スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迫力のドラゴン戦?とは一体 skyrim

どんどん増えるサブイベントをこなしつつ、更に冒険を味わうために遠出をするも、結構敵が強くなってしまうので、残念ながら近隣のところで起こるイベントやダンジョンを探索するしかないのですが、着々と探索範囲は広くなってきています。実にRPGをしている感が強く、oblivionより楽しいと思うところはこういうところでしょうか。


そんな中やっとこのゲームのメインのひとつでもある、ドラゴン戦となったわけです。噂には地味すぎだと聞いてはいましたが、図体のデカイザコであり、それこそ立ち回りもクソもなかった。
WS000020_20121021202101.jpg


それでもブレスを真正面からもらうと痛いので、回復は必須ですが。
WS000025_20121021202101.jpg

とりあえず飛び上がって逃げたりといった、いかにもドラゴンらしい動きはする。
WS000022_20121021202101.jpg

やはりこういったデカイモンスターと戦っている感覚はDragon's Dogmaには絶対に劣っている部分だろう。そもそも戦闘を主体においていないのだろうというものですが・・・
ここまでゲームのデザインに拘っているのならやはり戦闘システムにも拘ってほしかったというもの。
スキルの取得などといったところは取得する度に楽しいゲームプレイを楽しめるようになっていくのですが。


そして、やっと5000Gを貯めて自宅を購入。
WS000030_20121021202100.jpg
もてるアイテムの重量がかなり少ない為、すぐ一杯になってしまうので、アイテムの退避場所として今後役立ってくれるだろう。
ちなみに前にいるのはフォロワーであり、やっと付き添いながら戦ってくれるようになった。いるのといないのでは結構違い、結構シビアなダメージを受けるモンスターとの戦いのときには殲滅が早くなるので助かる。

世界には色々探索ポイントがあり、見つけるとついつい入ってしまう。
WS000032_20121021202100.jpg

すこし歩いているだけで見つかるほど探索ポイントが多いのはノンビリ歩いているだけでも意味がある。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。