この発展はあり ジージェネレーション フロンティア

先日からAndroidやiOSにて、ジージェネレーション最新作でもある、ジージェネレーションフロンティアの配信が開始されたようです。

ためしにやってみたのですが、既存のジージェネとは違いRTSになっているためせわしない操作が求められます。しっかりしたRTSかといわれると、まだ序盤なので1ミッション自体が1分以内で終わるため何も考えずに行軍するだけで勝ててしまいますが、ユニットによってSレンジ、Mレンジ、Lレンジといった要素があり、攻撃範囲が決まっています。

さらにソーシャルゲームにありがちなコスト関連も相まって戦艦に好きなだけユニットを搭載することができなくなっている。

これは今後続けていくことで行軍やユニット編成に試行錯誤するなら、新しいジージェネのフォーマットとしてよいかもしれない。

ジージェネは強いユニットが簡単に手に入ってしまって、序盤からヌルイゲームとなってしまい、飽きがきやすいが、ユニットの強化はミッションクリア時に手に入るカードやガシャによるカードでの合成というところから簡単にユニットの開発や強化が行えない為、この一見悪徳な商法に見える手法が意外とゲームの寿命をながくしそうになっているところが面白い。

つまりコンシューマゲーム=購入すれば好き勝手にできる。という図式に対して
ソーシャルゲーム=(リアルマネーをかけず)強くなるには運と時間が必要、というのがゲーム寿命が短いケースに陥るジージェネには割りとあっている。

当然既存ユーザーで好きなユニットを作って最強軍団を作る、といったロマンプレイはできない為、そういった「キャラゲー」として楽しみたい人には、このソーシャル商法は悪だろう。

とりあえず序盤はLレンジのユニットをメインで使って、近づく前に倒すというのが常套手段になるかもしれない。

本家のジージェネがアニメや操作性の快適さがパワーアップしているのに対し、ゲーム性としてはまったくの成長しないところが不満だったわけですけど、RTSとしてリリースしたのはなかなかに面白い。

スパロボもグリッド移動ではなくフリーエリア移動のシステムのもの(スパロボNEO)があったり、RTS要素のものがあったり(スクランブルコマンダー)、挑戦しているけれど、スパロボはやはりグリッド移動して行うものだろう。という認識が強いため、受け入れらていない印象を受ける。

そういった意味でもこのソーシャルから切り込んだ新しいジージェネのスタイルは今後にどう影響があるのか楽しみなところだったりする。

興味のあるかたは、招待IDに29176481を入力すると、何か「アレハ、イイモノだ・・・」というのが貰えるそうです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind