スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITAとの相性は最強レベル シャリーのアトリエplus

シャリーのアトリエplusをクリアした。ブログには書いてませんけど、その少し前にメルルのアトリエplusもクリアしていまして、なかなかの高頻度でアトリエシリーズを遊んでいるわけですけど、これもおそらくplusのおかけだろう。

plusとつく作品はVITAに出ており、このシリーズが如何に携帯機と相性がいいのかというのがわかった。

以前からそうではないかな、と思っていたけど、実際に体験してみてやはりそうなのだろう、という感想。腰をすえてやるにはライトだし、携帯機にしては大ボリュームということもあり、非常満足のいく作品だった。

今回は主にシャリー(のアトリエplus)について書いていくけど、メルル(のアトリエplus)や、その他のアトリエとの比較が出てくるだろう。

シリーズとしては何作目かのプレイになるけど、一番好きなアトリエシリーズはマナケミアでして、何がいいのかというと戦闘や育成が面白いのだった。

しかしながら、この作品はあまり受けなかったようで、そのあとも戦闘システム自体は簡素なものになってしまう。しかし、徐々にではあるけど、シャリーではそのマナケミアの戦闘システムが垣間見えたのだった。しかし、アイテムを調合してはパラメータのアップや、通常攻撃の回数が増えるなど、戦闘システムに直結する部分がマナケミアでは存在していたのに対し、シャリーではまだまだ経験値の増加くらいにしか影響していないあたり、まだまだ満足のいくものになっていなかった。

肝心の調合システムは簡素なものだけどいいアイテムを作ろうとすると色々と考えさせられるシステムで、ドンドンいいアイテムを生み出せるので、相変わらず楽しいシステムだった。主に武器や防具、アクセサリなんかはもっとも影響がわかりやすいところなので、一番いい効果が得られるよう色々と試したりした。最後のほうはかなり適当にやってももともとの材料の質がいいため、もっとも効果がえられる状態になってしまったのは少し残念。

ストーリーは比較的シリアスな話であり、今までで初めてなのですけど、期限がないのが特徴だった。これには賛否両論あるだろう。

いつでも好きなだけ調合や採取ができる為、すごい気が楽なのですけど、同時に緊張感が失われてしまっており、日程を管理するのも楽しさのうちであるアトリエとしては微妙なところだろう。特にメルルではこまごまと課題があたえられ、梱包材のプチプチをつぶすかのように少しずつ確実に達成感を得られたのが楽しかったのだけどシャリーではそういう要素もあるにせよ、大筋のメイン課題をクリアするのが大前提であり、凡百のRPGでいうならばダンジョンをクリアして街にたどり着いたらイベントが発生するかのごとく、その過程がメイン課題であり、期限があったのがメルル、その期限がないためのんびりやれるのがシャリーといったところ。どちらがいいかは本当に人によるだろう。

グラフィックはPS3のモデルをそのまま落とし込んでいるようなレベルであり、たまにかくつくこともあった。流石に大人数が出てくるイベントなどではプリレンダムービーを流していた。それくらいに負荷のある映像表現をしている。

音楽は相変わらず素晴らしい。特に阿知波サウンドと呼ばれる戦闘BGMはとにかくカッコイイ。ギターが唸る。


結論としては不満点はありつつも楽しめた。今後もアトリエシリーズはスパロボシリーズのように病気のようにやりたくなり、定期的にやっていきたくなるだろうと思っている。
スポンサーサイト

人生をやりおすべきかという選択 Life Is Strange

不満だらけの先週から一変して、満足のいくゲームを遊ぶことができた。以前より遊んでいたライフイズストレンジでありますが、これをクリアした。なんとも噂に違わぬ、評判通りの素晴らしい作品でして、全5チャプターから構成されているのですけど、4くらいからは怒涛の展開により、最早中毒状態に。

このゲームは時間を巻き戻す能力を得た主人公が活躍するゲームであり、過去にもそんな作品で名作は数多くありますけど、例に漏れずこの作品もそこに入ってもいい作品だろう。やはりこのゲームでしか出来ない体験をするというのはとてもいい。過去をやり直し現在を構築していく、映像作品でも数おおくあるとおもいますけど、能動的にできるのはゲームならでは、やはりこの非現実体験をできるゲームは素晴らしい。

一応過去に戻るというか過去の自分を見るのは光の速度を超えて動いて元いた場所を見れば見える、という理論的な話があるらしいけど、それは過去のやり直しにはならないだろう。

ミステリーを解決する話と、ディザスターを解決する話を主軸に置きながら話は展開されていくけど、すごくわかりやすく綺麗にまとめられており、あれはどうなったんだ?という、置いてけぼりをくらうことなくとても楽しめた。そのぶん考察の余地などがないのかもしれない。

以前書いた部分で話の大筋が変わっていくのかもしれないと書きましたけど、おそらくそれはないようで、話の大筋はほぼ同じく、細かいところで少し話が変わっていくというような感じだった。基本的に趣くままに選択肢を選んできましたのでバッドエンドみたいになるのかな、とも思いましたがどうにか普通にエンディングを迎えられた。

今後も良作として心の中に残っていくだろう作品となった。

WS000017_201604101554537e4.jpg
唯一の欠点はブヒれないところ。しかし、そんな問題は些細だ。

酷すぎて吐き気を催すゲーム スターオーシャン5

発売前からヤバイ臭いを放っていた新作のスターオーシャン5。といってもそう感じたのは発売前の動画だけではなく、去年の末にあったPSVRの体験会にて、空き時間に一足先に体験したのもあったからだ。

シリーズを全てやってきたからという理由のみで購入してみたものの、最早ここまでひどいのかと感じずにはいられない。

まともなところを先にあげると、主に1を意識しているということ。

主人公が自警団であったり、未開惑星の住人、そこに訪れる人間がケニー家の人間。ケニーが遠距離武器、部下が女性で格闘技という設定、ストーリーの流れ的にも宇宙戦艦を訪れる理由が仲間の傷を癒す為など、そこら中に1のオマージュが感じられる。

1を今更やると酷いゲームではあるけど、当時多感だった少年にとっては思い出の作品なのだった。なので、1をオマージュしてくれた点は非常に嬉しいのだけど、それくらいが評価点であり、あとは本当に酷い作品だ。

戦闘システムは味方だけで7人いるおかげで、敵の数も多くなり乱戦気味。そんな中でアクション戦闘としてはシビアなシステムの三竦みを搭載。

タイミングよく防御してカウンター!など出来るはずもない。エフェクトは派手で何が起こっているのかもわからないし、わざわざ狙う理由が敵をスタンさせるだけ。ちょっとした時間、敵を無力化する為に狙うものでもない。そんな暇があるなら攻撃しておけばいい。

このシステムは3で搭載されたシステムなのだけど、3は敵も味方も数が少ないから効果わ発揮していたのであって、乱戦を売りにしているような今作では水と油だろう。しかも、3ですら、そんなの意識するよりも殴った方が早いのだ。

今作のプロデューサーが3の戦闘を意識したと話していたけど、彼のエゴだろうと思っている。

それに、今時、2016年にもなって出せる技の数が4つだけとは恐れ入る。

以前からSOシリーズは遠近で技が切り替わり、2つずつというシステムを搭載しているけど、あまりにも時代遅れ。なぜここまで拘わるのかわからない。近接武器で戦うキャラが遠距離で技を出したら近接技なので近寄っていくというのは、もうこれわけわかんねーな、という話である。

ストーリーの展開はあっさりしすぎている。なんというか、チャチャチャと過ぎていく。あそこに行こう。わかった。ここじゃなかった。向こう。わかった。のような流れで続いてきている。

これならば出さない方が良かった、というのが正直な感想だ。私はゲームを買って吐き気を催したのは初めてかもしれない。
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。