スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成度の高い良作 鉄拳タッグトーナメント2

待っていました、このときを
遂に発売されましたね。
最近ではPS3で遊ぶときは鉄拳6しかやっておらず
PCでは自分の好きなジャンルをやり、PS3は鉄拳をというプレイスタイルが続いていましたが
ようやく最新作の鉄拳TT2がリリースされた。

内容は文句なく良作だ。

今回からはマッチングの待っている間にもトレーニングができたり
オンライントレモなどがあり、ただ練習するだけじゃないというのになっている。

キャラクターも50人以上、正直どういう格闘スタイルなのか覚えるだけでも大変だが
動きがみんな滑らかなので見てるだけ、操作するだけでも結構面白いものである。

最近は格闘ゲームが好きでも敷居があがり
なかなかやる気にもならないのですが、鉄拳だけは別。
敷居が高いのには違いがないが、割と初心者でもどうにかなるのが面白い。

というのも固定技以外の基本技であるものはほぼ全キャラ共通のフレームだったり
中段はレバーを3にいれながら攻撃をすれば出るといった
ひとつ覚えれば使いまわせる操作によるところからも
他の2D格ゲーと違うところだろう。

それに2D格闘は私の中では技を発動して何フレーム以内に入力だとか
キャンセルといったものは正直ついていけなくなってしまったのですが
そのところ鉄拳はキャンセルというものはないし(厳密にはあるのですが
硬直フレームも3Dなのでわかりやすいといったところからも2Dよりも直感的だ。

何より6から導入されたバウンドシステムが鉄拳の面白さを更に際だたせたのだろう。
1連携中は1回だけ地面に相手をたたきつけて更に浮かせるというもの。
そこから更に連携ができるのですが
これによって自由度の高い連携が売りだったのが
更にTT2はアサルトチェンジという交代ボタンを押すと相方がかけつけてくれ追撃をしてくれる
なので、6までの決められたパターンからの脱却に成功している。

というわけで、今回は鉄拳におけるプレイ日記ではないのですが
検索しても割りと出てこないので
備忘録がてらに、タッグの連携を記述していくことにしたい。

まず私の持ちキャラはラースなので基本ラース絡みになるのですが
参考になれば幸い。
今研究しているのはラース&飛鳥によるパターンだ。

//------------------------------------------------------------------------------------//

ラース始動
9RK→3RP→1RPLP→64RPLP(TA押しっぱなし)→66→3LK
DMG88
同じパターン      (TA押しっぱなし)→666WR(空中の相手に投げ)
DMG90

アスカ始動
1RKLK→浮く→交代(ラース)→3RP→1RPLP→64RPLP→1RP6LP
DMG96

飛鳥の1RKLKはガードポイントがあるのでうまい人には現実的ではないが
高いダメージを期待できる。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。