スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枷があるのに頑張っている テイルズオブエクシリア2

カナンの地が出現するところまで進めた。おそらくもうそろそろ終わりだろう。現在のプレイ時間は55時間程度。
放置時間もあったり、スピードプレイではなくのんびり探索しながらサブイベント(キャライベント)は出来るだけこなしながらやっているせいか時間がかかっている。平均クリア時間は35時間くらいだそうだが、どうやったらそれだけ早くなるのだろうか。
難易度ハードでやっていて雑魚、ボス共に時間がかかるといってもそこまで差が出るとは思えないし。ちなみにイベントはボイスは飛ばせるところは目で文章を読み終え次第飛ばしている。

TOX2のストーリーはかなり秀逸だと思う。その話の展開の仕方こそ普通のRPGと違って借金を返済したら進めるという仕組みの為若干テンポは悪いのですけど、ここらへんも普通に戦って普通に依頼やっていればすぐ貯まっているのでそこまでストレスになっていない。
それよりもストーリー展開が面白いので、先を見るために進める事が苦にならないというべきなのか、最初のムービーからエルの父親は○○なんてのは予め予想はついていましたけど(骸殻化しているし)、それでもいざ展開されると胸が熱くなるというもの。
今作は戦闘システムやストーリーもテイルズオブハーツスタッフが関わっているらしく、ハーツが好きな私にとっては正に得なゲーム。ハーツも正統派ながらに伏線をはり、予想は出来るんだけど演出的なところで気分を高めてくれる。正にシナリオがいいとはこの事だろうか。アビスなんかでもヴァンは裏切る、なんて予想誰でもつくのだけどいざその時がくると「やはり来たか・・・」という落胆よりも、「やっぱりキター!」という高揚のほうが大きい。
そういう意味では意外な展開をするというのも重要ですけど、いかに予想される展開を予想より面白くさせるか、という「予想より」という部分がいかに重要なのかっていうところかもしれない。
ドラゴンボールで悟飯がSSJ2になるけれど、そこでセルジュニアをボンボン壊していく様は何度見ても鳥肌が立つ。そういった感じが欲しい。TOX2でもミラがミラ=マクスウェルになる瞬間は鳥肌ものだった。寧ろ少し涙腺が緩んでしまったくらい、いいシナリオだった。予想は出来るけどこうくるか。というものがあったから。
最初に選択肢で「ミラの手を離す」「手を離さない」で、速攻手を離してしまったのはバカな選択をしたと思う。これは違う、とおもってもう一度ムービーを見直したくらい。この場合結果は同じとはいえ、明らかに手を離さないが正解だ。
とりあえずミラ=マクスウェルは戻ってきたけれど、今思うとミラも悪くなかったなぁという愛着がある。最初はあれだけ違和感があったのに。

そういったところでキャラクターの性格というか、言動や行動といったところでも随分軌道修正が成されているように思う。勿論いい方向に。
ミュゼなんかはキャラクターイベントをやればわかるけど物凄くかわいらしく思えてくるし、アルヴィンも好感が持てるようになった。ガイアスは定番だけどクールなキャラのかわいらしい部分が見えるなどの効果もあって、かなりキャラクターは良くなっている。
WS000594.jpg

元があれだけ酷い展開をしておきながらここまで軌道を修正できるのはライターの腕によるんだなぁなんて思ってしまう。
野島氏の力をもってしても普通なシナリオになってしまったSOL TRIGGERとは大きな違いだ。あれも前作の設定が足を引っ張るというのには変わらないはずなのですが。

だけど、残念なのがルドガーの位置取りがいまいちよくわからないところ。今後レイディアントマイソロジー系統などの外伝に出ると話す事になると思うけど、それぞれプレイヤーの思い方が違いすぎてキャラの味付けは違和感がきっとある事だろう。
一応ゲームの中では「まじめ」という感じに設定している印象は受けるけども。

戦闘システムは、色々とシステムが盛り込まれているけれど、一応全部使わないとうまく戦えなくなっていてそこらへんは好みだ。少し操作が複雑なのと出来る事やれる事が多いので、過去のシリーズをライトにやってきた人には難易度はノーマルくらいしか出来ないのではないだろうか。特にこれらは弱点が無い敵において特に作用する。
最近だとオーディンとヴィクトル。弱点はない、攻撃力は高く、鋼体の貼りなおしが早い。普通に攻撃しまくっているだけならば確実にクソボスだろう。そこで用意された属性連携や、マイトチャージ(以下MC)が必須になってくる、個人的には料理も。料理無しで挑んだ時はヴィクトルでは30秒ほどで蒸発した。
しかし、必須なMC3だけど流石に攻撃の起点に使うにしては溜め時間が長すぎる気がしないでもない。ガンガン攻めていくテンポの速い戦闘システムのくせにこの時だけは、かなり防御をしておかないといけない。戦闘の動きの速さに対して4秒の待ちというのは相対的に長く感じる。
効果がかかっているのかどうかもわかりにくく、まだMC2だったという時もある。それに他のAIキャラ達が使っている様子も見受けられないように感じる。マイトチャージ2くらいまでは使っているようには見えますが、それもMC2を使おうとして防御しているわけではなく、ただ2秒ほど防御をしているからMC2になっているだけで、意図してMC3をしようという兆候は見られないので、こういったボスの場合はプレイヤーのMC3が必須になる。それはいいんだけど、残念なのはおそらくルドガーの動きに合わせて敵の動き等も作られている為、基本的に属性連携をしようと術技を出そうとすると間に合わない。
速いボスはその間に鋼体を貼ってしまうので、どうしてもそうならないように属性武器が使いやすさで勝る。単純な攻撃力は低くても属性連携の1発でも決めれば数秒は怯んでくれるので、鋼体が破れたら次の攻撃で属性連携が決まる事になる。ルドガーなら恐らく技の出が早い為間に合うのでしょう、最初の方で使っていただけでも技のキレはピカイチだったような気もしますし。
せっかく他のキャラクターも前作より出来る事も増えて使用するにあたり面白そうなのに、遅ければどうにもならないという状態は勿体ない。とりあえず1周目はミラだったので、2周目はルドガーを素直に使いながら、他のキャラクターに浮気しようかなと思っていますが、大丈夫なのだろうか。
ミラは以前にも書いたとおり属性連携に関してはルドガーよりやりやすいキャラクターだと思うので、耐えられていますけど、心配なのはエリーゼやローエンあたりの術メインのキャラ。他のキャラにダメージを取ってもらおうにもAI任せにするのは少々怖い気もする。とりあえず弱点の術を使う事で怯ませる事から始めるのだと思いますけど。そこからハイチェインスペルスキル(?)を使っていく方法か。アルヴィンも攻撃スピードが遅いのが負担になりそうな気もします。チャージで鋼体が剥がれるというのが唯一の救いだと思いますが。
とりあえず2周目をやる気にならなかったTOXに対して、2周目はこうしよう。と思っているだけでもX2は確実に優れているのでしょう。
WS000508_20121120195408.jpg
WS000430.jpg
WS000326.jpg
WS000202_20121120195410.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まっとめBLOG速報 - 2012年11月20日 21:36

まとめ【枷があるのに頑張って】

カナンの地が出現するところまで進めた。おそらくもうそろそろ終わりだろう。現在のプレイ時間は55時間程

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。