スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグナロクオデッセイ 良作 だが・・・

このゲームはキャラクタークリエイトにはじまり
ジョブを選択することになります
その際、ジョブはちょっとの間変更できませんが
すぐに変更できるようになります
そしてボクはいろんなスタイルをためしてみたかったので
まだチャプター4という鈍足プレイスタイルながら
3のハティという氷の狼のボスや
超巨大なボスグレンデルと対峙し、色々と試してみました
結果はや100回も死亡するという不名誉なトロフィーまで解除してしまうはめに・・・

とまぁその結果わかったことがあります
非常にジョブ間でのバランスが悪いのです
それもプレイスタイルを縛られるほどに

このゲームにはいわゆる
両手剣士、双剣使い、ハンマー使い
弓使い、魔法使い、僧侶
と簡単にいうと6職にわかれていますが

この職だけ使っていれば大丈夫なのでは?というほどに
両手剣士であるソードウォーリアーと
双剣使いのアサシンが強すぎるのです
一応3番めとしては僧侶であるクレリックがありますが
この3つの中でもソードウォーリアーは格別にバランスブレイカーでしょう
それぞれHPがおおい、遠距離攻撃が出来る、範囲攻撃に強い
など特徴を持たせていますが
ソードウォーリアーはHPも多けりゃ攻撃も強い防御も硬い
範囲攻撃も強い、範囲も広い、ガードも出来る
という万能性能であり
アサシンの手数の多さにはまけますがとにかく
ソードウォーリアーが強すぎる印象があります

ハンマー使いであるハンマースミスは
モンハンでもある、攻撃はおそいけど一撃に重みがあるタイプ
わかりやすいタイプですね
HPもおおくて防御も硬い典型的なパワータイプです
しかし、攻撃の出が遅すぎるため攻撃を潰される
火力はとんでもなく高火力ではないので
違う近接ジョブで殴っているほうがダメージを持っていけるという死にジョブ

弓使いのハンターなどは笑えないレベルです
こういったゲームの際、遠距離攻撃のスタイルというのは
防御は低いが敵の攻撃範囲外からチクチク攻撃できるから
被弾しにくいといった特徴がありますが
このゲームでの弓攻撃は距離によってダメージが変わるため
零距離で撃てば100のダメージも
安全かなと思える位置から撃てばダメージは1です
どれだけ強化しようが離れていれば1になります
おまけに防御は紙装甲
つまり遠距離の攻撃を得意とするジョブなのに
敵に接近しないとまともにダメージが与えられない上
被弾すると痛いわ、攻撃の硬直はながいわで笑えません
マルチプレイを前提としてこういったバランスになったのかもしれませんが
これではハンターを使う人は意地でもない限りいないでしょう

魔法使いであるメイジも同様に死にジョブです
なぜかというと通常攻撃いわゆる弱攻撃は
近接で杖を振り回し攻撃します
そして強攻撃で遠距離なり自分中心に範囲魔法を発動させますが
弱攻撃が近接なため、近づかないと敵に攻撃があたらない
おまけに範囲攻撃は詠唱によるタメがあるため
その間に攻撃されて中断されます

ではソードウォーリアーはどうでしょうか
勿論近接タイプなのはいうまでもないですが
手数がハンマースミスよりも多いため
ダメージソースとして期待でき
範囲攻撃もタメなどがないためメイジの株を奪っています
攻撃の硬直もハンターほどひどくはないため
近づいて撃たないとダメージにならないハンターより
硬直も短いため被弾率は低い

前回の記事ではかなり絶賛するコメントを書きましたが
あまりにもジョブのバランスが悪すぎるという
本当にデバッグをしたのか?
それともデバッガーレベルにやりこまないと
そのジョブの味が活かせないのか?といいたくなるほどに
上記の死にジョブには旨味がありません

しかし、ソードウォーリアーとアサシンを使いプレイしているときの
楽しさは事実なのです
もし2作目があるならばここらへんの改善は確実に必要でしょう
寧ろなぜ1作目で気づかなかった?といえるレベルですが
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。