申し訳ない程度のGOTY2015

今年もこの時期がやってきたけど、正直今年のこれを決める資格は私にはない。何故なら新作なんて思いつくほどしか購入していないからだ。

Witcher3、Dying Light、テイルズオブゼスティリア、DMC4SE、スパロボ、モンハンクロス、GTA5PC版。大方そんなところだ。旧作はいろいろとやったけどね。

だから何やっていたかって言うと、かなりdiablo3をやっていたってのが答えになる。なにせ運動不足解消にエアロバイクを漕ぎながらゲームするためにPS4のdiablo3まで購入したくらい。

でも、今年はいろんな苦手ゲームに手を出したのが印象に残っている。RTSに音ゲー。どちらも面白いものは面白かった。来年辺りにも苦手ジャンルには手を出したい。

でも、決めなければ毎年自分の中では恒例だし、何遊んだのか振り返りって、これは結構面白い。確か去年はサモンズボードというスマホゲーが選ばれていた気がする。これはいまでも遊んでいるくらい好きなんですけどね。流石に今年はない。

今年自体は凄いバージョンアップがあったおかげでベンチウォーマーにも活躍の機会が出て、ゲーム性が飛躍的に向上したんだけど。

今年のベストはなにかっていうとDying Lightなのかなぁ、と。遊んでる本数自体が少ないので消去法感は否めないけど、やってる間に興奮して声出したゲームってこれくらいって事で。でも、本当に面白いんです。この先もっと面白くなるっていう話なので、そこまでいけていない部分での評価でもこうなる。

Witcher3は本当に作り込みに感心したし、暫くはこれを超える作りこみは出てこないんじゃってくらいに。本当のGOTY2015を獲得したのも納得。去年のドラゴンエイジにはかなり不服だったけども、今回は納得。

どちらかというと面白いゲームより、凄いゲームを選んでる感じがするから、ドラゴンエイジやウィッチャー3が選ばれたのかな、というのは思う。だからDying Lightは選ばれるはずがないってのは、ある意味しょうがない。

RTSは今年はtotal warはじめ、war hammerシリーズなどにも着手して面白かった。適材適所ゲームって上手くいった時脳汁出ますからね。

FPSや格闘ゲームなんかの対戦系は一切手を出さない年でもありました。時間がないからやり込みなんてできないし、短いゲーム時間で達成感を得るにはどうしてもオフラインゲームがいい。

TOZ、未だに叩かれているようだけど、ストーリーは人それぞれかなって思うところが強いので、省くとしてもバランスだけはやはり養護出来ない。

次回作のベルセリアは過去の話らしいけども、遂にメニューボタンに△を使っていたのを術技ボタンにするそうで、ようやくかといったところ。是非に戦闘が楽しいゲームである事を願う。20年前の私はね、年が明けても尚、皆がドラクエ6に興奮してる中お年玉でファンタジアを買ったのを思い出すんです。

スマホゲーム。色々と触った。結果的に残ったのはサモンズボード、それとメビウスFinal Fantasy。特に後者はスマホのグラフィックとは思えないし、ゲーム性も単純ながら、今戦況をうまくすすめるにはどうすべきかというコマンド戦闘の真髄だろう。ガチャはつきものだけど、基本的に無課金でかなり引ける上に、ポリシーらしいけど大きなハズレがないってのはなかなか言えてる。

私にとってスマホゲームは縦持ち、画面を四方八方触る必要がない落ち着いたゲーム、それでいて一手が重要というのが好きみたい。

因みに最近はPCで配信されたライトニングリターンズFF13をやっているけど、この作品はすごく面白くて、どうやらこの主要メンバーがメビウスを作っているらしく、自分にしっくりくるってのがやはりどこかで共通点があるからなんだろうって思った。

今年はかなり少ない本数で、来年も同じようになりそうだけど、新作ゲームばかりの目立つブログよりも、細々とマニアックなゲームなり、周回遅れの作品を品評するってのもブログの方向性としては正しいのかなってのも思うので、このままひろくせまくあさくふかくで進めます。

暇なときに各ゲームブログをみて、それぞれのGOTYを見るのが楽しみだ。本当に特色でますからね。steamで100円のゲームがGOTYになってたり、ああいうのが本当のゲームブログだと思う。

皆様良い年越しを。来年も皆様にとってよいゲーム人生でありますように。来年は最初からぶっ飛んだ発売予定ですからね。
スポンサーサイト

早速手痛い歓迎を受ける Pillars of Eternity

以前から気にはなっていたものの、言語の壁にはさまれて購入に踏み切れなかった件のPoE。事前からわかっていたものの、恐ろしいくらいのBaldur's Gateフォロワー作品であり、日本でたとえるならドラゴンクエストと桃太郎伝説みたいな感じ。

なぜ今回買ったのかというと、リンクにありますCRPGまにあさんが楽しそうにプレイされているのと、言語の壁は相変わらずなので、日本語化が完了した、ということを受けての購入となった。言語の壁・・・実は最近アメリカにあるラスベガスとロサンゼルスにいったわけですけど、やはり言語の壁は厚い。当然だけど日本語なんて空港で"便所"って書いてるくらいですもん。

ゲームを開始するとキャラクターメイクのあとはお決まりのように俯瞰(神様)視点でキャラクターを動かす。そしてルールに基づいた戦闘が開始される。もうすべてがBGと同じ。シビアな難易度が若干緩和されているように見受けられたのと、チュートリアルが丁寧で、わかりきっている事だけど説明してくれるのは、新規ではいる人にも優しい配慮だと感じた。

ちなみに2キャラ目の美人キャラはこの後イベントで死にます、なんでこんなことするんだか。
WS001290.jpg

難易度は最序盤から高難易度を示されるBGなんかよりはマイルドな感じがするけど、やはり数の暴力は恐ろしい。ふらふら歩いていると、オオカミ3匹。
WS001562.jpg

はい
WS001588.jpg

日本のゲームじゃありえないこの歓迎。ゆっくり着実に遊ぶ必要がありそうだ。

ゼノ…ギアス…(イスに揺られながら) 閃の軌跡

このセリフはFF7のあるシーンでのあるキャラクタのものだけど…そうそう、FF7のリメイクの映像が出てきたけど、俄然楽しみになってきた。と、これはおいておいて。

まさに閃の軌跡に対してはこの印象であった。と、いうのも最後だけなんだけど、とにかく、え!?こんな展開になんの!?というのがとにかくデカイ。ゼノギアスということで色んな想像が生まれるかもしれないけど、ファンタジーにあの組み合わせはまさに、という感じだった。

私にとっての軌跡シリーズの始まりは空の軌跡FCなわけですけど、あれも最後は熱い展開と共にラスボスってファンタジーではなかったよなぁ…と思い出したり。

閃の軌跡は尻切れといわれているけど、つぎが気になる終わり方をしたというところでは、そこも空の軌跡と近いものがあった。それから空の軌跡SCをクリアすることなく閃の軌跡まで至るわけですけども。

閃の軌跡だけを純粋に見ていくと、毎度毎度よく似た章の始まり方をし、最後には盛り上がっていき次の章へという感じが生憎
で、演出力は向上したもののやはり中だるみというのがすごい。そのせいで何度となく寝落ちをした。基本のお話自体はとても好きなんですけど、流れが同じなのは飽きてくるというのは確かにある。

バランスについては最後の方はかなり無茶な難易度のあげ方をしていたような気がする。物理攻撃無効のバリアのアーツを使うのを前提とされているような気がする。正直ラストバトル近辺のボスにかんしては、全滅→難易度を下げてリトライという屈辱的な事をしていた。

正直そうでもしないとクリアできるビジョンがみえなかった。レベルが足りなかったのかな、とも思いますけども。とにかく最後の方はそれまでとは次元の違う難しさになっていた、という感じ。

閃の軌跡自体は中だるみなどは感じるもののとても面白いゲームだったと思う。

セコイことをしながらも無事クリアにはなったので、閃の軌跡Ⅱに入ろうかな、と思い少し触り出したところだ。

初めてハンターの操作が楽しいと感じる モンスターハンタークロス

モンハン、いつものモンハン。変わることをやめたモンハン。モンスターは見慣れた。動きも知ってる。

ただ、少し違うのは操作キャラが超人化した。必殺技は使うし、モンスターを踏み台に飛び越えてジャンプしたりという変化は見られる。

私はモンスターハンターという作品は正直飽き飽きしていたし、ずっと一人でやるモンハンというものはつまらないと思っていたし、前作4Gという作品ではラスボスを倒すところまでいかなかった、という作品だった。

それほどまでに飽き飽きしていたのが、このハンター超人化という変化のおかげで初めて操作が楽しい、一人プレイでも楽しいと思えるようになったのだった。

特に今作ではスタイルという、アクションのパターンを変えるシステムがあり、ブシドースタイルを使えば敵の攻撃をよけることにより、こちらの攻撃チャンスになるという、今までのシリーズでは相手の攻撃は、当たらないように逃げるしかない、というところから、いかにもアクションゲームらしい、ピンチをチャンスに変えるという具合になったのだ。これのおかげで今まで手を出していなかった弓や、ボウガンといった遠距離武器にも手を出すようになった。金がかかるし、防御力がもろいという理由から触らなかった遠距離武器だけど、今回の攻撃をよける、ということが攻撃につながるメリットのおかげで触れる機会をえられた。そして、感想としては意外に面白いね、という具合。

まだ10時間程度で、序盤といったところであり、シリーズの恒例の飛龍といったモンスターとはまだ戦えていない。

今作は今までにでたモンスターの総出演じゃないだろうかというほどにとにかくボリュームがある。いつもならある程度は強くなってきたという状態になっていてもおかしくないのだけど、まだ始めたばっかりといってもおかしくないほどなのです。

今後はスタイルと武器をある程度定める必要があるけど、今のところ太刀だったり、大剣、片手剣や、スラッシュアックス、ヘヴィボウガンや、弓ととにかく多くの選択肢に迷っている。今作ほど動かしていて楽しいモンハンは初めてなので折角だから全てに触れてみたいものだ。

ただ、このゲーム2015年発売で、7年前に夢中になって友人と遊んでいた頃と目に見えてグラフィックが変わってないってのは本当に悲しくなる。ゲーム機のスペックは心得ているから、どれだけ望んでも無理だ、とわかっていたとしてももっとどうにかして欲しいものである。
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind