スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不気味な雰囲気と独特のシステムがそそる STALKER SoC

昨日の記事では画面の「揺れ」が激しく、酔いそうだ。と書きましたが、日本語化+MODをいれたときに
設定をかえるMODがあり、そこれを確認したところ画面の揺れを調整できるようでして、0.0にすれば画面の揺れはまったく無くなった。だがしかし、これでは私の大嫌いなスポーツFPSタイプのHALO等のように走っても画面が全く揺れなくて逆に気持ち悪い。とりあえず、数値を調整すれば好きな揺れ具合に出来るそうなので、次回は調整する必要がありそうだ。

とりあえず、最大の欠点の揺れが解決したので受領したクエストを消化することをとりあえずやってみようとおもい起動開始。PDAに受領したクエストとマップが表示される。
とりあえず橋の下にキャンプを張っているバンディットを討伐してくれということなので行ってみたのだが、相手はアサルトライフルを装備していて、こちらはショットガンとハンドガンだ。あまりにも長距離戦になると不利だ。うまく回りこむことが出来たりすれば倒せるだろうが中々うまくいかないので、とりあえず今は諦めよう。
WS000254.jpg
WS000257.jpg
ちなみに左上にあるマップの右下の数字が生態反応で、生きている人がいればそれだけの数値分敵や味方がいるということになる。

とりあえずこれは無理なので、放置して別のクエストをクリアしようと獣の縄張りを壊せというもの。
だが、しかしマーカーが指し示すところにいったのだが、人が死んでいる。それを調べればクエストが開始される。なぜ?と思った。ロードをしてやり直し、すぐにその場にいったら、なんとクエストの人物が襲われているではないか。結局私がたどり着く前に殺されてしまったのですが、このゲームは独自のAIを持って動くという事があるようです。
WS000313.jpg

調べてみるとこのゲームが発売延期した理由のひとつして、その構想に理由があったようで、何をしたかったかというとNPCがさもひとりのPCのように振舞う、いわばMMORPGのような世界をPC1人+その他NPCという構造にしたかったようです。例えば、今回のように知らないところで実は事が起き、進んでいたなんていうこともあれば、縄張りを張っている敵を勝手に殺してくれていたりという事を実現したかったようです。だがしかしあまりにも大規模なシステムの為に断念したようですが、その名残からなのか死体の転がっているところにポツンと一人NPCがいたり、独特の考えを持って動いているキャラクターもいる様子。
驚いたのは敵の獣が大勢で襲ってくる時は発砲してもガンガン襲ってくるが、2匹が襲ってきたときに1匹を殺すと1匹は驚いて逃げ出す。追いかけると懐を縫うように逃げ惑う。よく考えられていると思った瞬間だった。
WS000508.jpg
逃げ惑う犬らしきもの。

今回は3クエストほどクリアしたのですが、報酬としてお金を手に入れられるのはいいのだけど、それを使う場所がない。一番上のクエストをクリアするためにアサルトライフル等を揃えたいのに今のところそういったアイテムショップみたいなのも無いし、これからどうやって強くなっていけばいいのだろうか。

しかし、このゲームは下手なオープンワールドアクションや、RPGなどよりも「そこにいる」感が強い。というのもリジェンレートも無いので敵から奪ったパンや止血剤を使うことでしかHPは回復しないので、無茶をするのが非常に怖いし、弾薬の補給なども敵の死体から奪うしか方法が「今は」存在しない。そのおいやられる、迫られる恐怖と、加えて上記のようなAIからくる臨場感が生み出す独特の雰囲気はかなり面白く、怖い。
ホラーFPSで、ホラーの部分にはまだ触れていないのだがかなり怖い。
今のところクリーチャーっぽいのは耳がなくなった犬のような獣や、目が退化した犬みたいな獣ぐらいしかクリーチャーのようなものはいない。なのに遠くで人の声が聞こえるだけで敵がいる!と思うし、獣の鳴き声が聞えると襲われるかも知れない!というのを思って振り返ったりする。すると遠くでイノシシみたいなものが犬みたいなのを追っかけているだけだったりして、私には気づいていないのですが。

そして、ところどころにあるホットスポットだろうか。近寄るとピピピと音がなり、視界がざらついてくる。そして近寄りすぎるとダメージを受ける。敵もこれにあたると死んでしまう、実際に上のSSの犬を追いかけていたら犬がそこに入ったらしく目の前でバチンとはじけて死んでしまった。
倒した敵の死体は残る事から、おそらく敵のリスポーンはなく、お金や弾薬、回復といったものは限られていると思われる。この管理と難易度の高さとシステムと不気味な雰囲気。こういった要素が絡まりよくわからないのだけどすごくプレイしたくなるゲームなのです。

今は一作目のシャドウオブチェルノブイリだけしかやっていませんが、続編のclear skyやCall of pripyatもすでに所持しているので、どういう進化を見られるのかも気になっている。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。