログを壊してしまう私としては携帯機でアクションはあまりプレイしたくなかったり・・・。
プレイしている途中でバキッとなったことが何回かあるので、気をつけてます。
トライエースってまだ生きてたのですね、SO5待ってたりしてたのですが・・・。

PS3はまだまだ現役といった感じですかね。
正直なところPS4に見合うゲームというのが思いつきません。あったとしても見た目という部分以外での違い(ワラワラ感が多いというのも含む)しか思いつかないので・・・。(もちろん他のゲーム機でも同じですけどね)
リアル3Dの洋ゲー、テイルズみたいなアニメ系3D、ディスガイアみたいなキャラは2Dみたいな感じに分けるとすると、個人的にはPS3で十分そうなのが多いような気がします。

VITAtvはちょっとびっくりしましたね。PS4とも連動できるみたいですが、携帯機を外に持っていかないような私としては安く買えるなら壊れた時にこちらを買いそうです。
ただ、VITA画面をTV画面に引き伸ばすと画像がどうなるかは気になるところではありますけどね。
後は前面、背面をタッチしたりするのがどうなるのか・・・こういうのを主とするゲームは出来ないって感じなんですかね。(シェルノサージュ等)

個人的には私も面白い発表でした。
ゲームショウ2013とか行けるわけでもないので、次はこの辺りの情報とかが楽しみですね。

- うに - 2013年09月16日 23:53:29

そうですよね、ハッキリ言って洋ゲーが苦手な人にとっては猫に小判状態なんですよね。といっても、そろそろTGSですので、今回の発表に出展できなかった中小企業などが出展、発表する機会は十分に考えられます。

まだまだPS3は現役ですが、さすがに鞭をうって現役として使い続けている感は感じています・・・これは特に海外産のゲームをやると特に。

VITAは本当に持てばわかる!といいたくなるようなハードでして、このハードが2万で買えるのはスゴイ!と思っていますし、今の私にとって一番なくてはならないハードですが、世間が選ぶのは3DSというのが悲しいです。もちろん3DSも好きで、自分の好きなソフトが出たら遊びますけどね。

トライエースは最近ですと
エンドオブエタニティ以降は、3DSのラビリンスの彼方(コナミ)や、PSvita,PSPのダンボール戦記W(レベルファイブ)、PSPのフロンティアゲート(コナミ)といった、以前のようにスクエニお抱えのデベロッパーではなく、いろんな会社の案件で携帯機ばかり作っているようです。今回もVITAということですし、なんだか一時は国内有数のデベロッパーなんていわれていたのに・・・という感じです。

スターオーシャンはもう自分の中では終わりました・・・出たら買いますが、正直SO4のゲームデザインはいつまで、システムが古臭いのを引きずるのか、という呆れもありました。

VITAtvは本当にVITA気になるけど、という人にはよさそうなんですよね。
でも完全に対応しているわけではないのが、残念です。対応しているかどうかはソニー公式で見られたと思います。どちらかというと、対応していないほうが少ないレベルだと思います。

- 時雨 - 2013年09月18日 20:58:43

どうも、時雨です。

正直なところ同じゲームが出来るなら、グラフィックが多少劣っていてもPS4よりPS3で十分だと思ってしまう私が居ますので、なかなか難しいところですね。
グラフィック面ではなくシステム面でPS3ではできない、PS4でしかできないんだっていうところをできれば和ゲーで見てみたいですね。
見た目だけ良くなって中身あまり変りませんっていうのだと魅力は無いかもしれません。これはもちろん和ゲーだけでなく洋ゲーでも見たいところです

VITAは最初の頃は要らないとまで言われてましたから、私としても今後が楽しみです。
個人的にはアクション以外で、できればVITAを活かせるソフトが出てくれると嬉しいです。

トライエースは地味にまだ現役だったんですね。
エンドオブエタニティは楽しくプレイさせていただきました。
SO4は私も微妙に途中で放り投げたんですよね。(何が原因だったかは覚えていません。)
SO3は大分やり込んでた記憶があるんですが・・・ヴァルキリープロファイルも2は放り投げたんですよね。1はやっぱりやり込んだ記憶はあるのですが・・・。
ただ今後SOがあるとしたら何を望むかと言うと、何も思い浮かばないという・・・。
アクションならテイルズのほうが良い様な気がしますし、クリエイトはガスト系列のゲームのほうが良い様な気がしますし、残るは宇宙しかない気がします。

VITAtvは気になると言えば気になるのですが、上記で書いたようにVITAを活かせるソフトも欲しいので、前面背面タッチをもっと活かしたゲームも欲しいというところが本音ですね。そういった意味ではゲームとしては微妙になってしまったものですが、シュルノサージュは結構VITAを活かしたゲームだと思います。(使い道としてはちょっとあれですが・・・)
無双NEXTも確か微妙な機能があったような、プレイしてないので覚えていないですが。
今だと有っても無くてもいい様な機能に成り下がってしまっていますからね。この辺もできればもっと期待したいです。

- うに - 2013年09月18日 22:17:02

こんばんは

確かにグラフィックだけの変化だけでなく、という方なら本当にPS3だけで十分かもしれませんね。PS3からPS4に変わることで有利な点は、スペックから換算するにおそらく、圧倒的なローディングスピード、スリープ&レジューム機能のおかげで携帯ゲーム機のようにサっと始められる、より多人数のマルチプレイ(例としてBF4PS3版は24人対戦、PS4/PC/XboxOne版は64人対戦)ぐらいでしょうか。一応シェア機能とかもありますが、私はブログで使う気ではいますけど、そういうのやらない人にとってはそれも。。。というところでしょうか。

しかし、私はグラフィックがきれいになってくれるのは常々の願いでした、PS3の最高峰といわれたthe Last of Usですら、チープなグラフィックだと思ってしまうぐらいに目が肥えてしまいましたので。PCのグラフィックボードを買い換えるだけで2万は軽くします、それを考えても4万というのは破格かな、と思っています。

トライエースは個人的にはSO3までかな、と
エンドオブエタニティはあまりにも戦闘ばかりのゲームで飽きてしまいましたし、VP2は、1周クリアでやめました、もともとVPシリーズ自体がすきではなく、SOシリーズも名作なんていわれる2以外のほうがすきだったりします。そうなんです、テイルズのほうが数出している分ブラッシュアップされているんですよね。クリエイトは確かにそうでした。アトリエ、面白いですね。

VITAでアクション以外ですか、今のところRPGなんかではどれも際立つものはありませんよね。といっても私にとってはもうすでにつまないといけないほどゲームが出ています。据え置き機でやるようなアクションゲームが手元、外でもできるというのはうれしいとしかいいようがありません。
無双NEXTはロンチタイトルによくある、余計なことをした無双でした・・・

- 時雨 - 2013年09月20日 01:33:04

どうもです、時雨です。

TGS2013始まりましたね。生放送のタイムシフトでちょっと見てきました。
PS4の話とか、今回はビジネス系の人達に向けてのものなのでアジア系のゲームに携わる人たちの話を聞けて良かったです。
ゲームの情報に関しては、やはりdeep downが見れたのが良かったですね。
3Dのランダムダンジョンの生成が出来るというのは、やはりPS4だからできるのかな~と思うところがありました。
私自身こういったゲームは得意なほうではないのですが、今のところPS4ならではのゲームとしては一番触ってみたいゲームだと思います。
前も言ったとおりTGSとか行ける状態では無いので行けないのですが、うにさんは土日のどちらかは行ったりするのでしょうか?

グラフィックについては良い事には私も嬉しいのですが、逆に良くなったのがグラフィックだけと言う事になるとどうかな、と・・・。
言ってみればPS3からPS4になった事によってどう言う事ができるようになったのか、というのが一番知りたいところなんですよね。

例えばPSからPS2、これだと内部の機器が良くなったのはもちろん一番大きいところはCD媒体からDVD媒体になった事によるゲームの容量が増えた事ですよね。
これによって更にボリュームのあるゲームが開発されるようになりました。(もちろんグラフィックにおいても。)
PS2からPS3はDVDからブルーレイに変り更に大容量化、またネットワーク機能が追加されてDLCやパッチの配信、過去のゲームをDLCで安く買う事もできるようになりました。
ではPS3からPS4は・・・と考えてしまうんですよね。
スマホ持ってなくて使えませんし、カメラも正直なところ今の私には使い道が無いかなと・・・となれば私に残された道はソフトの内面的なものに目を向かざるをえない状況だったりします。

とりあえず、トライエースはともかくPS4に向けてゲームを作れる会社がどれくらいあるかというのが問題点ですよね。
PS4では話によるとゲームを作りやすい環境という事にも力を入れているとのことでしたので、期待と不安が入り混じったような状況です。
今のところこれは絶対にプレイしたいと思えるようなものが無いので購入は保留中ですが、和ゲーにはもっと頑張ってもらいたいです。

RPGは閃の軌跡をVITAかPS3かで迷ったのですが、結局テレビ画面でプレイしたかったのでPS3にしてしまいました。
私自身が携帯機とは言っても家でしかプレイしないので、基本VITA専用のゲームでもない限りはほぼPS3です。
外に行ってまでゲームをしていると言う事も無く、バスに長時間乗っていてもゲームと化したら確実にバス酔いするので出来るわけも無く、おそらく外でプレイするという事自体が起こらないような生活だと思います。

- うに - 2013年09月20日 20:56:02

deepdownはちょっとだけみましたが、デモンズソウルやダークソウルのあのあたりを狙っているのかなぁと思いましたね。TGSは数年前に一度だけいったことがありますが、それ以降は特に行きたいとおもいませんね。ゲーム一本試遊するのに2時間かかりますから・・・

うーん。。。確かに付加効果というか、たとえばBDが見れたりだとかを考えてしまう人には訴えが弱いかもしれませんね。実際私の友人の一人もPS4だから出来る事ってないよねって言っていました。正直いうと私にはDVDが見れたり、BDが見れたりは二の次三の次で、ほぼどうでもいいものだったりします。見れるにこしたことはありませんが、やはりハイクオリティなゲームが出来ること、これです。

今回は前情報として、ローディングの関係ですとか、レジューム機能ですとか、ゲームをするにあたっての快適さが異常なほどと予想しています。たとえば私は快適にPCでゲームをするためにSSDを導入したり、さまざまな周辺機器を買っています。それくらいする性格ですので、やはりそこを突き詰めてくれているのは非常にありがたいです。

初めて携帯ゲーム機のスリープという存在に触れた時に、なんで据え置き機では出来ないのだろう?通電してるのは同じなのに。と思っていたことがあり、それも実現されていますので、本当に願ったりかなったりですね。

閃の軌跡は私はVITA版ですね。ローディングがPS3に比べ長いということなのが不安ですが、やはりパラっとめくってすぐ始められるアドバンテージは大きいかなぁと。TVでやるグラフィックでもないと思っていますし、それこそVITAtvも購入しますので、TVでもやれるのではないかな、と。

ま逆な意見ですが、私は最近PS3/VITAマルチの場合は、まずVITA版を検討してしまいます。上記のとおりすぐ出来るということと、移動中、専用のケースにいれれば入浴中にも出来るからです。場所を選ばないというのは本当に私にとって大きいです。

- 時雨 - 2013年09月21日 00:32:15

確かにイメージはデモンズソウルのような感じですよね。
だからこそ私の苦手分野だったりするのですが・・・動きがリアルだったりするよりも、驚きのある行動とか多人数が動いていたりしてたほうが好きですね。
後はロボット系とかでもいいかもしれません。普通のTPS、FPSよりアーマードコアみたいな感じのほうが好きですね。(3以降はプレイしてないのですが、もうすぐ発売するのはどうしようか迷い中です。)

個人的にはDVDが見れるというのは、レンタルとかほとんどしないのであまり興味無いですが、ゲームとしてどんな事が出来るようになったのかというのが気になりますね。
PS2でも何かネットワーク関係があったような気もしますが、PS3になってオンラインでの協力、対戦プレイが出来るようになった・・・といったような感じで、ゲームに関するPS3では出来なくてPS4でなら出来るといった感じのものを期待しています。
そういった感じで、シリーズ物が出ればもちろん買いたいとは思うのですが、まったく新しいPS4ならではのゲームが見たいというところですね。(VITAでも同じような事言ってますが。)

私自身7年前のPC使ってたりしますからね。
もちろん新しいのに買い替えたいのですが、手持ちのお金が微妙なラインを行ったり来たりしているので、どうにも手が出せずといった感じです。

こう色々と情報交換していると、また違った価値観があるのが面白いですね。
私自身が基本的にはゲームをプレイする時間帯などが決まっていて、あまりそれ以外の時間でゲームをプレイすると言う事が無いせいか、できるだけキリがいいところでプレイを止めるので、スリープ機能とか他の場所でプレイするといった思考にはならないんですよね。

前にも言ったとおり移動時間のバスの中では酔うので音楽聴くだけ、お風呂に入ってる時はゆっくりしたいのでやはりお風呂に入ってるだけ、今現在はPC稼動させているので微妙にブラウザゲームとかが起動しているぐらいで基本PCのみの事しかしなかったりします。(性能低いのであまり無茶はできないのもあります。)
このような感じなので、VITAのみでしか出来ないもの以外はだいたいPS3でのプレイが基本になってるのだと思います。

- うに - 2013年09月21日 01:17:49

アーマードコアはPS1のころはよくやっていたんですが、PS2のころには少しゲームから離れていまして・・・戻ってきてやったときには難しくて手をだせたもんじゃない!となっていました、最近4をやろうかなーと考えていたりします。

PS4ならではのゲーム・・・これは課題でしょうね・・・私にとっては単に今のゲームがパワーアップした、でも満足なんですが、時雨さんをはじめ、興味をもたせるためには何か奇をてらわないといけないのでしょうか。

しかし、個人的には奇をてらったWiiという悪夢のようなゲームハードがどうしても頭にのこっていますので、個人的には今のゲームがパワーアップ、で、いいんだと思っています。結局みんな昔から好きなゲームは好きなままですよね。格闘ゲームは2人対戦だし、SRPGは見下ろしだし、RPGは日本のはアニメ調でシステム重視だし。

いやぁ本当にいろんな意見があるなぁと思います。私もゲームを遊ぶ時間は大体同じだと思います。朝は通勤の電車で、夜の帰宅中に、帰ってきたら部屋でゲームと。

まさにおっしゃるとおりこんな生活なら一定なのでスリープとかいらないかもと思ってしまいますが、これだけを例に挙げるのもなんですが、ディスガイアは以前話題に出たのでご存知だと思いますが、あれの起動時のロードが耐えられないんです。

都度つどロードしてくれていいから一番最初に30秒くらいロードをしないでほしい、待つのが苦痛で最近あのシリーズを避けています・・・。ですが、VITAの復帰のようにペラっと画面をめくってすぐ再開できればなんともストレスフリーなことか、となりそうなんですよね。

ハードの電源いれてから動かせるまで10秒程度のゲームであればスリープは使わないと思いますが、あとはものめずらしさというのもあると思います。

- 時雨 - 2013年09月23日 19:52:05

私もPS2からプレイしていないので、PS3になって全く違う操作性になっているのではと不安なところはありますね。
これが更に対人要素とか出てきたらボコボコにされそうです。

まぁ単純に今のPS4にPS4のみの私が欲しいシリーズ系ソフトが出ていないというのもあるのですが、逆に言えばそういうのが出たら買うかもしれないと言う事になるのですが・・・。
とりあえずTGSの生放送とかをタイムシフトで色々飛ばしたりしながら見ましたが、グラフィックはやはりすごいですね。シリーズはプレイした事ないのですが、MGS5等は見てるだけで面白そうでした。(私がプレイすると悲惨な事になるのは間違い無し。)

まぁ、私もWiiのようなものは別に求めていませんけどね。
結構前になるのですが、私がFPS系のゲームで唯一ハマれたというものがありまして。
それがレジスタンス2なのですが、今のVITAの戦略と同じで怪物を8人パーティで倒していく協力プレイモードがあったんですよね。
3つの兵科から選べるのですが、私が選んだのは衛生兵一択だったんですけどレベルMAXになるぐらいにはプレイしてました。
FPSも対人じゃなくてこういったゲームをもっと発売してくれれば、対人戦でプレイすれば即死するみたいな私とかでも楽しく遊べるんですけどね。
2で面白かったから3でもあると思っていたら無くなってたという・・・何でなくしてしまったのでしょうか、すごい残念でした。

私自身が普段ゆっくりとしているせいか、ロード時間とかって気にした事がないんですよね。
正直なところディスガイアのロード時間が長いというのを初めて知ったぐらいです。(それだけ本当に気にしていないので・・・)
どこかのサイトで幻想水滸伝5のロード時間も長いといったようなものを見た事があるのですが、それすらも長いなんて思った事も無く・・・無双のディスク入れ替えが面倒というのもよく見ますが、やはりそんな事思った事も無い人間です。

ただ唯一少しだけピクッとすることがあるとすれば、ゲーム始めようと思ったらシステムのアップデートで多少時間がかかる時ぐらいですね。
ゲームのインストールぐらいは仕方ないと思って諦めてますが、PS4ではインストールしながらもゲームが始められるらしいですね。

- うに - 2013年09月25日 00:31:13

MGS5は私はシリーズが好きなので、楽しみにしているのですが、やはりオープンワールドが初なせいか、グラフィックの質はそれほど高くないように見受けられました。PS3に毛が生えた程度というくらいでしょうか。しかし、あれはたぶんPS3では再現できないのでしょうね。そういうところもPS4の魅力です。

レジスタンス2ですか、60人対戦くらいはあの当時にしてはすごかったですよね。お祭りFPSはあぁいうのをいうと思うんです。BFシリーズの面影があれにはありました。

しかし、時雨さんと私が違うのがわかりました。時雨さんが好きなのはcoopと呼ばれる協力モードだと思うのですが、私こういうのはイライラしてしまうというか、 CPU相手に何をみんなで協力してるんだ、撃ち合いたい!と思ってしまうタイプなのです。

基本的にFPS系ではcoopが搭載されていることが多いですが、ほぼやらないことが多いです。武器のアンロックとかで仕方なしに・・・というくらいで、基本的には対人同士で撃ち合いをしたい人なのですね。しかし、好きなゲームのジャンルのひとつとして協力してCPUを倒す狩りゲーがありますので、一概に協力がいやだ、というわけではなさそうです。しかしオンラインで顔の見えない相手とは協力はやはりしません。

ロード時間は私も昔は気にならない人間でしたが、なんだかやるゲームが増えるにつれて、無駄な時間をすごしたくないと思うようになってきたせいか、その一番の原因がロードであるということでした。なのでロードは気になりますね。

たとえばディスガイアは最初に1分くらいロードしてそれ以降はロードが発生しないというつくりなようですが、起動するたびにそれをされるのがやっかいでして。。。まだディスガイアは1分ですが、GTA4なんかは3分くらいロードがあります。起動するたびにこれは痛いです。そして私は一回一回のゲームの遊ぶ時間がそれほど長くないのですね。

だから、一回立ち上げれば数時間遊ぶというのがないので、1時間くらい遊んだらやめて、また違うときに起動、そのたびに一括ロードされるってのはちょっと痛いですね。

インストールはしょうがないとはいえ、長いのはきついですね。。。
それでもインストールに対応しなくて遅いゲームよりは、インストールに対応してくれて快適なほうがよいですが。

- 時雨 - 2013年09月26日 23:10:49

どうも時雨です。

私自身あれ見てすごいな~と思っていたのですが、うにさんからそう言われると私自身やはり見た目のグラフィックとかはそこまで気にしていないのだと実感いたしました。
私自身流石に無理ってぐらいのものでもない限り面白ければ良いという感じですからね。

確かに私が好きなのはおそらくそのCoopというものだと思うのですが、少し説明不足だったかもしれません。
新作のCODの発表動画を見ていたのですが、その中にオンラインで相手チームが完全にNPCというものがありましたが、それ自体は私自身プレイしたいとは思っていません。
ようは人間(プレイヤー)VS人間(プレイヤー)を人間(プレイヤー)VS人間(NPC)にしたところで、私の場合共闘というより結局一人で行動してる事に変わりはないからです。
こういったFPSのチーム戦等において、他の人とどう協力すればいいかが全くとして分からないからです。

では何故レジスタンス2が面白かったかといいますと、まず相手が人間ではなく化物、怪物、機械といったものだからです。
このゲームのCoopは何種類かあるステージ(同じステージを選んでもミッションが微妙に毎回違う)で巨大な怪物や機械、一斉に攻めてくる怪物達等を協力して倒していくというものでした。
言ってみればFPS版多人数プレイできる地球防衛軍(プレイした事無い)的なノリで遊んでいたんですよね。
ですので、ただ相手がNPCであれば良いというわけではなく、VITAの共闘ゲームのような一斉に相手しないと戦えないといった感じの敵を協力して倒していくFPSを作れば、もう少し日本人でもこれならプレイできるって人が多くなるのではないかな~と思ってます。

協力プレイヤーに関しては、相手のマナーが著しく悪いとかでなければ誰でもいいですね。
コミュニケーションが出来ればもっと良いですが、出来ない場合が多いですね。
基本的にはボイスチャットは全く使わないので、キーボード使ってのチャットしかしないのもありますが・・・。

なるほど、うにさんは時間的に分割されてるみたいな感じなのですね。
私の場合は出来る時にがっつりと時間とってプレイするタイプなので、そこが大きな違いかもしれません。
私自身お休みの日に何も無ければゲームして、お休みじゃなければ夜PC使ってるのみでゲームは一切しないので・・・。
そういう意味で本当にゲームが出来る時間が決まっているといった感じですね。

- うに - 2013年09月27日 01:17:50

十分すぎるほどすごいと思うのですが、やはりまだPS4の序盤だとこんなものか、というのとファーストタイトルはあれだけ出来ているのに、というところですね。実際BF4などのグラフィックを見ても、今のに毛が生えた程度だなぁとしか思えないのがつらいです。

なるほど、理解しました。つまり化け物を皆で協力して倒す!というところに魅力があるのですね。XBOX360で人気のあるギアーズオブウォーというゲームがありますが、メインコンテンツがそのモード(ホードというモード)だったりするそうです、私は持っていてプレイもしましたが、やはりその協力というのが合わずすぐやめてしまいました。

そうなんです、遊ぶ時間が少ないのではなく、一個当たりに割く時間がすくないのですね。だからクリアは鈍足ですし、いろんなものを触るため、クリアしなかったり、理解していなかったりします。だから、ブログのタイトルになっているわけですね。

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。