スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作(ナムカプ)の不満点を払拭の作品か プロジェクトクロスゾーン

昨日3DSで発売されたプロジェクトクロスゾーン(以下PXZ)ですが、今のところ(現在3時間ほどプレイ)私には合っているようです。最初は正直このタイトルは回避しようと思っていました。
最近こういうゲームに食指が動かなくなってきてしまっているのと、あまりにも積みゲーが多すぎるのでやる暇がない為、前作にあたるナムコクロスカプコンが嫌いじゃないながらも途中でやめてしまった為です。と、言いながらも結局現在3DSが稼動していないので、何か動かすものはないかというとブレイブリーデフォルトかPXZになったわけですが、どちらを取るかといわれれば私はPXZのほうが面白そうに思えた為です。事前のトレイラーをよく確認し、ナムカプで不満だったテンポの悪さなどが払拭されているかどうかを見てから購入したためか、わりとしっかりと不満点が払拭されている作品になっていました。
購入しようとした最初のきっかけはダイナマイト刑事のキャラが参戦していたからなんですけども。

さて、ゲーム内容はというとナムカプをやっている方ならそのまま何の疑問もなく遊ぶ事が出来るでしょう。DSの無限のフロンティアからのシステムの流用に近いようですが、こちらはSRPGのため、戦闘部分だけがそういった要素を使っているようですね。
操作は簡単でAボタンと方向キー、LとRを押すだけで爽快な戦闘が展開されます。そこでひとつ怖かったのがナムカプでは敵を殺しきれなかった時、非常にテンポが悪かった事です。
どういうことかというと、殺しきれなかった時も敵はしっかり動いてきて敵の攻撃行動を見せられるのです、それに対しこちらは方向キーを入れてガードをするのですが、マップに敵がいればいるほどそれが長くかかります、PXZはそこらへんが改善されているようで敵の攻撃時「防御」を選択するとマップ上でエフェクトと数字だけ出て終わります、「反撃」を選ぶと攻撃を受けたエフェクトと数字が出たあと自分達の戦闘シーンに突入します。つまり今回は敵の戦闘シーンというのが丸々カットされているわけです、これは良くなりました。
敵の攻撃演出の省略でのコスト削減とプレイヤー側での不満点省略につながっているんですから良いことです。

今のところ、少しヌルイ難易度に感じていますが、今後難易度アップをする事を願いながらプレイする。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。