スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望と希望 ダンガンロンパ

ダンガンロンパをクリアした。ここ最近PS VITAでは、ダンガンロンパだけしかやっていなかったことから考えても相当嵌っていたといわざるをえません。では結果的にこのゲームは面白かったのかというと、ここは変わらず不満はあるが総合的に見て面白かった。

結局最後の最後までこのゲームのオリジナリティである、学級裁判という犯人当てゲームが苦痛でしかなかったのが不満の大きな原因だ。しらみつぶしに重要なポイントをわたりあるいて、「この場所で調べる事はもう何もないな」というまで部屋を調べて、集めた証拠を提示して犯人を当てるこのゲームパート。

なんとも歯がゆい思いをする事がある。どうしてこの証拠をぶつけてもわかってくれないのか、というのに悩み、犯人や事件の全体像はわかっているのに、一番頭を使うのはみんなを説得するために限られた選択肢の中から決められた答えを渡すことだ。簡単にわかることもあるが、結構後半になるとこちらの証言数が増えてくるのでぶつける選択肢は多くなってくる、それに対して答えはひとつしかないわけだから、わりと難しい。

望むのはこの点において、いくつか正解があればよかったということだろうか。そして、これはいいことなのだけど4章くらいからは謎ときの難易度が上がって、犯人が誰かというのは考えていないとわからなくなった。

学級裁判以外は概ね良好なゲームで、シナリオの展開は最後一歩手前までくらいは面白かった。ただ、オチというか、学校に入った原因がもしかすると・・・と思っていたのがあたっていたので、やはりそうだったかという印象が強く最後の最後で結構肩透かしをくらってしまったのは事実だった。

このようにダメな部分といい部分に段差がありすぎて、なんとも評価に困るゲームではありますが、嵌れたのは間違いないので良質なゲームだ。ということにしておきましょう。

そして、ラストに関しては2に続くという事なのだろうか。色々と改善されているならば2が非常に楽しみなのですが、とりあえず今フルプライスはちょっと気が引けるので、ベスト化を待つとしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。