スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハックアンドスラッシュアクション ラグナロクオデッセイ ファーストインプレッション

先日PSVで発売された
ラグナロクオデッセイですが
チャプター3まですすめましたので
今のところの感想を書きたいとおもいます

体験版でその爽快感などはわかっていましたが
製品版を触っての初感想は
爽快!気持ちいい!グラフィックキレイ!
です。

まずこのゲームは狩りゲーと公式に言われていますが
モンハンなどに類するものだとおもいます。
ただこのゲームなりのオリジナリティというのもしっかりあって
モンハンでは味わえないゲームとなっております。
まず、このゲームはアクションです。
このラグナロクは、PCのMMORPGラグナロクオンラインの
派生作品として出たようで、世界観や職業、モンスターなど
そういったところがリンクしているようですが
あちらはRPG、こちらはアクションであり
LVアップやスキル取得などのものはありません。
ただ、MMORPGと一緒なところは素材や、武器がランダムでドロップするというところでしょう
アクションならモンハンや、ゴッドイーターなどと
同じようなアクションなのかといわれると
全く違います。こちらは無双のようなアクションとなっています。
弱攻撃と強攻撃があり
アクションルートによって締めの技が違うといった感じです
そしてモンハンは基本的に大きな敵と対峙するのがメインをおいていますが
こちらは大量に発生する雑魚などとの戦いもメインになっています。
ザコとの戦いは非常に爽快で、広範囲のアクションで敵に何ヒットも与えたときは
爽快でたまりません、100HIT程度は余裕でいけるほど敵が沸き
アイテムをボロボロ落とし、バシバシ倒せます。
そしてミッションが終わってからのアイテムの判別に一喜一憂するのです
ランダムドロップな上に、武器の性能がランダムですので
とてもいい武器が出ることもあれば
まったく使い物にならない武器がドロップすることもあります。
モンハンとの大きな違いはここでしょう
モンハンはある「決まった性能の武器」を作るために敵を狩りますが
こちらは「いい性能の武器」を見つけるためにひたすら敵を狩ります。
そして素材を使って気に入った武器を強化していきます。

防具ですが、防具というものは存在しません。
あくまで見た目を変えるための服装にすぎません
それには自分で自由にカスタマイズできるスロットがついていて
素材を使ってスロットを拡張します。
そこに敵が素材や武器とは、また違った「カード」というものをドロップし
そのカードには攻撃力アップ、防御力アップなどよくきくものから
重力ダウン、重さアップなどさまざまなスキルがついていて
それをスロットにはめていくことにより
自分のアクションスタイルにあわせたカスタイマイズをすることが可能です。
ちなみにこのカードですが、モンスターの絵柄が書いてあって
1モンスターに一種類なのかというとそうではありません
カードにはレアリティが存在し
1モンスターから全然違うレアリティのカードがドロップします
レアリティが違えば効果も全く違い、プラス効果もあればマイナス効果がついていたり
かなり面白いカスタマイズが可能だとおもいます

さて、ならザコ狩りが爽快なだけのゲームなのか?といわれると
緊張感のあるボス戦もしっかり用意されています。
こちらも体験版からはわからないいろんなボスがいまして非常によく出来ています。
キチンとボスのアクションパターンも複数存在し一瞬の判断で回避
スキを見つけて連続攻撃をたたみこむなどボス戦らしい戦いが展開されます。
何よりもポイントは巨大すぎるボスでしょう
普段はジャンプは1段ジャンプなのですが
巨大ボスの時だけは2段ジャンプが可能になり
空中でもダッシュやジャンプを使い分け爽快なアクションをたたきこみます
しかし、このゲームザコも含め敵の火力が相当高いため
モンハンのように戦闘がダラダラなが引きませんが
その分こちらはやるときも早ければやられるのも一瞬といったかんじで
装備をしっかりしていったのに開幕数秒で死ぬなんてこともあります
ズバズバアクションできて画面に数字がボロボロでてるから
無双状態だぜー!なんておもっていたら死ぬなんてのはよくあります

ですので、モンハンのようにしっかり敵の動きをみて行動をするというのも
必要になっており、アクション性も非常に高いです
またボスからも「カード」がドロップするのですが
やはりザコを狩るより大変なため、ボスのカード集めなどが
相当大変でしょう、そのぶん効果もすごいのがあるようです
もちろんボスのカードにもレアリティは存在していています
ですので、俗に言うボスマラソンが必要なのはいうまでもないでしょう
モンハンでいう「天鱗でねー!」が「レア○○のカードでねー!」
に変わるといった感じでしょうか

グラフィックも非常にキレイで
ポリゴン数などはそこまで多くないとおもいますが
幻想的な色使いやVITAの解像度のおかげで非常に美しくかんじます
はじめてやったときは
同じゲームアーツ開発のグランディア3の映像の美しさを感じた時と
同じような美しさを感じました
ですので、非常にゲームアーツらしいグラフィックデザインといえるとおもいます。

一気に数時間やってしまうほどドップリはまっています
何を求めるかによりますが
ハックアンドスラッシュタイプのRPGが好きな人は
RPGではないこのゲームですが
レアカードやお気に入りのオプションがついた武器集め
それらにドップリはまれるのではないでしょうか
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。