ちょうど30時間でクリア テイルズオブハーツR

以前からの予想通り29時間45分くらいのほぼ30時間でクリアに至った。難易度は久々にノーマルでやっていたので比較的短く終わったのだと思う。DS版はハードで40時間、イノセンスRはクリア時間が26時間だったけど、こちらもハードでやっていたせいで長くなっていたのだろう。

感想としては最初から最後まで安定のテイルズで大変面白かったが、シナリオ(ストーリーではなく)が非常に残念だったといわざるを得ない。元々ストーリーは大好きなものだったので、大きく変えない限りはひどくはならない為、当然リメイクでしたので酷いものではなかったが、違和感を覚える人形劇は事実だ。

あまりゲームをやるときや評価をする際にはシナリオといったところは無視するというわけではないが、重視してみていないのだけど、ハーツはかなり好きな物語だったので、今回の追加キャラ等の際にそういったところがどう変わるのかというのは楽しみだった。しかしDS版の脚本を書いた山本氏は恐らくこのハーツRが開発されていたであろう時期にはオリジナルのエクシリア2の脚本を担当していただろうから、ハーツRは外注になっている。ちなみに外注先は不評の声が多いデスティニー2を担当したシナリオ工房月光だった。

今回のリメイクにあたり、2Dのドットキャラが3Dのポリゴンモデルになっているからそのままの脚本では違和感を感じたというのはPSPのテイルズオブザワールド レディアントマイソロジーシリーズのプロデューサーである大館氏が語っていたが、直した結果がこれでは手直しをした意味があったのかという疑問が浮かぶ。

あるキャラクターが船の上から海へ転落する辺りなどはギャグのような展開で、その後に命の危険が迫るシーンだというのに何の緊迫感もなかった。色々と脚本やイベントデザイナーのセンスが問われるところだったのだろうけど、見事に安っぽいイベントに仕上がっていた。

悪いところばかりでもなく、自然と追加キャラがストーリーに馴染んでいるのは良かった。
イノセンスRではコンウェイが自分から"のけもの"にされているといった発言が見られたので。

ラスボス戦一個前はDSではステージを縦横無尽に走りながら戦わなければいけないギミックめいた戦闘だったけど、これが簡易的な仕様に変更されていたのは残念だった。人型ボスになってしまうのは3Dテイルズの残念なところ。

クリア後のダンジョンに入ると、予想通り"トライバースゲート"
ガラドがここぞとばかりに黙りこくる。あやしい。本編で唯一自分に焦点が当たる事がなかったガラドだけに、ここから掘り下げがはじまるのでしょう。

そのうちテイルズオブトライバースでも出すつもりなんだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind