アサクリはこんなにも面白いものだったのかという認識を改める Assassin's Creed Unity

アサシンクリードシリーズは一応ほとんど触っている。1はクリア直前までやった記憶があるし、プロデューサーの女性が綺麗だった記憶がある。2は途中までやった記憶がある。確か、2は大幅なゲームシステム改修がされており、ゲーム内通貨の概念が出来て色々と面白くなったはずだ。3は触りだけ、4も触りだけ。正直3、4はグラフィック的にも大きな変化は見られなかったし、海戦のシステムが魅力的ではなかったため、殆ど触ることなくこのシリーズからは手を引いていた。

何故最新作のSyndicateではなく、Unityなのかというと、単にセールをしていたからという理由だけなのだけど、とりあえず買っていた。どうせ今回も同じように始まったら今回はこんななのね、程度に終わってしまうだろうと思ったのだけど、これが意外と続いている。

恐らくグラフィックの進化だろう。私が遊んでいるのはPS4版だけどこれでも十分グラフィックは美しい。当然ディティールにこだわってみていくとやすっぽいところは見られるけど、これだけ美しいとそれだけでゲームを進める理由として成り立つのだ。よく似た景色が続くし、今まででもあったようなミッションをこなしていくという単調なゲーム性をカバーするこのグラフィック。やはりグラフィックは正義であるだろう。

といってもまだ恐らく序盤で、ようやく主人公がアサシンになったところ。ゲームシステムは大きく変わったのかはわからないけど、上方向へのパルクール、下方向へのパルクールというのが新しく加わったのかな?という事。最初は効果を感じられなかったけど、下方向をいつの間にか結構使う事が多くなっていた。

戦闘の難易度が比較的高く感じられ、私の記憶していたアサシンクリードはとにかくカウンターしていれば勝てるというような簡単なものだったけど、時代設定が進み敵も銃を使いだすし、これに当たれば現在はほぼ即死に近いことから、とにかくよく死ぬ。敵の近接攻撃も痛い。

しかしながら、致命的な一撃を与えてくるタイミングはチャンスでもあり、カウンターボタンをポチっと押すだけで、とてつもなくかっこいい殺陣が行われるのも気持ちがいい。映像作品などでよく見たことがあるけど、目の前の敵に斬りかかっていて、後ろから攻撃されたときに顔は前を向いたまま後ろは何かしらの方法で防ぐそして流れるカウンター、崩れる敵。これが簡単操作で出来てしまう。シチュエーションによってそういったアクションが違うのも見た目に飽きないのだ。フィニッシュブローにも特別なアクションや視点変更がされ、ダイナミックな演出でとどめをさすなどで非常に演出がうまく作用していると感じられる。

単調ながらも久しぶりにやったアサクリ、故にすれ違いざまに敵の首元にプスっとさして暗殺するアレ、相変わらずあの瞬間は最高に気持ちいい。

ただ、どうも本作は評価が悪いようだ。リリース時によくバグがあったというのは知っているけど、何やら改悪もされている部分があるらしく、海戦がないというのも不評の一部だったりするようだ。非常に面白かったマルチ対戦がないものの、協力はあり、楽しい。



スポンサーサイト

評価の高い海外産RPGを遊ぶ Pllars of Eternity & Divinity Original sin Enhanced Edition

まとまった休みが取れたのでシッカリしたゲームを遊びたく思い、ここ数日はタイトル通りのゲームを遊んでいるのだけど、やはり海外で特に海外で評価が高いゲームというのは面白いものが多い。

どう面白いのか、具体的にいうならばメリットとデメリットの使い分けや、攻略の横の広がりが面白い。

日本のゲームでは基本的に強くなっていけば一方的に強くなっていくものも多く、いうなれば無双状態であったり、デメリットなく強化されていく技やステータスを強化して遊んでいくということを楽しむ傾向が強く感じている。もちろん小さいころから日本のゲームで育っているわけですので、それも面白い理由なのですけど、ここ数年の個人的な嗜好としてはメリットデメリットの使い分けがいいゲームであると特に面白く感じる。

こっちが立てばあっちが立たずという状態がゲームとして思考を楽しむ機会を与えてくれている。

レベルの上限が低い事や、敵が有限であることがより思考させることを強くしている。この要素も10年前に初めてPCのRPGであるBaldurs Gateに触れたときは”ありえない”なんておもったものだけど、考えというものは変わるものだ。

攻略の幅の広さというのは私のゲーム感ではとても重要な要素を占めており、むしろこの要素があれば面白いなんて太鼓判を押すのは間違いない。たとえばDivinity Original Sinであれば、敵に発見されたらターン性の戦闘モードに入るわけですけど、バレなければその間やりたい放題なので、環境を使って敵をめちゃくちゃにすることも可能だ。敵の視界を奪ってからそこらへんにある火薬樽に火をつけて爆発させて倒してしまう、またその前に油をまいておけばより広い範囲の敵に影響を与えることができる。

または、火の海が戦場になりそうな場合は、火を踏んでしまうとダメージを受けてしまうので空中に浮遊する。(これは日本の某ファンタジーなんかでもよくあるけど)しかし、それだけでなく、あらかじめ雨を降らせたり、水を撒くことで火を消すことができる。考えただけでワクワクするような戦闘が展開できる。

Pillars of Eternityはというと、こちらはクラシックなタイプのRPGなので、Divinityほどの環境を使った戦いという自由度というのは低いかもしれないけど、相変わらずリアルタイム戦闘という事で時間を止めては思考し、上記のターン性にない魅力がある。後衛が狙われた場合は、後衛を移動させつづけることで敵の誘導をし、前衛の手助けをするといった事も可能。

Pillars of Eternityはキックスターターなどで資金を集め、実現されたRPGであり、尚且つ評価も高いことや、Divinityはシリーズものでありますし、早くも2の制作が決定していますから、今後もこういった素晴らしいシステムを搭載したRPG達が出てくる事はとても喜ばしいことです。
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind