スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで改善されたか テイルズオブエクシリア2 ファーストインプレッション

久しぶりにテイルズの記事を書くことになる。テイルズオブイノセンスR以来だろうか。その間にもPSPなどでリバースやデスティニー2といった旧作のリメイクテイルズは遊んでいるんだけども、久しぶりの新作の記事。
とりあえずは前作が「ストーリー」「戦闘システム」「やりこみ要素(ボリューム)」といった主だったところが不満だらけの作品だったので、それをどこまで改善しているのかっていう事になりますが、方向性は気に入らないけど概ね改善されていると感じる。

重要な戦闘システムだって、弱点システムをリメイクデスティニーやグレイセスからパクってくることで爽快感はあがっているし、ボスの鋼体も少なくなっているし、「!」マークによる無敵攻撃の頻度も減っている。リンクアーツだってコモンリンクアーツを導入することによって次につなげたいのに技が無い。なんていう事も減っていそうだ。
前作ではジュードだけしか敵の攻撃をうまくかわしにくい状態だったのもグレイセスからアラウンドステップをパクル事でジュードじゃないキャラでも汎用機能でうまく避ける事ができる。

ストーリーも導入部分から大きな謎をいくつも用意しているし、それに関する主人公の巻き込まれ方がうまいのでこれだけでストーリーに引き込ませるのは十分すぎる。前作からシナリオライターを変更したのは正解だろう。

その他独自のシステム周りについてはショップ関係なども街によって内容が違うといったところも改善されている。

ここまでいくと完璧なまでの改善だが、やっぱり根本的な部分が「エクシリア」なので、根本的な解決にはなっていない。つまり前作を悪い意味で引きずらなければならない事になっている。
戦闘システムや、キャラクター関係、それに今回のシナリオの展開方法といったところ。

戦闘システムに関しては上記のように、解決方法を他作品からパクっているというところ。結局のところ面白ければなんでもいいのだけど節操なくパクリ過ぎている。ガードを長時間している(つまり、ガン攻めではなく、敵のターンを作る)とアドバンテージを得られる事(TOG)や、弱点をつき続け(TOD)れば効果が上昇していくところ(TOG)、アラウンドステップの導入といったもの(TOG)。
これらで良くなっているのだからいいのだけど。(寧ろこれだけ他の作品のいいところを導入して悪くなるのはまずい)
結局TOXなりのよくなったところというのは、今のところリンクアーツの敷居がさがったところと、特殊攻撃として前作では条件発動だった攻撃が任意に発生させられるというところしか見受けられない。今後の展開には期待したいのですが。変身とかもあるようですし。

キャラクターに関しては前作をやっていれば思ってしまうのだけど、どうしても前作のイメージがあるし、どうせなら新キャラクターをもっと味わいたいものなのですが、そういった楽しみが薄い。キャラクターの戦闘での特性も同じようだし・・・

シナリオに関しては導入部分としては個人的には伏線をいくつも用意して満点レベルの入り方なのですが、そこからの展開に不満がある。
主人公はある理由から借金を返済するために冒険するのですが、それはおそらく他の作品ならストーリーに乗っかる形で返済していくのが普通だろう。最近だったら第二次スパロボZがそうでしたが。
だけどこれは普通任意だったりするサブクエストを半ば強制的にやらせることよって、それでお金を大きく稼ぎ、実際にお金を返す事になっている。つまり○○を何個もってこい、△△を何体倒せといったもの。これをこなさないとお金は大きく入ってこないのでほぼやらざるを得ない。そうしてある程度の節目を払うとストーリーを進められるようになる形式だ。いわばお金でゲームの進行をアンロックするといったほうがいいだろうか?
要は関所に門番がいて「ここを通りたければ金を払え」といわれて、門番を倒すといった方法はなく、素直に「わかりました、どうぞ」と渡せば「よし、通っていいぞ」という方法しか関所を通る方法がないといった感じ。
いいように捉えれば新しい手法だし、面白い発想だとはおもうけど、やってみるとあまりいい気がしない。やはりクラシカルな方法だけどストーリーにのっかる形のほうがよかったような気がする。

新しいシステムとしてもうひとつ選択肢を度々えらぶことになる。
それはいいのだけど主人公は(1周目だけらしいが)ドラクエの主人公のように声を出さないし、話しても「ああ」といった相槌程度で、キャラクターのたち方が微妙だ。もっと「らしく」キャラクターというのをしっかりと用意しておくべきだった。そしてその選択があることによってお話のテンポが悪くなっているのも残念なところだ。
WRPGなどの流行にのっかっての演出というものだったのかもしれないけど、あれはキャラクターメイキングから始まっているので意味がある、言わばプレイヤーの写し身だ。それに対し、こちらはシッカリとキャラクターデザインされたイケメンの男性であって、まったくプレイヤーの介入部分がない。そんなところに同じような要素をいれてもいまいちピンとこない人が多いのでは。

色々と気になるところはありつつも「テイルズ」としての品質は取り戻したように思う。良作であることを願って進めるとしよう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。